FC2ブログ
03 * 2021/04 * 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
01/10
また延期になる工房訪問。
こんばんは。予報が出ていたとは言え、北陸の豪雪は予想以上です。なんとか、これ以上大事にならないことを祈るばかりです。

いずれにしろ、緊急事態宣言が出てしまったので、予定していたこちらの工房再訪問も延期です。

20210110193036315.jpg
石川県は九谷焼で有名てすが、ぞれぞれの工程は分業制になっています。陶器の原形が出来上がると、次は上絵付の窯元の出番です。昨年訪れたこちらはその一つ、錦山窯さんの工房。高い金彩技術を誇ります。

202101101930514be.jpg
普及品であっても、このように下絵の位置決めは、陶器一つずつに目視で写していきます。見ているだけでも、思わず息を止めて集中してしまいます。

2021011019323981f.jpg
こちらは、人間国宝の吉田美統氏。氏の手がけられる作品は、もちろん転写など一切なしで、一点ずつ全工程筆で描かれていきます。御年88歳の名人ですが、気さくに被写体になって下さいます。

20210110193048e9f.jpg
金箔は単体では薄すぎて加工できないので、和紙にサンドイッチした状態で、切り出しておきます。この状態で準備してあるのものは、初めて見ることができました。

20210110201910e40.jpg
パーツがすごい点数になるので、デザインの時点で各部分に番号がふってあります。下絵というより、設計図という趣があります。

20210110202223b2d.jpg
最終作品の一例です。上の写真とは違うデザインですが、どれだけ繊細で手間のかかる工程か、想像できますよね。

202101101930300b5.jpg
常に新しいチャレンジをされているということで、例えばこの大きな蛇の目傘にも、目立つ金彩が施されています。が、開閉する傘ですから、かなりストレスがかかり、耐久性保持が難しそうですよね。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2021 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.