FC2ブログ
11 * 2018/12 * 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04/13
カロリー気になる、カルボナーラ。
こんばんは。 今日も、遅い時間の記事アップになってしまいました。

早速、昨日のパルメジャーノレッジャーノ、チーズ会の続きです。

2品目の料理は、ペンネカルボナーラ。 まずは、本来のカルボナーラについての講義がひとしきり。 イタリア本場のカルボナーラには、生クリームは使わない、ベーコンでなく豚ほほ肉の塩漬けを使う、羊のチーズペコリーノをたっぷり使う、などなど。

20180413173958c84.jpeg
この日は、なるべく本場式かつ自宅で再現可能、という矛盾した条件に合わせるため、真ん中を取ったようなレシピです。 まずは、豚三枚肉の塩漬けに胡椒をたっぷり振って、フライパンへ。

20180413173050c32.jpeg
にんにくととうがらしを加え、肉からよーく脂がでるまでしっかり両面に火を入れます。

20180413173054d23.jpeg
本場では使わないはずですが、やはり日本人は食べ慣れているので、ここで生クリームを投入。 本場のカルボナーラの白色は、クリームでなくラードが乳化した色だそうです。 混ぜながら、これでもか、という位にたっぷりの黒胡椒とオリーブオイル少々を添加。 煮詰まったら、火を止めて卵黄を素早く混ぜ込んで完成。

20180413173055b90.jpeg
ペンネは、表面に細い筋状のくぼみがあるので、ルーがとても絡み易いです。 主役のチーズは、ワークショップで使った色々なチーズの混合をすりおろしてたっぷりと。 塩豚から出た塩気が丁度よく効いて、黒胡椒と共に、まったりした全体を引き締めてくれます。

この他に、写真を撮り損なったチーズたっぷりのサラダもありましたが、そのドレッシングが、マヨネーズと生クリーム! まるで高カロリーを追求するワークショップ?!

20180413173055c12.jpeg
そして、デザートはドライトマトとバジルのシホンケーキ(これはとても美味でした)に、30年熟成のパルメジャーノレッジャーノとペコリーノチーズ!と、最後までしっかりイタリアンでした。

今回ピザだけ食べないで持ち帰ったものの、次回こちらのイベントに参加するときは、大ぶりのタッパーが必須だと認識しました。。。



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.