FC2ブログ
08 * 2021/09 * 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
06/01
えっ、イワシのピラフ。
こんばんは。6月に入りました。今日はスクーリングがあったので、都心へ出かけましたが、私の通る道筋でもチラホラと「今日から通常営業します、アルコールもあります」というサインをいくつか見ました。お店側の気持ちはよ〜くわかりますが、これで夜の飲み食いが戻ったらどうなるんでしょうね?

私はといえば、スクーリング終わりに珍しいお料理のワークショップに行ってました。

20210601232510311.jpg
何度もこのブログに登場している、両国はまさきさんのレンタルキッチンでは、大きなトロ箱にいっぱいのイワシたちが準備されていました。4名の参加者は、各々自分の使う分手開きでイワシを捌いていきます。

202106012324538d6.jpg
この日の献立は、私も初めてトライするイワシのピラフです。まずは、たっぷりの玉ねぎをオリーブオイルで炒め、しんなりしたら、調味料と共に洗った生米とお水を投入。黒いボツボツはブラックカラントで、よい酸味が加わります。

20210601232554cf8.jpg
お米が炊けたら、一度火から外してしっかり蒸らします。蒸らし上がった頃合いで、イワシを皮目からオリーブオイルで焼いていきます。イワシはひっくり返さず、そのまま身が白っぽくなるまで焼きます。

202106012325506d9.jpg
イワシが焼けたら、蒸らしておいたお米を上に広げて、イワシとお米が一体化するよう焼き付けていきます。ピラフよりはパエリアに近い調理方法ですね。

20210601232555181.jpg
お米の縁に少しおこげができつつある位のところで、加熱ストップ。ブラックカラントが潰れて、ごはんが所々紫に染まり、一見しば漬けごはん?の感じになりました😆

20210601232558eda.jpg
せーのっ、で大皿にイワシ側を上にして乗せると、こんな出来上がりです🤗 トルコ料理なのだそうですが、お米とイワシですから、間違いなく日本人の口にあいますよ🥰

私、この感じのお料理はトルコでなくて、ポルトガルでいただいたことがあります。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2021 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.