FC2ブログ
07 * 2018/08 * 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
08/16
初めての機織り機体験。
こんばんは。 今日は34℃で晴れの多摩地方から、京都へ移動したら、28℃雨でした。 ちょっと体が楽です。 今夜の京都は五山の送り火ですが、雨模様でもあったので、テレビのライブ中継で我慢しました。

記事の方は、先日念願叶ってやっと触ることのできた、機織り機での織り体験です。

201808162244073a1.jpeg
この日は、まず絹糸を自分で染め、その糸も使って織物を作るという実習でした。 残念ながら、染めの工程は写真不可でしたが、なんと月桂樹の葉で染色したんですよ! ミートソースとか、ポトフなんかに使う、あのローリエです。 別途これまでに染められた糸が、いろいろあって、織物の色合いは自由に選べます。

2018081622440972b.jpeg
機織り機の全容を上手く撮れる空間がなくて、ワチャワチャしてますが、機械には既に縦糸が数百本張ってあり、奇数番目の糸と、偶数番目の糸を別々に上下させる仕組みになっています。両足で交互に踏むのが、その動力になります。

2018081622440611e.jpeg
ここに見える舟形のものが、杼(ひ)またはシャトルと呼ばれる、横糸を通す道具です。最初の写真の糸巻きを、中心に設置し、奇数番目の糸と、偶数番目の糸の間に横から滑り込ませます。

20180816224408897.jpeg
まず、横糸を一回いれて足を踏み替えたら、写真真ん中に見える、おさを手前に軽く打ち付けて、横糸を落ち着かせます。映像で機織りを見る時に、よく、とんとんってやっているあれですね。

201808162244029ea.jpeg
私は初めてでもあり、シンプルな縞模様のランチョンマットを織りました。一番白く見える色が、この日自分で染めた糸で、バニラ色をしてます。 ということで、バニラ、ストロベリー、チョコの三色アイスケーキのイメージです。

すごく楽しい経験でしたが、先に縦糸を張る手順がもの凄く大変なはずで、ちょっと手が出ないなぁ。



08/15
私流、暑さを乗り切る5つの切り札。
こんばんは。 そろそろ、お盆休み終盤の皆さんも多いのでしょうか? 猛暑のなか、ちゃんと骨休めできてますか?

今日は、うちの方面は昼間凄い風が吹きまくって、夜は小雨。ちょっぴり、暑さのやわらいだ感があります。 記事の方は、ここまで私が、暑さを乗り切るサポートにしてきた、もろもろをご紹介。

2018081522341926f.jpeg
最初のこれは、マックのモーニングセット。 寝苦しくて眠りの浅い朝は、いっそ早ーく起きてバタバタして、6時になったら歩いて数分のマックへ。朝日が昇り切っていないので、外気はまだ爽やかです。 開店と同時に朝食に来る人、常時数人います。

20180815223451b46.jpeg
演劇好きな私です。 劇場は基本的に冷房が効いていて、心地よいですが、夏はやっぱりガツンと来る演目で、エキサイトするのが良いですね。 今豊洲のステージアラウンドでかかっている、メタルマクベスは、シェークスピアのマクベスが、ヘビメタの演奏と歌に乗せ、オートバイなんかもブンブン吹かして演じられます。 面白いですよー。

20180815223418a47.jpeg
食欲がない時でも、日本人ならお寿司はいけますよね。ちょっと調子の悪い日、回る寿司屋さんで自分に言い訳しながら、贅沢してしまいました。大トロ、ウニ、いくらの大名盛り、ご馳走さまー。

20180815223418252.jpeg
ストレス発散は、そう、お友達とカラオケ! 暑いのに、頭にプーさんかぶって上機嫌のワンショット。手にはしっかり、このブログ用のiPadを抱えてます。

20180815223410a25.jpeg
そして、クーリングの王道、アイスクリームは、季節限定のクラッシュアイス、ミニオン! カップの中は、かき氷にブルーハワイとパインのシロップ。 トップのアイスも、ミニオン、メッチャフルーツです。6種のシャーベットがまだらになった上に、小さなミニオン型お菓子が乗ってます。 余程体温が上がっていないと、食べきるの大変ですよ。

