05 * 2018/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05/25
調味料容器も進化してます。
いやぁ、昨晩の涼しさから何でしょう、今日の豹変した暑さは。 皆さん、体調大丈夫ですか?

昨日のこのブログを最後まで読んで下さった皆さん、例題の答は胃でした! 舌で、美味しい、とうま味を感じて飲み込んだ後、胃でもグルタミン酸を認識すると、消化活動を盛り上げるスイッチが入ることが判明しています。

さて、イベントや外食の記事が多い私ですが、本来自分で料理するのが大好き。 現役で忙しかった頃は、料理が唯一息抜きの頃もありました。 ただ、いつも悩むのが、レパートリーを増やすと、使用する調味料などの種類が増えてしまい、なかなか使い切れないこと。 そこでなるべく酸化しにくい容器のものなどを、常に探す習慣がついています。

2018052519015775d.jpeg
どうでしょう、おたくでも七味トウガラシって、湿気って固まることありません? しょっちゅう使っていればないかも知れないけど、うちはラー油やワサビの出番が多いので、固まらせてしまったこともしばしば。 そこで、今のお気に入りはこれ、ハウスさんの香り七味。 頭の部分がグラインダーになっているのわかりますよね。粒コショウのように、ふりかける時に、回してガリガリして粉にする容器になってます。

2018052519015243d.jpeg
同じシリーズの山椒。 ウナギやアナゴ好きの家族なので、割りと出番が多いですが、粉砕したての香りは絶品です。麻婆豆腐にも、これでいっちゃいます。

201805251901593eb.jpeg
そして、オリーブオイル。 海外みやげとかで、瓶入りをときどきいただきますが、和食を作る機会が多いとなかなか減らなくて、酸化させてしまいがち。 そこでありがたいのが、このポーション入りです。 使っている量も把握できるし、パンにつけて食べるときは、お皿を洗わなくて良いのが、助かりますよ。

20180525190157e45.jpeg
こちらは、パスタソースがポーションになったキューピーさんの商品。 湯がいたパスタに絡めるだけの、ペペロンチーノ味のオイル。もちろん、超特急でパスタを食べたい時に便利ですが、ちょっとだけアヒージョ作りたい時など、応用での使い道多数です。

2018052519015924f.jpeg
同じバージョンのバジル。 アスパラガスやさやエンドウなど、緑の野菜をチンして(湯がくより栄養分が残る)、混ぜて、新緑のパスタが10分もかからずに完成。 他に、蒸したムール貝や牡蠣などのソースにもいけます。

書いていたら、アヒージョが食べたくなった!




コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.