04 * 2018/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
01/31
思うようにいかないけどはまります、つまみ細工。
とうとう1月みそかですね。

寒かったこの月を締めるのは何にしようかな、と考えて雪が浮かんだのですが、ここは一ひねりして昨年末に参加したワークショップのひとつ、つまみ細工の雪の結晶を載せてみます。 まず、Webから引いてきた写真ですが、つまみ細工というのはかんざしでよく見るこれです。
つまみサンプル
こんな感じで一揃いの材料と道具が各人に用意されていました。
つまみスタート まな板のようなのは、ここでのりを練ったり、作業途中の部品を仮置きするものです。つまみの本体には、着物や裏地の絹布の端切れが使われ、昔の人が端切れの有効活用として工夫した伝統細工です。
つまみ途中 この時の布は4cm角と3cm角位。 取り合えず布の持ち方、折り方(つまみ方)を順番に先生に習いながら、パーツを一つずつ作っていきます。 布が小さいし、滑るし、なかなかきまらない。。。特に毎回同じ形に仕上げるのは、初心者には非常にむつかしかったですね。

つまみアップ 途中、必死の作業で写真撮れませんでしたが、なんとかかんとか若干不揃いな雪の結晶もどきができました。
つまみスカーフ アップだときついけど、実際にスカーフクリップとして着用すると、割と良い感じになりました。 この分野はかなり修行が必要そうなので、ワークショップの回数券を買ってしまった私でした。


Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.