01 * 2018/02 * 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
02/28
フルーツビールの試飲レポートです。
皆さん、こんばんは。 とうとう2月最終日となりました。 やはり日数が少ないのは、いろいろ影響ありますねぇ。 

さて、忙しそうにしながらゆるーい話題ですみませんが、私が1月29日にアップしたベルギービール、覚えていただいてますでしょうか? 4種類飲んでみたので、今日はそちらのコメントを載せてみたいと思います。

ビールアップル
まずは、アップルビール。 見た目普通のビールと変わりませんね。 そして味は、予想以上においしかったです。 ビールとアップルジュースを一緒に飲んでいるそのままの感じで、すっきりさっぱり。 恐いことに、いくらでも飲めそうな清涼感です。 シードルというリンゴのワインがありますが、私はこちらの方が断然おいしいと思う。 気分を変えたい時などに、これなら自分でも買うかも。

ビールカシス
次はカシス行ってみました。 アントシアニンいっぱいの、スグリの仲間ですよね。 生チーズケーキとかに乗っかってますよね。 うーーん、味の方は。。。微妙で、うまく言葉になりません。 あまり経験のない、とても濃厚な風味が押し寄せる感じで、私的にはこうやって無理にビールにしなくてもよいのではないかと。。。

ビールピーチ
はい、珍しいピーチです。 色がわかりにくいですが、普通のビールよりちょっとだけ茶色かったかな。 味わうより先に、まずおいしそうな桃の香りがバーンと来ます。 口に入れて一瞬、ちょっと甘めかな、と感じたけれども、飲み込むころにはアルコールがまさってすっきりしてました。 添加物は入いっていないので、桃の天然の風味がどれだけ強いか、よくわかります。

ビールさくらんぼ
そして、さくらんぼ。 色は2番目のカシスと似てますね。 これは、表現するの簡単です。 キルシュという、サクランボのブランデーありますよね。 ブランデー飲まない人でも、ケーキ作りによく使われていますよ。 あのキルシュを、炭酸水で割って飲んだらこうなる、という感じそのままの味と風味でした。 因みに、スイスにいた頃、聞いたところによると、ドイツ人はドイツ原産のサクランボのブランデー(キルシュヴァッサー、訳すとサクランボの水)が大好きで、このアルコール度30-45のお酒をチェイサーのビールで流し込むそうです。 もちろん、私は試しませんでしたけれど。

ビールをトライしたのは一晩に一本ずつでしたので、レポートを上げるのに1ケ月かかってしまいましたぁ。

02/27
カフェで、楽しくハーバリウム体験
皆さん、こんばんは。 今日は、2月2日の記事でご紹介した、指定席のある京王ライナーに途中まで乗って帰ってきました。 やはり快適ですねぇ。

代官山方面に行っておりましたが、帰りがてら駅近くのマーメイドカフェさんで、お茶しながらハーバリウムづくりを体験してきました。 1月8日の記事で、お友達からいただいたとご紹介しましたが、あちらは本物のドライフラワーをオイルに泳がせたハーバリウム。 今日体験したのは、布製の造花を使い、初心者でも扱い易いものです。

 ハーバ準備
飲み物を注文して席に着くと、一人分ずつ材料一式が用意されています。 瓶の大きさと材料のお花を見比べながら、どんな感じに仕上げようかと、しばし黙考します。

 ハーバ途中
ひな祭りも近いので、桃色っぽい仕上がりを意識して、少しずつお花を必要な大きさに切りながら、瓶に入れていきます。 いい感じに入れたつもりでも、上からオイルを注ぐと動いてしまうので、悪戦苦闘。

 ハーバ完成
うーーん、肝心の中のお花の写りが悪いけど、最後に瓶まわりを派手にデコって、自分ではまあ納得のいく仕上がりになりました。
 
ハーバ洗面
 無事、我が家の洗面台に収まり、先住者の花束ねずみさんとツーショット。 (読者さんのなかに、このねずみさんを覚えている方、たぶんおいでですよね!)


