FC2ブログ
09 * 2018/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
10/06
声で表現する芸術もあります。
こんにちは。 実は私、昨晩成田空港を発って、長めのフライトで移動しております。 今日からしばらくの間、予約投稿の記事になりますが、ご容赦下さい。

さて、先日のおもてなしに続いて、またスクーリング授業の一つをご紹介しましょう。

201810022224205ff.jpg
所属している学校の本校は京都ですが、幸い東京にも分校があります。 場所はJR中央線信濃町駅近く。

20181003211922aba.jpeg
ここでのスクーリングは、学生以外一般の方も参加できます。 写真は、秋の公開講座パンフレットの1ページから、コピペしたものです。写真の先生に見覚えありませんか?

201810022224202dc.jpg
この教室案内のとおり、元NHK理事待遇アナウンサーの松平さんによる、朗読塾なんです。

20181002222424af7.jpg
私はこちらに参加するのは、2クール目。 少しは落ち着いて発声できるようになった、のではないかなぁ。。。
毎回講義スタート時に、一人ずつ大きな声で発声練習します。 ちょっと俳優養成所感を味わってます。

20181002222423562.jpg
今回のクールの教材は、奥の細道。 読書は好きだけれど、こんな機会でもないと古典なんて読まないですよね。 他人に聞かせるような発声と読み方は、結構気を入れた練習が必要です。

いろいろな授業があって、驚いたのではないでしょうか。 大変さ4割、楽しさ6割で、忙しい毎日です。


10/02
ハワイの神話を伝えるフラ。
皆さん、こんにちは。台風が去ったと思ったら、昨日はいっぺんに暑さがぶり返すし、なかなか着る物の調整が大変ですね。

9月30日の記事で、現在芸術系の勉強をしているとオープンにしてしまいましたので、これからは授業からの記事であれば、ちゃんとそのように書きたいと思います。 ということで、早速最近のスクーリングから。 ハワイには18世紀まで文字がなかったので、神話も人々の歴史もフラダンスに託して、伝承されてきたという内容の授業。 座学と共にフラの実演、実習もあって楽しく運動してきました。

2018100201100452d.jpeg
本来のフラには、ウクレレのようなメロディー楽器の伴奏はつきません。 もっぱらこの、イプというひょうたん型の太鼓がリズムを刻みます。上に穴があいていて共鳴し、底で床を叩いたり、横を手で叩きます。

201810020110058b4.jpeg
お花の豊富なところですから、首に下げるレイは生のお花。 この贅沢なレイはバラの花だけを200個位使って、穏やかな香りが漂います。

201810020110015fe.jpeg
こちらはリンドウの蕾だけを、縦に繋げたレイ。 ハワイ諸島でも、日本の県の花のように、島ごとの花や色が決まっているそうです。

20181002011005d00.jpeg
こちらもリンドウっぽい花ですが、横に繋げているレイです。 なかなか難しそう。。。

20181002011001d95.jpeg
正式な踊りの時、手足につける腕輪とアンクレット。 本物のククイナッツの殻でできているので、力を入れると直ぐに割れてしまいます。

20181002011001346.png
歴史を感じながらフラの体験をすることも授業の一環でした。 が、とてもここへ自分の様子を載せる状況でないので、先生とアシスタントさんのワンショットだけ。

文字が近世までなかった文化は、インカもそうですが、ものすごく人間同士が理解し合えて初めて成立しただろうな、と思える私です。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.