FC2ブログ
09 * 2020/10 * 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09/28
尾道から生口島へ。
こんばんは。先週の京都滞在中、実はもう少し西方まで脚を伸ばしてきました。

訪れたい美術館はあまたあるのですが、今の環境で行くべきか否か判断が難しく、密でないことを確認しての直前の決断でした。

20200928162453f3f.jpg
台風接近で空模様の怪しいなか、しまなみ海道を渡っていきます。あまり見通しがきかないなか、肉眼では良く見えなかった瀬戸大橋が、撮った写真を明るく加工したら、ちゃんと写ってました😃

2020092816245514b.jpg
広島県側の生口島で、海道を外れて島内に入ります。ここは島内に3箇所ある港の一つ、瀬戸田港。本州四国連絡橋のできる以前は、船が唯一島外との交通機関だったわけですが、今では港は閑散としています。

202009281624518f5.jpg
今日本のレモンの、六割以上は広島県で生産されていますが、この生口島は一番の生産地。早速自分みやげに、マーマレードをゲット。と言いながら、実際に買ったのはハッサクのマーマレードでした。ハッサクも広島でたくさん採れます。

20200928162457031.jpg
港近くの食事処で、お昼ごはんにしました。もちろん魚介料理がお目当てですが、普段食べないもの、という基準で選んだのが、小鯛の煮付け。東京生活で尾頭付きの魚の煮付けは、20年位食べてなかったように思います🤔

20200928162459ea8.jpg
天ぷらは、タコと季節のお野菜の盛り合わせ。タコは姿のままでなく、すり身にしたものを海苔で巻いて揚げてありました。口に入れると、ちょっと変わった餅のような食感で、言われないとタコとはわからない。

20200928162451cb2.jpg
そしていよいよお目当ての場所に向かいます。そこは、平山郁夫美術館🥰 平山画伯は、この島の瀬戸田町で生まれ育ち、広島市で被爆した経験から、ご承知の通り平和を願う作品を多数残されました。

明日は美術館の中をご紹介しますね。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.