FC2ブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
09/13
重陽の節句のお茶事、知らないことがいっぱい。
こんばんは。 今日の東京も秋らしい天候でした。 でも1年のうちに気持ち良い気候、と言える時期って限られてますよね。 四季のある日本は素敵ですが、本当に快適な日数は年間どの位なのでしょう?

えっと、9月10日に重陽の節句の、手作りお菓子を紹介しましが、今日はちゃんとしたしきたりやお作法の、道場での記事です。

20180913081108ee7.jpeg
都内阿佐ヶ谷から、バスで10分ほどで到着するこの地は、北大路魯山人ゆかりの場所。 日本料理やしきたりなどを、本物の設えで教授していただけます。

20180913081111635.jpeg
9月9日の重陽の節句は、1年で最大に気が満ちるため、これを鎮めるお節句と言われますが、盛りの菊で祝う菊の節句とも呼ばれます。この茱萸袋(グミブクロ)は、古来邪気を祓うために、重陽の節句に飾ったものだそうですが、現在正式なものが作れる人が、一人しかいなくなってしまったようです。一番上にグミの実が飾られています。

20180913081110b82.jpeg
お茶をいただくお部屋の床の間には、その茱萸袋と着せ綿の乗った菊が飾られていました。 着せ綿は、菊花の上に綿を一晩乗せ、翌朝綿に溜まった菊水で体を清めた、というものです。 とてもロマンを感じます。

20180913080337bd2.jpeg
先に懐石料理をいただき、最後の甘味がご覧のとおりの菊をかたどった練りきり。 こちらも着せ綿を模して、白いふわふわが上に乗っています。

201809130803319e2.jpeg
濃茶を回し飲みした後、お薄はとても素敵なお茶碗で供されました。濃い緑に金色の流水紋の部分と、生地の部分が合わさっていて、季節の変わり目を感じます。

2018091308110677e.jpeg
お茶菓子も、菊花の落雁と葉っぱのういろうでした。

別途お茶の前にいただいた懐石料理もアップしますね。



09/10
目から秋を楽しむ、重陽の節句菓子。
こんにちは。 今度は日本海側での豪雨が心配されています。 これだけ自然が荒れると、昔の人が神様にすがった気持ちもわかるような気がします。

さて、昨日は9月9日。重陽の節句でした。陰陽では、奇数がエネルギーのある陽の数字なので、その最大値である9が2つ重なって、エネルギーの最も満ちた日ということだとか。

20180910125514060.jpg
重陽の日には、菊水や菊酒をいろいろに用いたそうです。昨日実習したのは、菊花を一晩浸けて香りを移した、菊水を使用した和菓子でした。

2018091012550816b.jpg
最中の皮を器代わりにして、その上に菊水で煮溶かし甘味を付けた寒天を盛付け。更に、邪気を払う小豆をオン。

2018091012550983c.jpg
紅白にするために、更に豆腐餡を少しのせた後、食用菊の花びらを散らしました。

20180910125515516.jpg
別途、今の季節に合わせたお菓子も、ういろうを緑に染めて作ります。

20180910125512d33.jpg
今は72候の43番目で、草露白(くさのつゆしろし)にあたります。お菓子にすると、たとえばこんな感じ。露が写真だとよくわかりませんが。。。

20180910125513a92.jpg
最後に両方盛付けたショット、結構秋らしいでしょう?

和菓子作りは季節感が味わえて、本当に楽しいです。


09/02
秋のおもてなし料理。
こんばんは〜。 大型台風が近づいているせいで、天候不順ですが、気温だけはさすがに9月、だいぶ心地よくなってきましたね。

記事のほうは、8月の終わりに一足早くいただいた、秋のおもてなし料理でいきますね。

2018090220040257f.jpeg
メインのお皿は、例によって五色の彩りを揃えてあつらえてあります。 秋の食材としては、落ち鮎、豆類(あずき)、菊の花に見立てた海老などですね。

20180902200400116.jpeg
向付はイカの菊花和えです。

201809022003534ed.jpeg
お吸い物には、秋の山の幸きのこ。

201809022004027a2.jpeg
かぼちゃは夏から冬までずっと食べられる、旬の長い野菜ですね。

20180902200400fd5.jpeg
改めて、全体写真です。煮物は後からお鉢で回ってきて、お椀の蓋によそいます。

20180902200403ecd.jpeg
20180902200402c0c.jpeg
最後の抹茶は、ちょっと変わった形の平ったいお茶碗で、やってきました。 が、よく見ると、ちゃんと季節のトンボの絵が描かれていました。

