FC2ブログ
09 * 2020/10 * 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
10/26
神社の手水も、ニュースタンダード。
こんばんは。今日も昨日に劣らず良いお天気の東京地方でした😊

昨日訪れたのは明治神宮でしたが、撮ってきたショットをいくつかご紹介しますね。

202010262217067dd.jpg
山手線原宿駅を降りるとすぐに参宮橋があり、その先にこの表参道口の鳥居があります。原宿といえば、最近駅舎がモダンになって話題になりましたが、コロナ自粛中に旧駅舎が取り壊されてしまい、新旧並んだ写真を取り損ないました。

202010262216574c3.jpg
参道を進むと、大きな神社なので、奉納酒樽もこんなにたくさん積み上げられています。と、まあこれは納得のシーンなのですが。。。

20201026221707ede.jpg
これにはびっくり!日本酒の向かい側にほ、奉納ワインの樽が整然と並んでいます。真ん中あたりには、ロマネ・コンティの文字も見えています。この量のロマネ・コンティって、一体おいくら?と思ってしまうのは私だけでしょうか。

20201026221721bb5.jpg
参道を進むと、秋らしく菊花展に出品された立派な菊の花々が、沿道に並んでいました。皆さん、この日のために一年間丹精込めて育てて来られたのでしょうね。

20201026221724a7c.jpg
本殿に近づくと、あまり見かけない青竹の構築物が目立ってました。近づくと、なんとこれが新しいお手水とのこと。柄杓の使いまわしを避けるため、御神水を別の場所まで引き、竹の穴から常時細く落ちてくるようにしてあります😳

202010262216573a8.jpg
本殿は撮影できないので、門の手前からパシャリ。こちらは明治天皇・皇后をお祀りした神社ですが、丁度今年は鎮座100周年なのだそうです。コロナ禍がなければ、大々的にいろいろな行事があったのでしょうね。

まだ10月ですが、七五三の事前詣りの家族連れが多く見られました。


10/14
お城の次は重要文化財の洋館
こんばんは。秋らしい爽やかな日が続いています。四季のある国は、やっぱり素適ですね。

さて、昨日は日本建築のお城を訪れた記事でしたが、今日は洋館です。

20201014161541927.jpg
素敵でしょう😊 重要文化財の萬翠荘は、旧松山藩主の子孫久松定謨伯爵の別荘として、大正11年に建てられた、松山市で最古の鉄筋建築だそうです。

20201014161138dce.jpg
朗読のスクーリングでお世話になっている、松平先生が久松松平家のご子孫なので、なんとなくお知り合いのお宅へお邪魔する感じです。取り敢えず、玄関前の撮影スポットでパシャリ。

20201014161139a85.jpg
フランス・ルネサンス風の建物は、入いると正面に大きな階段がまず目につきます。写真がその踊り場に嵌められた、ステンドグラス。洋式なのだけれど和風のテイストも感じられて、とてもほっとします。

20201014161540b16.jpg
当時から照明は全館電灯で、シャンデリアもロウソクではなかったそうです。因みにこちらの敷地には、明治時代夏目漱石が下宿していたこともあるとか。

202010141619037b9.jpg
とても贅を尽くしているけれどゴテゴテしていない、品の良い内装の中で特に目を引くのが、各お部屋のドア上に埋め込まれたステンドグラス。お部屋によって皆デザインが違っています。

20201014161901786.jpg
元々この別荘は簡素に造る予定だったそうですが、当時の皇太子(昭和天皇)を迎えることになって、急いで計画を変更したそうです。恐れ多い気もしますが、実際にお越しになった時の肖像画も飾られていました。

明日は愛媛県3番目の建築物の記事です。




10/11
人生初、作法に則った花生け。
こんばんは。台風14号も、そろそろ熱低になりそうで安心しました。

さて、記事の方は昨日の続きで、いよいよいけばなの実技に挑戦です。

20201011184549da6.jpg
盛花というジャンルでは、花器はこのように水盤型のものを通常使うそうです。因みに盛花(モリバナ)とは、明治時代に西洋文化の影響を受けて、興った様式です。

20201011184550309.jpg
驚いたのはこれです。生ける花の根元を固定する花留ですが、剣山でなくて円を重ねただけの七宝という道具です。これでどうやって花を固定するのでしょうか?