02/26
待ち時間の長い、味噌も仕込みました。
こんばんは。 今日は町田の自宅に戻ってきましたが、京都でのスケジュールがハードだったので、少々疲れ気味です。 こういう日は、撮りためてある写真から、お題を見つけることにします。

これまで何度か、知人から手作り味噌をいただきましたが、今年は自分で挑戦しようと、2週間ほど前に味噌づくりのワークショップに参加してきました。

味噌消毒 まずは、雑菌がはいらないように、食品に直接噴霧のできる除菌スプレーを、両手はもちろん、使用する桶や道具類にかけまくります。 もし、ご存知なかった方がおいででしたら、このタイプの除菌液は普通の生活のなかでも、すごく使えます。 例えばザーサイの瓶詰とか、何度かに分けて食べる保存食に、カビがはえちゃったことありませんか? これをかけておけば、除菌効果あります。

味噌つぶし さて、まず水煮した500gの大豆がまだ熱いうちに、手でせっせとつぶします。 先生が撮ってくれた、私の手作業の様子です。 結構時間がかかりますが、この段階で完璧に大豆をペースト状にするか、若干粒を残すかで、仕上がりの違う味噌になります。 

味噌玉 大豆が自分の思い通りにつぶれ、35℃以下になったら、糀(この時は米糀)と塩を加え、また良く混ぜます。 35℃を意識するのは、これを超えると糀が死んでしまうからです。 混ざったら、写真のような味噌玉に丸めます。

味噌それぞれ 味噌玉をつぶしながら、保存容器に空気が入らないよう、詰め込んだものです。 仕上りで二キロになりました。 この日の参加者4名の仕上がりを集めたショットですが、拡大するとわかるとおり、色合いや粒の入り具合が微妙に皆違います。 右下の一番色の濃いのが、私のです。

味噌比較 作業終わりに、いくつかの味噌のテイスティング。 白味噌や、同じ作り方の1年もの、2年もの、など。 ただ、味噌はやはり調味料として使ってみないと、そのまま食べてもしょっぱくて判断がむづかしい。。。

味噌保存 美味しく食べられるようになるのは、秋以降なので、これからしばらく我が家で熟睡してもらいます。 台所の一員になった記念に、先住者のぬか床と並んでのツーショット。

   
 
02/25
京都のイメージショットに欠かせない、東寺五重塔。
こんにちは。 今日も京都からお届けします。

昨日書きました通り、私は東寺の近くに滞在していますので、今日は東寺ショットで行きます。 と、言っても今回、入場料を払う前のところまでしか、行っておりません。 あしからず。

東寺門
大宮通り側の慶賀門。 人通りの途切れるのをしばらく待ってシャッターを押しましたが、7-8割の参拝客は外国人でした。 さすが京都です。

東寺宝蔵
慶賀門を入って左手に折れると、堀に囲まれた宝蔵が。 東寺の建立は796年。 その後一度も場所を移動することなく、今の場所に1200年以上留まっているそうです。 

東寺おしどり
堀では、おしどりが日向ぼっこしていました。

東寺
そして、最近修復工事が終わったばかりの、シンボル、五重塔。

東寺御膳
ついでに夕飯は、東寺御膳をいただきました。 赤いのは刺身でなくて、赤こんにゃく。 あとはそば寿司の揚げ物、そば豆腐、ごはんにもそばの実が散らしてありました。 うーーん、ヘルシー!

東寺スマートEX
これからもしばらく京都通いが続く予定ですが、新幹線がスマホで予約+乗車できるようになって、すっごく便利になりましたよねぇ。 

近いうちに、ちゃんと入場料を払って修復なった五重塔、その他重要文化財関連もご紹介しますね。

02/24
今年2度目の京都滞在です。
今日も覗いていただいて、ありがとうございます。

昨日また、野暮用で京都へ移動して来ました。 

昼移動で、ランチはこちら、品川名物貝づくしの駅弁。
京都貝づくし
2017年金賞と、ありますね。 しじみ、あさり、貝柱、ほたて、と貝の旨味満載で、ローカロリーだけど食べた気のするお弁当でした。