9月には、重陽の節句という大きな行事がありますので、また記事でご紹介できると思います。


08/22
毎年恒例の場所に行って来ました。
こんにちはー。 また猛暑がぶり返してますねぇ。 台風の行方も気になりますが、東京は午前10時に30℃超えました。

さて、昨晩自宅に戻った私ですが、大阪滞在中の3日目は11時頃、大阪駅に出向きました。

2018082210520827e.jpeg
桜橋口から乗ったのは、この派手めなバスです。 どこに向かうかロゴでわかっちゃうかな?

20180822110234900.jpeg
はい、大阪帝国ホテル行きのシャトルバスでした。 ランチしに来たと思った人もいると思いますが、いえいえ普通にチェックインして14階の部屋に案内されました。 良い景色です。

20180822110235808.jpeg
実は、部屋の中にはこんなユニフォームが用意されていて、到着早々着替えないといけないんです。 さて、この滞在の目的は何でしょう?

20180822105207735.jpeg
ジャジャーン。 これがアンサーです。 ここではホテル内のクリニックで、人間ドックが受けられるのです! 指折り数えて、もう15年こちらでお世話になっている私です。

20180822105208f1e.jpeg
クリニック内の一部を、こっそり隠し撮り。普通の病院の機能重視の内装と違って、暖かい雰囲気で統一されているので、緊張感が和らぎます。 血圧とか、検査だ!という緊張感で上がってしまうこともあるので、リラックスできる環境はありがたいです。

20180822105204473.jpeg
半日で22種類の検査をこなしましたが、間隔を空ける必要のある検査もあり、一時その場を離れたりするとこのスマホで呼び出されます。 海外のホテルでは結構広まっているサービスですが、滞在中はこのスマホ、自由に電話もメールも使えて、観光地に持ち出しもできます。

大阪駅から梅田にかけては、どんどんと開発で変わっていくので、なかなか覚えきれません。。。



08/17
会席料理と懐石料理の違いわかります?
こんばんは。 今日の関東地方は、凄い風だったようですね。 私の滞在している京都は、カラッと晴れて暑いけど重苦しくない、いい感じの天候でした。

さて、先日の記事タイトルにもしたように、今日は旧暦の七夕にあたります。 ということで、私が初めて体験したお茶席の、本懐石のお料理をご紹介しようと思います。

201808172132199e2.jpeg
会席料理は、日本料理屋さんで、たまに召し上がる機会もあると思います。 お菜が順番に沢山出て来て、最後にごはんとお汁で締めますよね。 懐石料理の方は、お茶事の時にお客様に振る舞う料理なので、違いがいろいろあります。
例えば、上の写真は一番最初に配膳です。 ごはんとお汁がまず来て、一緒に向付の鯛が乗っています。 このごはんは、食べかけなのでなく、最初からこの量なんですが、後からお櫃がまわって来るので、お代わりは自由です。

20180817213218053.jpeg
お酒が振る舞われてから、お椀ものがちょうど良い温度で配膳されます。

20180817213222be8.jpeg
次からは大鉢のお料理が来て、めいめい自分の分だけとりあげます。 まずは鮎の蓼焼き。平行して、結構お酒も勧められます。

20180817213221e83.jpeg
二つ目の大鉢には、トマトとかぼちゃが綺麗に配色されてます。

2018081721322204f.jpeg
三つ目の大鉢は、強肴のモンコウイカうに和え。 このあたりで十分満腹なのですが。。。

2018081721333671e.jpeg
このタイミングで八寸の牛肉が供されましたぁ。白いのは、ユリ根です。

201808172133346dc.jpeg
やっと締めくくりに入って、お漬物登場。

201808172133343ad.jpeg
駄目押しは、湯桶に入ったおこげの湯づけのようなもので、これを飯碗と汁椀両方に注いで、食べながら食器を濯ぐ感じになります。

201808172133359e3.jpeg
さて、これでいよいよ抹茶かな、と思っていたところに、しっかりと七夕仕様のデザートもありました!

お茶事に参加するときは、どう言う内容か事前にしっかり理解して、腹具合を調整していかないといけないようです。
Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.