04 * 2018/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05/10
あかね染め、今度は糸を染めました。
こんばんはぁ。 今日も寒かったですねぇ。 それでも、午後から雨が上がってくれたので、一息つけました。

さて、4月3日、4日に草木染めの記事を書きましたが、あの時は布地を染めてましたよね。 でもって今度は、絹糸を染める体験をしたので、ご紹介しましょう。

染めの原料は、インドあかねというつる性多年生植物の根っこ。 乾燥させたチップで売られています。
20180510184851630.jpeg

原料を煮出すと、このように鮮やかなあかね色が出ます。 温度を上げた方がよく色はでますが、沸騰させてしまうと色素がこわれるので、80度位でキープします。 一番液を布で漉し、続いて二番液も煮出し、混合して使います。
2018051018485363a.jpeg

ここで媒染剤という、色止め剤を投入します。 媒染には色々な金属を使用しますが、鮮やかなあかね染めには、ミョウバンが普通です。 ナスやワラビの変色防止に使うあれです。
20180510184858d2e.jpeg

ミョウバンの濃さや染色液の温度で、色の入り方が違っています。 条件を変えながら、一種類の染料液から濃淡の違う色合いに、染め上げます。 写真は、お風呂場で完全に乾くまで、干しているところ。 ご覧のとおり、しっかり濃淡がついています。
20180510184857ddc.jpeg

絹糸なので、染め上がると、艶やかに光を含んでいますね。
201805101848562a6.jpeg

さて、この三色糸を使って、来週からはストールを手織りしていきます。 編み物は好きだけど、機織りは初めてなので、どうなるか、ちょっと心配です。








コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.