FC2ブログ
09 * 2019/10 * 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
03/29
世界三大仏教遺跡、バガン。
こんばんは。今日は、東京地方かなり冷えました。春はやっぱり、三寒四温の毎日ですね。

さて、記事の方はミャンマー観光1日目の後半です。

20190329014045376.jpg
ランチ後も、しばらくバスを走らせついたところは、世界三大仏教遺跡の地バガン。ともかく遺跡だらけで、バスツアー客以外は馬車であちこち巡ります。

20190329014044c79.jpg
3000以上の仏塔があるといわれ、遠くを見晴らすと、全体が緑と茶色の織物のように見えます。緑の木々の間に、茶色やたまに金色の仏塔が密に配されているためです。

20190329015035714.jpg
まず、バガンのウエストミンスターと称される、アーナンダ寺院を見学。この名前は、日本人には覚え易いですね。ちょっと写真が不鮮明ですが、屋根には沢山の狛犬ならぬ、狛獅子が乗っています。実物はなかなか壮観ですよ。

20190329015035276.jpg
東西南北、4体の仏陀が祀られてますが、どれもお顔がインドっぽいんですね。そりゃ、仏教はインドから発祥しているし、ミャンマーはすぐ隣ですから、納得です。

20190329014738eb7.jpg
生き生きとした壁画が、一部見られますが、これらは発掘の真っ最中なんです。無地の壁を削っていくと現れるこれらは、この地がモンゴルに攻撃されたとき、荒らされないように塗り隠されたという説もあるものの、本当のところはまだ不明。

201903290140445fc.jpg
こちらは、別の寺院で、シュエジゴンパゴダ。寺院とパゴダの違いは、寺院はお坊さんたちが修行をする場所で、パゴダは誰も住まない、仏教信仰の対象ということです。実際は、どちらにも大勢の信者が参詣してきます。

20190329014737848.jpg
参拝の人々は、裸足でないといけませんが、このように屋根のある場所ならば抵抗ないし、石の上は涼しくてほっとします。犬は昼の間じゅう、こうやって暑さを凌いでます。

20190329014046bea.jpg
この日は、ガスっていてはっきり見られませんでしたが、遺跡群を赤く染めて落ちていく夕日は、バガンの大きな見所の一つです。

世界三大仏教遺跡、後二つはアンコールワットとボロブドールですね。


Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.