06 * 2018/07 * 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04/23
老舗天ぷら屋さん、カウンターで揚げたてを。
こんばんは。 朝からずっと泣きそうな空でしたが、とうとう降り始めましたね。 明朝はどうかな?

昨夜は、久しぶりに会った後輩に、これも久しぶりの天ぷら料理をご馳走になりました。 えっ、後輩にはご馳走しなきゃって? 私ご馳走するもされるも躊躇しない、根っからそういうタイプです。

伺ったのは、創業115年の天兼さん。 コースをそのまま載せますので、今日はインスタ並みになりますよ。

20180423215953691.jpeg スターターは、タイとヒラマサのお刺身。
20180423215951559.jpeg 早速エビ天が三本。尻尾までペロリ。
2018042321595472c.jpeg 次は、大好きな白魚。
20180423215955e7d.jpeg 春の香りがいっぱい、コシアブラ。
20180423215957fc1.jpeg エビの頭と穴子の骨煎餅。パリッパリ!
20180423220000ab6.jpeg 箸休めの冷やしトマト。
201804232200567af.jpeg はしりですねぇ。苦味がたまらない小鮎。
20180423220059f55.jpeg 超定番のきす、間違いない。
20180423220057696.jpeg こちらもはしり、ソラマメだぁ。
20180423220057463.jpeg 先に骨を食べてしまった、穴子の本体。
201804232200597e6.jpeg 貝柱たっぷりのかき揚げはお茶漬けで。
20180423220057fff.jpeg デザートまでしっかりと。

ご存知とは思いますが、天ぷらが庶民に広まったのは、江戸時代。 串に刺した屋台料理として、大いに流行ったようですが、肉を食べなかった当時、油をたっぷりまとった天ぷらには、リッチな満足感を感じることができたのでしょうね。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.