FC2ブログ
05 * 2021/06 * 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
06/15
梅雨も楽しく。
こんばんは。大規模イベントの上限を一万人にしようという方向のようてすね。これで私も最終決断しましたよぉ。五輪中は、東京を離れることにします。

さて、最近時々教えて頂いているパン作りの先生は、粉ものならなんでもという守備範囲の広い方です。

202106152144449fc.jpg
ある日のクラスでは、準備されたお道具がこれだけ😳 実はこの日は、中華点心のワークショップでした。ボールには、薄力粉と塩がもう入っていて、熱湯とオイル少々を加えて捏ねれば、皮はあっという間に完成です。

20210615214440909.jpg
ここからがこの日のメインの作業で、季節感のあるかわいい点心に仕上げていくため、オーガニックな色粉を使った染め付けと、普通の点心にアレンジを加えた形作りを習います。

20210615214454a4d.jpg
すべてオーガニックの色粉で、緑は抹茶・黄色はクチナシ・紫は紫イモ・赤は紅麹・青はガリガリ君にも使われている海藻(スピルリナ)・茶はココアパウダー・黒は墨という具合です。

202106152149228ca.jpg
白い皮に上の色粉を足して各色練っていきますが、自然の物なのでそれぞれに色の入り具合が全く違い、また時間が経つとどんどん濃くなったりで、なかなか時間のかかる作業でした。一通りできたら肉餡を包み、下絵の通りに成形していきます。
 
2021061521445629f.jpg
必要なところに顔のパーツを書き足したら完成です。6月の点心ということで、カタツムリ・雨のしずく・虹・鉄仙の花・カエル・紫陽花という顔ぶれです。ともかくかわいい💞

和菓子でも色付けは頻繁に行いますが、たいてい液体を使うので、粉を使えたのはとても良い勉強になりました。




06/14
とっても便利で確実です。
こんばんは。予報どおり、関東も今日から梅雨入りしました。まだそれほど憂鬱な天候ではありませんが、しばらく辛い日々が続く覚悟が必要ですね。

さて、今日のお題は私のMakuake収集品の中で今のところ暫定一位のアイデアグッズです。

20210614202549db0.jpg
セットの中身は、これらのパーツからなっています。名称は、全自動電動ワインストッパー、CREA。私もワインドリンカーですが、一本空けきれないことはしばしばでして、これまで保存脱気は手動ポンプでピコピコやってました。

20210614202554e6c.jpg
CREAの使い方は、まずストッパーを瓶の口にしっかり差し込みます。柔軟性のあるストッパーの中心には、金属のレバーが通っていて、最終的にこれが完全に下がれば真空状態ということです。

20210614202528e3e.jpg
続いて、ストッパーの上に本体をオン。シルバーのリング部分を90度回すとロックがかかり、かかったと同時に自動的に脱気が始まります。

2021061420255395b.jpg
脱気中は、小さいですがモーター音が続き、動作中であることが音でわかります。そして、真空状態に到達すると、写真のようにOK表示が。手動では、この脱気完了の程度がよくわからないんですよね。本体を乗せたままにしておくと、空気漏れを感知して、自動で追加脱気もできるそうです。

202106142025544b8.jpg
その他にも、保存環境の温度・脱気後何日たっているか・充電の残量も表示できて、小さいけれどとてもスマートな一品です。ワイン愛好家には、とってもお勧めです🤗

標準的な口径であれば、ワイン以外何でも真空にできるので、カビの生えやすい液体にフル活用したいと思います。


06/13
にっぽん生まれ、にっぽんそだち。
こんばんは。関東もそろそろ梅雨入りするらしいです。長引かないといいなぁ、と思う一方で、夏が早く来て暑い期間が長引くのも嫌だなぁと思うし。。。四季があってこその日本の情緒だけれど、体は必ずしもついていかないです。。。

本日のお題は、先週の買出し日に少し離れたスーパーへ車で出かけてゲットしたおやつです。

202106132229088c1.jpg
ニッポンエール、というコーナーができていて、にっぽん生まれ、にっぽんそだち、というサブタイトルがつけられていました。並んでいたのは、日本産の果実のドライフルーツたちでした。

