FC2ブログ
02 * 2019/03 * 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12/21
個性的なしめ飾り作り
こんばんは、少し疲れ気味の私です。 理由は、今日も移動日で只今京都滞在中。 例によって学校のスクーリング参加のためですが、ちょっと後悔してます。 こんなに年末ギリギリまで、授業を取るんじゃなかったなぁ。

さて、お題の方は一昨日の香道ワークショップと同時に楽しんできた、しめ飾り作りワークショップでいきます。

201812211638001d3.jpeg
まずは、しめ縄としめ飾りの違いや、関東と関西の習慣の違い、とかのレクチャーでワークショップは始まりました。

201812211653259c0.jpeg
本当は、藁を綯うところからやってみたかったのですが、やはり難しいので、ここではプロが既に作ってくれたものを使います。 しめ縄用の稲でできているそうで、稲穂もカビにくく長持ちするそうです。 時代は変わっているんですね。

20181221163810d37.jpeg
飾り付ける材料は、赤を基調にしたかなり華やかな一式です。 赤は基本的に厄除けの色ですから、正月飾りに多用するのは、納得です。

201812211638109dd.jpeg
まずは、大きな椿をセットして、頂点を決めます。 市販のものだと、ここには橙が据えられていることが多いですね。 この椿はもちろん造花ですが、なかなかよくできていますよ。

201812211638028e2.jpeg
赤い水引は50本をまとめてより、デザイン的にオフセンターの場所にたらしました。 この日のポイントは、困難を転じて福と為す、を象徴した南天を豪華に盛り込むことでした。あまりのボリュームなので、私は折り曲げて縦方向に厚くしました。

20181221163806931.jpeg
金銀の水引などで、締めるところを締めて、出来上がり〜。

すっごく華やかな仕上がりについては、しめ飾りは年神様が降臨する時の目印なので、他より目立つ方が縁起が良いはず、という意図でした。



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.