FC2ブログ
10 * 2019/11 * 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
11/10
江戸前鮨を楽しむ会
こんにちは。 祝賀御列の儀、晴天に恵まれて成功裏に終わりましたね。私は実は、今日に延期になって、とてもありがたかった一人でした。学校の東京キャンパスが、パレードの通り道にあるので、予定どおりだと授業のある日で、規制にひっかっかるところでした。

さて、今日もお題は、携帯のアルバム整理で見つけた、写真からです。

201911101438271cc.jpg
10月初旬に遡りますが、江戸前鮨を楽しむ会、の会食を見つけて参加してみました。この日の趣旨は、夏を越したこの時期ならではの、ひやおろしと江戸前鮨のマリアージュです。

20191110144011363.jpg
季節感を一番大事にした献立は、シャインマスカットを使った、白和えからスタート。江戸前という言葉には、粋という意味も持たせています。違和感全然なく、美味しかったです。

201911101443468fd.jpg
握り寿司は、江戸時代に屋台食として始まりましたが、当時冷蔵庫もないなか、色々傷みにくくする工夫をしていました。例えば、青魚は酢じめに。二品目は季節のサンマを酢じめにした手鞠です。

2019111014452422d.jpg
いくらの醤油漬けは、既にとてもポピュラーですが、丁度良い塩加減のものには、なかなか出合えないです。この日の仕上がりはさすがでしたが、これ江戸時代に関東地方で食べられたのかな?

20191110144742b3d.jpg
上品なお造りは、元々は下魚とされて人気のなかったマグロ、〆さば、平ガイです。平ガイは巨大な二枚貝で、これを支える貝柱は肉質がしっかりしています。

201911101452206e3.jpg
握りに移って、江戸前仕事の代表格、酢じめのコハダ。

2019111014475292f.jpg
人気のなかったマグロが、喜んで食べられるようになったきっかけの、漬けマグロ。

20191110145522ec6.jpg
お造りの平ガイのひも部分は、さっと煮付けて軍艦巻きに。

20191110153329e92.jpg
こちらも、江戸前仕事の代表格、煮穴子!甘くし過ぎないのが、美味しいです!

20191110153512b51.jpg
アジもゼイゴを取っ酢じめになっています。

以上全部は網羅してませんが、江戸前鮨の歴史を確認しながら、季節のお酒も取り入れて、とても豊かな気分になれた一夜でした。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.