202106132229100b2.jpg
せっかくなので、別々の県のものを選んで4種買ってみました。まずは大分県産のキウイ。大分県は必ずしも大生産地ではないですが、だからこそコロナ禍で流通が鈍っているかも知れません。70kcalと甘すぎす酸味も残っでいて、爽やかです。

20210613222859f9b.jpg
次は愛媛県のブラッドオレンジ。愛媛県は柑橘類の宝庫なので、種類も色々でしたが、珍しいのを選んでみました。65kcalと、こちらも甘味は適度です。アルベド(白い部分)の苦味が適度に残って、味わいがあります。

202106132228581a6.jpg
3番目は和歌山県のすもも。和歌山もフルーツ大国ですね。以前は訪問の機会が多かったので、色々食しましたが、すももも、時期には必ず買い求めていました。59kcalとローカロでかなり酸味が残っているので、酸味に弱い人にはきついかも。

20210613222910226.jpg
最後は山形県産ラ・フランス。この中では一番甘味があって、小さなかけら3個で70kcal。と言っても元の果実の糖度が高いからでしょうね。香りはとても良いですが、柔らかいし空腹を抑えるおやつとしては、食べごたえが足りないかな。

果物の国内自給率は40%程度なんですよね。規格外になってしまう小ぶりのものなどを、このように活用して、自給率アップやSDGsに繋がるのは嬉しいことです。


06/12
紫陽花メロンパン作りました。
こんばんは。コロナワクチン接種を促進するため、色々な団体が会場を設け始めましたが、当然の結果として打ち手の取り合いが起こっているようです。繰り返しになりますが、このタイミングで五輪のために医療人材を割くのは、どう考えても理にかなっていないのでは?

さて、今日は友人と珍しいパンのワークショップへ行ってきました。

20210612203127d6e.jpg
まずは、パン生地を捏ねていきます。小麦粉・砂糖・粉ミルク・塩・バター・卵などを先生のレシピで合せていきますが、いずれもオーガニックと低糖質に気を配って選んだ材料です。

202106122031155cf.jpg
生地が均一になるまで、よーく練り上げて、40℃で一次発酵させます。だいたいもとの生地の1.5倍に膨れてきます。

20210612203128cff.jpg
一次発酵を待つ間、メロンパン表面のクッキー生地を用意します。普通のメロンパンは、黄色か黄緑一色ですが、今日は紫陽花メロンパンなので、紫・薄緑・薄ピンクにクッキー生地を染め分けます。

20210612203028ed6.jpg
三色各々をダイヤ形に切ってから、ピースを入れ替え、柄を作っていきます。こんなに賑やかなパンを作るのは初めてなので、とっても楽しいです😊

20210612203128776.jpg
ダイヤ型と別に、三色を渦巻きに巻いたバージョンも作って、ここから二次発酵にかけます。クッキーの作り込みにかなり時間がかかり、その間にパン生地の発酵が進むため、ここでの二次発酵はかなり短時間で大丈夫のようです。

20210612203014e10.jpg
最後に焼き上げて、出来上がり🥰 とっても良い匂いが漂ってきますよぉ〜 渦巻きバージョンは、少し発色が鈍いですが、ダイヤ型の方はなかなかかわいくできました😋

それなりに手間のかかる作業なので、自宅でリピートする時は一種類ずつにしょうと思います。


06/11
立体花モチーフ、第13弾。
こんにちは。珍しく明るいうちのブログアップです。今日も真夏日になったようですが、私は籠もりっきりで過ごしております。

本日はぼちぼち続けている、立体花モチーフの13枚目にかかりました。

20210611164205272.jpg
今回のお花は花芯を編まないので、スタートはシンプルな円を作っていきます。写真で段ごとの筋がはっきり見えていますね? この筋が後の作業に重要なんです。

20210611164159080.jpg
所定の大きさまで、少し茶碗状に縁が持ち上がるように編んで円を広げます。後からバックに繋げるための縁取りを付けて、ベースができました。

20210611164200d14.jpg
さて、本日のお題はカーネーション。ここから、あの不定形な花びらにかかります。最初の写真の筋目を利用して、くねくねがでるように編み付けますが、進むにつれて団子状態になり、なかなか編みづらい。。。

20210611164143b58.jpg
それでも根気よく花びらを増やしていって、難関を突破! バックの葉っぱに取り掛かると、こちらはスイスイと進むので一挙に気が軽くなります。