まだまだ暑さがぶり返すと思いますが、これらの組み合わせで、これからも乗り切っていきまーす。





08/14
旧暦の七夕、今年は8月17日です。
こんばんは。 本日夜遊びしていて、ブログ上げるのが随分と遅くなりました。

今はお盆休みの最中ですが、タイトルに書いたとおり、旧暦と今の暦はかなりずれているので、時代小説などを読む時には、作者はどちらを想定しているのか、少し考えてしまうことがあります。

ところで、記事の方は七夕の茶事の様子です。
20180815001340013.jpeg
都内某所のあるお茶席は、魯山人の流れをくむ由緒のある場所で、本懐石もいただいて、正式な茶会を楽しむことができます。

20180815001347523.jpeg
先に、お食事をいただき、一旦退席して戻ると、お湯を沸かすお道具が、スタンバイしていました。私は特に茶道を習ったわけでないので、緊張の面持ちで席につきます。

201808150013474bc.jpeg
床の間も、七夕の飾りつけに変わっています。お雛様のような、彦星と織姫は珍しいですね。

2018081500134329a.jpeg
ご亭主が、綺麗な所作で濃茶を点てて下さり、皆で回し飲みします

201808150013419c9.jpeg
口が苦くなったころは、お菓子が良いタイミングで 回ってきます。七夕のための星と天の川をかたどったお菓子ですね。

20180815001346ba0.jpeg
最後にお薄をいただきます。ほぉー。

やはり、慣れない身には、茶事はちょっと肩がこります。。。








08/13
手作り梅干からの、応用編は?
こんばんはー。 うちの周りは、さっきまで凄い雷雨でしたが、皆さんの地方はいかがでしょうか?

さて、7月17日の記事にした、手作り梅干。 できたので続きを記事にしますね。

20180813180314896.jpeg
8月に入ってから、塩ダレから取り出して、天日干し始めました。 塩ダレも、梅汁と塩分だけなので、麺料理の味付けなどに、無駄なく使えます。

201808131807006b9.jpeg
大玉に合わせていたら、小粒のものは干し過ぎてしまって、シワシワです。

201808131807019d9.jpeg
いずれにしても、塩分20%は高すぎるので、少し水で塩抜きします。

20180813180700885.jpeg
一部の実から種を外し、果肉だけをブレンダーに入れ、浸るくらいの日本酒を投入。 砂糖も少しだけ加えたら、スイッチオン、してペーストにします。 酒と砂糖は、みりんでもよいのだけれど、私はより甘くない仕上げを狙いました。

201808131806557f4.jpeg
ブレンダー15秒くらいで、はい、自家製梅びしおです。 本来火にかけて、アルコール分を煮切るのですが、時と場合によりますよね。 蒸し鶏は超淡白なので、アルコール分のあるままで、良い感じです。

日持ちさせるためには、やはり梅びしおに火を入れないといけませんね。


08/12
爽やかなパッケージの到来品。
皆さん、こんにちは。 お盆休みに入り、もう移動先の方も多いでしょうね。 近所でもいつもは人の多いところが、シーんとしていたり、意外な時刻にコンビニの棚がガラガラだったり、民族大移動の気配が感じられます。

20180812125345571.jpeg
本日は、西方面から移動されて来た知人からのいただきものです。 爽やかな朝顔柄の箱が、和菓子感を醸し出してますが、ロゴがアルファベットですね?

20180812125344ae0.jpeg
壊れやすいからね、と言われてそぉーっと開けると、なるほど、マカロンかぁ。 これって、とても手間のかかるお菓子で、果汁もいっぱい使っていて、美味しいのだけれど、かなり甘い!よね。 もちろん、嬉しくいただくのですが、結構私が摂取できる甘味の限界を行ってるお菓子かも。。。

2018081212533989c.jpeg
と、一瞬ひるんだ私に気づいたのかどうか、取り出して表面を見て!とのリクエスト。 わぁー、涼しげなイラスト。 そう、いただいたのは、夏限定セットで、これはパッションイチゴ味の表に、金魚と水紋が描かれてます。

20180812125344068.jpeg
黄色はココナッツユズ味に、お祭りで必ずある、水風船。

20180812125342011.jpeg
青紫は、ラムネ味に化粧箱と同じ朝顔です。

20180812125337e5c.jpeg
折角なので、3個揃い踏みのショットも一枚。

神戸はGLAMOURDISEさんのお品。 私は初めてだったけど、関西では既にポピュラーなのかな?

