FC2ブログ
04 * 2021/05 * 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04/14
同郷であることが重要。
こんばんは。昨日久しぶりの対面授業に力が入りすぎたようで、本日疲れの出てしまった私。いやぁ、自粛期間に間違いなく体力が落ちてるのを実感します😰

さて、記事の方は先週の一夜にあったあるオンラインセミナーです。

20210414211215421.jpg
例によって、セミナーに使う材料が前日届きました。中にはふた包入っていて、一方にはこの薬瓶のようなのが3本です。ラベルをよーく見るとおわかりですね。いずれも少量のフランス産ワインが入ってます。

2021041421115134b.jpg
もう一つの包にはこんな感じ。長四角、丸、三角の形をした固形がそれぞれ一つずつ。こちらもラベルで、すぐわかりますね。それぞれ違った種類のやはりフランス産のチーズ。そう、この夜のお題はワインとチーズのマリアージュでした🤗

20210414211213f62.jpg
私のワイン歴はカリフォルニアから始まって、今はオセアニアとスイスに落ち着いているので、フランス産はシャンパン以外あまり馴染みがないんです。最初の組合せは、シャルドネとコンテの18ケ月。試すまでもなくテッパンの組合せです。

20210414211212859.jpg
二番目は、ソービニオンブランとクロタン。チーズ大好きの私ですが、羊乳(クロタンも)のは、少し苦手です。この日は、産地の近いもの同士が合わせてあったので、マッチングはとても良かったです。が、苦手な私は一欠片のチーズでワインを三口位飲んでしまうので、ちょっとまずいです🥴

2021041421120832b.jpg
三番目は、ピノ・ノワールとウォッシュタイプのマンステール。熟成途中で何度も外側を塩水で洗います。カビ防止対策と同時に、特有の香りをつける昔の人の知恵です。今のフランス人はこの発酵臭が苦手な人も多いらしいですが、私は全然抵抗ないです。

セミナーでは、色々専門情報をいただきましたが、無難なマッチングの鍵は産地を合わせることだそうで、これは日本酒のアテでも一緒ですね。又、そういう手配が無理な時は、シャンパンならどんなチーズでも大丈夫ということ。納得です🤗



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2021 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.