20210611164138190.jpg
ジャ〜ン、バックの縁取りまで編み込んで、はい、カーネーションの完成てす😊 今回は、特に毛糸の色が本物のお花に近いので、なかなかリアルでしょう🤗

毛糸だけに、見ようによってはケイトウにも見えるかも。。。





06/10
スペシャルなキットカットたち。
こんばんは。3日続けて、日本中あちこちで真夏日になりましたね。マスクをつけているので、より熱気のこもる帽子を被るのを敬遠してしまいます。ということで晴雨兼用傘の持ち歩きで、荷物が増えて煩わしい日々です🥵

暑い、と言いながら何故か今日のお題はチョコレートにしましたよ😄

20210610223429fa4.jpg
キットカットといえば、誰もが知るウエハースにチョコレートがかかったあのスイーツ。スイス企業のネスレが世界中で売り出している製品ですが、以前もご紹介したとおり日本では世界最多の品数を展開しています。

202106102229365a7.jpg
うちではネスプレッソのお茶バージョン、スペシャル.Tという機械(現在販売停止)を使っているので、消耗品を定期購入したポイントが貯まり、そのポイントで限定販売のキットカットをゲットしました😊 まずは、薄黄色地のゆず味です。

20210610222939932.jpg
二番目のパッションフルーツもそうですが、フルーツシリーズは綺麗な色を出すため、ココアバター所謂ホワイトチョコがベースになっています。柚子もパッションフルーツも、果汁パウダーがしっかり入っているので、かなり酸っぱいです😣

2021061022294065a.jpg
三番目は、キットカットのなかでも一番の変わり種、モレソン。表面にトッピングのあるタイプは、唯一これだけだそうです。でもって、上に乗っているのがクランベリーとアーモンド。私の大好物です🤗

20210610222937bbd.jpg
フルーツシリーズに戻って、これは以前も美味しかった記憶のあるストロベリー。色もいちごミルクのようだし、匂いもあまーく香って、誰もが好きそう😋

2021061022294654c.jpg
ラストのカシスは、それほど期待していなかったのですが、所謂大人の味でとても印象的でした。一口かじってから、急いでワインを取りに行き、合わせていただきましたよ🍷

これらのキットカットは、渋谷などに数件あるネスレのショコラトリーでは、常時販売されています。


06/09
今日は京野菜シリーズ。
こんばんは。またあちこちで真夏日になりましたね💦 眼科へ行った私、今年初かき氷をいただいてしまいました🍧

本日お題の方は、先日旅行かばんの中で見つけた箸置きシリーズです。

202106092051159d2.jpg
まずは、ころころの形がかわいいでしょう? 賀茂ナスです。京の伝統野菜の一つになりますね。ナスのなかでも型崩れしにくく、田楽にぴったりですよね。

20210609205101a7b.jpg
2つ目も京の伝統野菜の一つ、聖護院大根です。が、ちょっとおたまじゃくしに見えるかも。。。 薄ーく切ってべったら漬にしますよね。

202106092051133ed.jpg
鮮やかな朱色は、京にんじん。最近は東京のスーパーでも普通に見られるので、私もよく使います。白味噌の味噌汁には彩りに欠かせません。

202106092051152ce.jpg
最後のこれは形が牡蠣みたいなので、わかりにくいかな? これも京の伝統野菜の一つ、壬生菜です。ミズナの一種という
ことですが、壬生菜っていう名前がエキゾチックですよね。ハリハリ感がとてもよい、ちょっと辛味のある葉野菜です。

20210609205059c86.jpg
はい、いつもどおり全員集合の写真です。箸置きなので、賀茂なすが大きすぎたり、人参が小さすぎたりと、サイズ感はおかしいですが、コレクションとしてはとても満足してます🤗




06/08
お役立ち品色々。
こんばんは。今日は日本中あちこちで真夏日になりましたぁ🌞 まだ6月初旬なんですが、夏本番はどうなってしまうんでしょう? 五輪強行がますます憂鬱になってしまいます。

本日!は、最近届いたちょっとしたMakuakeからの小物を紹介しますね。

20210608202000e3a.jpg
まずは、この楕円形をした薄い入れ物です。とっても良い香りが漂う、青森ヒバ製ですが、この木は伊勢神宮の式年遷宮にも使われることで知られてますよぉ。