京都伏見稲荷大社正面
私の京都の足場は、東寺や伏見稲荷大社御旅所が徒歩圏内。 今日はとりあえず、稲荷大社の写真をアップしてみます。

京都稲荷大神
私が参った時、お社は皆閉じられてましたが、こちらが稲荷大神のお社。 閉じていても参拝者はぽつぽつ来ていました。

京都近鉄
お社の裏を近鉄電車が走っています。

京都日の入り
少しすると、東寺側に太陽が沈んでいきました。

京都の家呑み1
夕食は、地元産の穂先たけのこと琵琶湖の鮎姿煮を地ビールで家呑み。 翌朝の予定が早かったので、早めに休みました。

02/23
定期的に通う、都心のとても意外な場所。
皆さん、こんにちは。 どうしても東京の話題が多くなって、関西方面の読者の皆さんごめんなさい。

先日は1.5ケ月毎に通っている歯医者さんについてアップしましたが、今日はやはり3ケ月毎に通うある医療機関について。

医科研看板
地下鉄白金台駅からすぐの場所に、こんな看板があります。 東大の医科学研究所、およびその付属病院です。
 
医科研案内図
私も、自分が通うようになるまで、この場所にこういう施設があることは、全く知りませんでしたが、ホームページによると、1892年に設立された伝染病研究所を前身とする、付属の研究病院を持つ日本で隋一の医学・生命科学のための研究所だそうです。 昨年が125周年だったので、今でも関連の掲示が沢山目につきます。 案内図で緑のところは緑地帯ですので、木々や植物に囲まれたまるで公園のような、広く落ち着いた風情の構内です。

医科研正面
歩を進めると、一号棟の茶色いレンガ建ての建物が、威風堂々!という感じで、現れます。 最初に足を踏み入れた時は、正直かなり気後れしたものです。 むづかしいことは私もわかりませんが、先端医療、感染症や悪性腫瘍等に焦点をあてた研究機関とのことです。 病院へもここから、玄関のガードマンに挨拶して入ります。 

医科研病院等案内
一号棟から病院棟への通路にある看板。 他の病院と違い、こちらの付属病院は研究のための、データ集めが主目的なので、紹介状のある患者しか受付けません。 私がどうして通っているかは、ここでは書きませんが、通い始めてもう3年。 今やっていることは処方されている薬を飲んでの経過観察です。 まあ、私が通うことで日本の医療データに微細ながらも貢献しているようです。

医科研みかん
今日は、一号棟横の夏みかんの木に実が沢山ついていました。

医科研イチョウ
これは昨秋撮った、入口近くで見事に紅葉したイチョウの木です。

いずれにしても、病院に行くという行為は、毎度あまり気が進まないですよねぇ。 それでも、この緑が一杯の風景に囲まれると、ざわついた気持ちが少し収まるので、意識的にゆっくりゆっくり歩きます。 さて、次は5月だぁ。。。

02/22
私の、取って置きのお店に行きました!
こんにちは。 皆さんもお気に入りの食事処って、ありますでしょ? 

私も現役時代、ありがたいことにそれなりの数のお店を経験させていただき、本当に特別な時に使うところをいくつかリストにしてあります。昨日は、そのリストに15年位不動の地位を占めているお店、小机駅近くの味楽さんに久しぶりにお邪魔しました。 横浜線沿線、しかも住宅地の小机、言葉通り、知る人ぞ知る和食店です。 今日は私がなんだかんだコメントするより、インスタ風に、写真で皆さんに楽しんでいただきましょう。

小机イワシのマリネ イワシの甘酢
小机諫早の生ガキ 諫早の生ガキ
小机フォアグラの茶わん蒸し フォアグラの茶わん蒸し
小机 てんこ盛りの八寸
小机小鯛の潮汁 小鯛の潮汁
小机お造り お造り5種盛
小机マグロのねぎま汁 マグロのねぎま汁(すみません、食べかけです)
小机焼き物 焼き物は一口ステーキ
小机もずく酢 もずく酢(ウニとアワビ入り)
小机鯛めし 鯛めしとシジミ汁の食事
小机デザート デザートもいろいろ少しずつ

ごちそうさまでした!! 一年後位には、また来たいなぁ。。。



02/21
和菓子修行第二弾、加賀手毬。
おはようございます。 今日は帰りが遅くなるので、久しぶりに朝からの投稿です。

1月に行った和菓子のワークショップをアップしましょう。
加賀手毬1
前回同様、餡と生地は用意されています。

加賀手毬2
加賀手毬を作ります、と言われて、私は実際の手毬を思い浮かべ、装飾に使う分の生地を思いっきり鮮明な色に染めたのですが。。。先生が慌てていました!? お菓子にする時は、お菓子らしく上品な色にしないといけなかったらしい。。。

加賀手毬3
でも、本物の毬はこのくらい派手な色ですよねぇ?