08/11
今世界で一番注目されているお料理は?
こんばんは。 今日の東京、上が32℃で猛暑日ではなかったんですが、私自身はこの夏で一番の大汗をかきました。火のそばでしばらく作業したのですが、詳細はまた後日にお伝えしますね。

今日の記事は、またまたキッチハイクさんアレンジの食卓です。ミラフローレスという渋谷にあるお店、前から行きたかったところなんです。

2018081120562533f.jpeg
座った席の真上に、国旗が架かってました。 このちょっと複雑な旗は、南米ペルーの国旗。

20180811205625cee.jpeg
キッチンにはペルー人スタッフが複数いて、本場のお料理を提供しています。

2018081120562714a.jpeg
スターターのサラダは、、、まあ万国共通ですかね。

20180811205627041.jpeg
ふた皿目で来ましたぁ! 私の大好物、セビーチェです。 酸味が効いてピリ辛味の、魚介類のマリネです。 この日はムール貝が絶品でした。

20180811205737e97.jpeg
インカの目覚めという種類もありますよね。 これはジャガイモのクリームチーズ和え。

20180811205738b59.jpeg
見た目の地味なこのスープは、野菜のポタージュ。 いわゆる、優しいお味です。

2018081120573527e.jpeg
最初のメインは、豚肉の素揚げ。 火の通り方が丁度良くて、周りは少しカリカリ、なかはジューシーです。

20180811205627b04.jpeg
メインふた皿目は、ハーブチキンの煮込み。既にかなり満腹でしたが、食べやすい味付けで、結局完食しましたぁ。

201808112057388a9.jpeg
デザートは、ムラサキトウモロコシのゼリー。 後口にコーンの甘みが、ふわっときます。

日本にまだそう沢山はないペルー料理屋さんですが、今世界では一番注目を浴びているジャンルなんですよね。日本料理と一緒で、様々な食材を使うので健康的です。


08/10
アフリカついでに、野生動物ショット。
こんにちはー。 また猛暑日に戻ってしまいましたが、丁度、塩分補給にもってこいの梅干が、ベランダで仕上りつつあるので、ちょっと心強いです。

昨日たまたま、2014年のアフリカ旅行のショットを使いましたが、折角なので今日も継続してみます。

今日の5枚は、ボツワナで行った、チョベ川でのリバーサファリで出会った、野生動物達です。

201808100425072b3.jpeg
船着場の近くには、鳥がいっぱい。 魚もいっぱいいるのでしょうね。

20180810042511b9d.jpeg
少し進むと、水面にカエルの頭みたいなものが3つ見えます。 かなり距離がありますが、肉眼でもはっきりわかりました。 三頭のカバが泳いでいるところです!!

20180810042514671.jpeg
これは写真でもわかりますね。はい、象のファミリーが泳いでいるところ。 泳ぎはとっても上手いそうです。

20180810042509ccc.jpeg
そして、陸に上がると砂を浴びます。 折角水できれいになったのに、なぜ直ぐに汚すの? 答えは、陸上は大変暑いので、日よけとか虫よけに、砂をかぶるんです。

201808100425081f2.jpeg
さて、この日のベスト? ショットがこちら。 わかりますかぁ? 野生のワニさんですー。自分が舟の上にいて、陸上で休んでいる姿を撮ってますが、やはり、遭遇すると怖いです。

動物園で、のたっーと飼われている動物たちとは、全然違う生き生きとした姿を目の当たりにし、地球は人間だけのものではない! と自然に思える経験でした。






08/09
戻った暑さに、つかの間の涼風景を。
皆さん、こんばんはー。 心配された台風は寝ているうちに東京を通過し、お昼にはまた猛暑が戻って来ました。

今日はiPadのメモリがギリギリになってしまい、古い写真を見返している中で見つけた、涼し気な写真をアップしましょう。


2014年のこのショットは、ヘリコプターからです。 川の向こうに水煙が上がってますね。

201808091941549b5.jpeg
近づいてみても、まだ水煙ばかりでなんだかよくわからない。。。

20180809192851950.jpeg
実はここは、世界三大瀑布の一つ、ビクトリアの滝なんですが、このときはあまりに水量が多く、水煙が高く上がってなかなか滝が見えません。

201808091934399fa.jpeg
おお、やっと見えたぁ。 ビクトリアの滝!
因みにビクトリアの滝はどこにあるでしょう? アフリカのどっか南の方、という感じの人が多いのでは? はい、答えは、ジンバブエとザンビアの国境にありまーす。 日本人はだいたい、南ア共和国のヨハネスブルグに到着してから、北上して来るルートが普通ですね。

2018080919284806b.jpeg
よく見ると、滝の脇には橋が架かっていて、ジンバブエとザンビアを行き来できます。

この写真の前日は、徒歩で滝の側を回りましたが、何しろこの水煙なので、全身びっしょりでした。 どうでしょう、少しは涼しさを感じていただけましたでしょうか?