202106082020011db.jpg
使い道はこの通り、マスク入れ! 持ち歩きには少し嵩張るので、私は自宅で洗濯した後の布マスクを一日位入れっぱなしにし、抗菌と同時にヒバの香りを移して楽しんでいます。これからの猛暑に、ヒバの香はとてもリラクシングですよ。

20210608202000730.jpg
次はこのシリコン製ミトン。レンチンや湯煎した食材を取り出すのに、もちろん使えますが、便利なのができたての揚げ物や肉塊などを切り分ける時です。左手でちょっと押さえたいけど、めっちゃ熱い、という場面にこれまでで一番使いやすい小道具です😊

202106082020006af.jpg
3つ目は、この箸と箸箱。SDG'sが広まって、マイ箸を持ち歩く人も増えているようですね。でも、この写真から特に新しさは感じないでしょう?

20210608201958af2.jpg
こうやってひっくり返すと分かると思います。箸箱の内側に一工夫されていて、箸が固定されて逆さにしても落ちません。つまり、箸がなかで遊ばないので、あのカチャカチャ音なしに持ち歩け、とても気に入ってます😁

どれもちょっとしたアイデアなんだけれど、日々の生活を快適してくれています。

 
06/07
お散歩で出合った色々。
こんばんは。いやぁ、東京は梅雨入り前ですが、今日のお天気は殆ど真夏でした。丁度買い出し日だったので、今年2回めのこれ、買ってしまいました😁
202106072235508bd.jpg
小玉スイカ! 冷蔵庫で保存しやすいように、うちでは🍉櫛形でなく横から包丁を入れ、輪切りに切り取っていきます。

さて、ブログの方は最近のアルバムからお花をいくつか集めてみます。

20210607223550ad6.jpg
都心に出たときに、車どおりの多い幹線道路沿いで、凛として目立っていたこちらはタチアオイ。下から順々に花が開いていって、てっぺんの花が開くと梅雨が明けると言われてますが、今年は冬が暖かかったので、狂っちゃったみたいです😆

20210607223530e9e.jpg
自宅近くの駐車場で見つけたのがこちらのビワ。食用で育てているわけではないので、おそらくかなり酸っぱい実だと思いますが、たわわに成っていて鳥たちを喜ばせていることでしょう。

20210607223555bc5.jpg
通院での通り道にある造園屋さんでは、ホタルブクロを発見。この袋のような形のお花に、本当にホタルを入れて遊んだことからついた名前なんですよ😊

20210607223603a61.jpg
同じ場所で目立っていたのがこの食虫植物、サラセニア。ハエトリソウなどとは違い、虫が近づくとパクっ、と閉じるタイプでなく、虫が花の中に入ると滑って出られなくなり、徐々に溶かされていく方のタイプです。見た目は好きだけど。。。

明日もとても暑くなるらしいです🥴


06/06
どう見ても青梅。
こんばんは。

今日は、関西在住の知人が出張で移動してきたので、一時間だけお茶しました。

20210606200120366.jpg
和菓子繋がりの知人なので、今回も京都の老舗老松さんの、水無月の上生菓子を運んできてくれました🥰 季節を写したお菓子ばかりですよぉ。

20210606200116a57.jpg
まず、見とれてしまったのがこちら。どうみても果実の青梅そのものですが、外がういろう生地、中が白あんの生菓子です。どうやったらあの柔らかい生地をこんなきれいな球形にできるのだろう? 甘すぎず、とても上品なお味です😋

2021060620012024c.jpg
こちらも季節感満載の紫陽花。印象派の絵のように繊細な色使いですが、すべて薯よきんとんで作られていて、すごーく柔らかく仕上がっています。お皿に移すのもちょっと大変なので、容器のままいただいた方が良かったかも。

20210606200117f2a.jpg
スッキリした白と水色のおまんじゅうには、鮎の刻印。瀬音と命名されたこちらは、生地が道明寺で中が白あんという組合せです。

20210606200114389.jpg
最後はこれも初夏の定番の落とし文。直接伝えられない言葉を文に書いて、わざと落として相手に読ませる、という云われのようです。生地が練りきりなので、葉脈がきれいに表現されていますね。

上生菓子は日持ちしないので、早く人の移動が自由になってくれないと、生のまま(冷凍でなく)はなかなかいただけませんね。




Copyright © 2021 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.