20201011184855ccf.jpg
盛花の一番基本形は、左盛体と言って向かって右端を高くします。次に高い花を左に出し、3番目は直立させて、その左右に一本ずつこれを補助する花を立てます。と、そこまで生けたところです。かなり斜めに挿しているので、写真だと正確な立体感がでませんね。

20201011212804490.jpg
上の段階で先生にOKを頂いてから、下草を埋めて仕上げたものです。下草を入れていくと、最初に決めたはずの5本がずれてきてしまい四苦八苦でした。

20201011212806324.jpg
次のお題は、立盛体という縦に真っ直ぐ高さを出す生け方です。写真が暗いですが、かなり長いススキがちゃんと直立してるでしょう? 慣れてくると、花を固定させるコツがわかってきます😊

202010112128034c9.jpg

最後は、文章で情景が与えられ、各自好きな花材を選んで自分の感性で盛花をする、というものでした。私はメインにもう一度ススキを使って秋の野原を表してみましたが、幸い先生からお褒めの言葉をいただきました😃

生け花の世界をちょっと覗き見て、とても素適な時間でしたが、人間の都合でお花にチョンチョンハサミを入れるのには、まだ少し抵抗を感じる私です。





10/10
今日の教室は秋のお花がいっぱい。
こんばんは。関東地方の雨は峠を超えたのでしょうか。私は夕飯後寝落ちしてしまって、今慌ててブログに手をつけております。

今日明日は、予告通り京都でスクーリングです。

202010102317077d2.jpg
4月に学校名が変わって以降、初めての本校での授業で、なんとなく新鮮な気分でした。確かに表示が全部新しくなってますね。

20201010231709338.jpg
授業が始まったとは言っても、この通り正面階段は全部ゲートが閉じられていて、脇の入口からしか入場できません。もちろん、入るときには体温が測定されます。

202010102317106d9.jpg
早めに行ったので、キャンティーンでお茶しようとしたら、各テーブルの上にこんなのが乗ってました。次亜塩素酸水を噴霧する装置。ミストが間欠的に上がってきて、一見お肌ケア用の道具みたいです😊 因みに学食はまだ再開してません。

20201010234554dc3.jpg
20201010231711a6e.jpg
教室に入ると、こんな感じに秋のお花でいっぱいです。

202010102320052c9.jpg
そして、かく人の机の上はこんな感じ。箱に入っているのが水盤、白い箱がハサミ、そして七宝という鉛の道具。もうおわかりですね。今回のスクーリングは、いけばながお題です。

もちろん生ける実習もありますが、今日の華道に至るまでの歴史をしっかり習います。


10/01
中秋の名月、見えるかな。
こんばんは。いよいよ10月、今日から私も4年生になってしまいましたぁ😅 幸い今月から8ヶ月ぶりに、スクーリングが再開されるので、少しモチベーションも上がってきました。

10月の一本目は、秋のショットをいくつか載せてみます。

2020100118125873e.jpg
散歩コースの、ご近所のフェンス脇にも、コスモスがあちこちに。こんな狭いところで、よく頑張ってますねぇ。

20201001181253275.jpg
ムラサキツユクサは、濃い紫の葉にかわいい桃色のお花が可憐です。英語では、パープルハートと言うようですね。確かに花弁がハートに見えます。

20201001181101a25.jpg
昨日スーパーで見つけたのは、こちらのぶどう食べ比べセット。ナガノパープルとシャインマスカットは、種もないし皮ごと食べられます。甲斐路は産地が山梨で近く、馴染みがあります。

20201001181059287.jpg
とにかく、どれも甘いんですよね。人口減少のなか、農作物の輸出促進に政府が力を入れてきましたが、糖度の高い日本の果物は、大人気なんですよね。

20201001181452f8c.jpg
栗のお菓子もちらほら見られますが、今うちにはこれがあります。熊本県産球磨栗のカントリーマアム🌰 クッキーあまり食べない私ですが、熊本県応援のつもりで買ってみました。

さあて、今晩中秋の名月は見られるかな?




Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.