08/08
伝統工芸も時流に乗って。
こんばんは。関東地方、台風が近づいています。今日は、時々記事にする、しきたりとおもてなしの講座がありましたが、時短になって早目に帰ってきました。それから少し食料品など揃えたり、ワチャワチャしてます。 うちの地域が避難指示対象になることは、まずないですが、サプライチェーンがやられると、スーパーの入荷に影響でるかもしれないのでね。

記事のほうは、先日訪れた江戸伝統工芸フェスでの展示品を、いくつかご紹介しますね。

20180808190817c1d.jpg
まずは、江戸切子のお猪口。とってもキレイですよね。でも、こういうの見ると、時代劇で悪代官と回船問屋の主人が、抜け荷の相談している場面を思い出すのは、私だけでしょうか?

20180808190753860.jpg
こちらは、ろうけつ染めを乾かしているところ。私は、小五の時に図工でやったことありますが、皆さんは?

20180808190855ac9.jpg
これちょっとわかりにくいかな? 七宝焼きのように見えるかもしれませんが、刺繍なんですよ。江戸刺繍。京刺繍は、面を広く糸で埋めていきますが、江戸の図柄は繊細ですね。 手間がかかるので、なかなかのお値段でした。

2018080819093554e.jpg
こちらは、わかりやすいつまみ細工のかんざしですね。私もゆっくり慎重にやれば、このデザインであれば作れますよ。

201808081910128cb.jpg
そして、この木目込人形。 一目で釘付けになりました❗️ 今の人には、普通なんでしょうねぇ。。。私の年代には、向かい合ってハグしてる内裏びななんて、むちゃくちゃ新鮮でした。 無論、こんなの邪道だよ、なんてことは一切なくて、むしろ心のなかで喝采した私です。




08/07
エネルギーチャージにインド料理
おはようございます。 西日本は、相変わらずの猛暑と報道されてますが、東京地方めっちゃ涼しいです。 習慣でエアコンをオンしたら、外気温の方が低かったので、慌ててドライに変更です。

さて、今月の目標、暑くてもしっかり食べようの一環で昨晩訪れたのは、夏の定番インドカレー屋さん。

20180807082323395.jpeg
5名のグループだったので、少しずついろいろ食べられるコースです。 一品目のキュウリとトマトのサラダは、パクチー風味の効いたヨーグルトソースがたっぷりで、口の中がすっきりさっぱり。

2018080708231712f.jpeg
これがすごく気に入った、ひよこ豆の炒め物。 外が香ばしくて、中がほわっほわっ。 インド風なので、衣にはほんのりと辛味が。 まずい、いくらでも食べられる。。。

2018080708232136b.jpeg
次のチキンケバブは、本体はかなり抑えた味で、好みで辛味ソースをonします。

2018080708232489f.jpeg
来ましたぁ、心待ちしてた一品、インド式サバフライ! 青魚好きな私の大好物! タツタ揚げみたいに見えますが、いろいろな香辛料を混ぜたエスニックな衣で、ビールが進みますよぉ〜。

20180807084011727.jpeg
メインのカレーは、普通の辛さのキーマともう一種のハーフアンドハーフになります。 こちらは、恐いもの見たさで注文した、大辛ビーフ。

2018080708232364d.jpeg
もう一種は、ココナッツミルク入りでマイルドな白身魚カレー。お店の名前がFISHなので、間違いのない一品です。

20180807084010fbe.jpeg
締めが、たっぷりのココナッツアイス、と一挙にエネルギーがチャージされそうなコースでした。

実は、それほど抵抗なく大辛カレーも食べられた私です。 現役の頃、研修で来日していたインド人に、手料理を何度かご馳走になっていたので、鍛えられたようです。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.