加賀手毬4
賛否分かれるかなぁ、でも外人はこの位派手なの喜びそうだけどなぁ。 因みに人口着色料は使用していませんよ。

加賀手毬5
最後は、一番不細工なのをお茶と一緒に試食し、残りは持ち帰ります。 食べた分は、餡の大きさに対して、生地の量が多すぎました。

次回は3月、もう少し腕を上げたいと思います。

02/20
重要なパーツのメンテナンス日でした。
皆さん、こんばんは。

ひと月半に一度、体のある重要なパーツをメンテしに、自由が丘まで出かけますが、今日は今年初めてのメンテ日でした。
内藤椅子 扉を入ると、一見サロン風の待合室。
内藤ラウンジ 受付は、ソファーでおしぼりを使い、お茶をいただきながら。
内藤マッサージ 施術室の一つは、こんな感じ。。。
さて、皆さんおそらく、私がエステに行ったと思われたのではないかな。。。

じゃーーん。
内藤玄関 このラウンジの表札は、プライベート・デンタルラウンジ。 はい、歯医者さんでした。
内藤治療室 こちらを運営されているDr. 内藤ですが、実はこの方、私のブログへの登場は2回目になります。 1回目はなんと、1月6日の初ライブハウスの記事。 あそこに写っているハードなパフォーマーが、実はこの先生!!

こちらでは、悪くなった歯の治療よりも、歯を悪くしない施術を目指しておられます。 残念ながら、日本では予防処置には保険が適用されないからか、大抵の人が、問題が起こってからしか歯医者にはいかないですよね。 従って、このラウンジはDr.内藤と目的を共有できる患者だけの、完全メンバーシップ制です。 私の場合は、噛み合わせや、左右の顎の力のバランスなどに問題があり、放置すると歯どころか、全身に悪影響が及ぶ状態でした。 

今日のメニューは、普通に歯石チェックをする間、腕からは点滴。 終わったら、部屋を変わって顔のマッサージ。 歯科とは思えない?でしょう。 点滴は年齢と共に歯茎が下がって来ると、できた隙間から雑菌が全身に廻ることもあるので、血管のおそうじ。 マッサージは、顔の噛む筋肉を良い状態にする医療行為としてのマッサージです。 最後の留めが、頬にボツリヌス注射! 噛む力が強すぎるので、筋肉を弛緩させるための一撃です。

内藤ご夫妻 新婚1年目の奥様が助手をされて、先生の大望の実現をしっかり支えています。 最後まで自分の歯で噛む生活を送りたい方、トライアルコースもあるので、一度見学されることをお勧めしますよぉ。



     

02/19
土産を並べて、岩手旅行の振り返り。
さて、新しい一週間が始まりましたね。 

毎日バタバタしている私ですが、ちょっと立ち止まって振り返ってみる時間もとても大切だと、この頃感じます。 現役の時には月報書かなくちゃとか、意識しなくても定期的な振り返りの機会があったけれど、フリーになるとメリハリはすべて自分で意識しないといけませんね。

振り返りながら、まだ記事にしていなかった、旅行のおみやげ(全部岩手県から)を整理したので、アップしておきます。
岩手水差し トップは南部鉄瓶、と言いたいところですが、本物は重たいしそれなりのお値段しますので、これは書道用の水差しです。 直径6cm位。 最近全く習字はやっていませんが、ふたを外して小さな花活けにしましょう。

岩手チーズ豆腐 岩手県と言えば、酪農の盛んな県、小岩井農場が有名ですよね。 そこで目についたのが、このちーず豆腐。 なくなったら、取り寄せしたい!と思う位すごく美味しいです。 豆腐よりは粘りっこくてほのかな甘味があります。 野菜やキノコを混ぜて、甘味の少ない白和えにできます。

岩手お神酒 先日のブログで酒蔵見学を記事にしたあさ開さん製造の小さな瓶入り御神酒。 私は無宗教派ですが、日本の伝統はどんな分野にも興味があるので、神社によく行きますし、自宅にも小さな神棚をおいています。 今までそこにお酒を供えるという発想がなかったけれど、この1合瓶は使える!と買ってきました。

岩手地ビール 続いては、盛岡市のベアレン醸造所さんの地ビール3種類。 ベアレンという名前もドイツ語の熊ですが、ドイツから移設した醸造釜で、ヨーロッパ伝統スタイルにて造られているとのこと。 左のALTは赤みがかった褐色で、香りの華やかな上面発酵ビール。 真ん中のONLY FIRST WORTは一番麦汁だけのピルスナービール。 右のCLASSICは、黄金色のラガービール、これだけ既に飲みましたが、すごく濃くのある味わいで、わかさぎの唐揚げと良くあいましたぁ!

岩手華まめ 花豆という大きくて平べったい豆をご存知ですか? 北海道が主産地で、東北、長野なども名産地です。 その甘納豆がこちらで、1粒の長さが3cm位あります。  豆なら何でも大好きな私ですが、これ位大きいと甘納豆でも、うす甘でお豆の味がすごく感じられます。 機会があったら、自分で煮てみたいと思っている私です。







Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.