FC2ブログ
03 * 2020/04 * 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
12/28
ミシュラン店での一夜、その1
こんばんは。先日来焦っていたレポートに、やっとさっき目鼻がついたので、小休止してこちらのブログにかかりました。

今日と明日は、満を持して、今年のグルメベスト版を書きます!

201912282246338c8.jpg
今月の半ば、某航空会社の限定会員向け、忘年会がありました。場所は、普段とても足を踏み入れられない、赤坂の料亭。都心とは思えない設えの、入口を入って行きます。

20191229020002c13.jpg
じゃーん、屋号読めますかね。京都本店が、2年前にミシュラン3つ星をとっている、菊乃井さんの東京みせでした!海外からの賓客に、予約を代行したことはあっても、自分では初めて!!

20191228221937dd8.jpg
いろいろなお席がありましたが、私たちはお料理の進行が見られる、カウンターに通され、ご主人とも板前さんとも、沢山会話ができて、とてもラッキーでした。

20191228221838f94.jpg
早速、ご主人の村田さんと、ツーショット。この日は、全員と撮影でしたから、村田さんもなかなか大変です。

20191228222045f10.jpg
和食ですが、モエ・エ・シャンドンでの乾杯で、お料理スタート。猪口は、トリュフ餡のかかった、雲子(たらの白子)の蒸し物。なるほど、トリュフだから、シャンパンでマリアージュなんですね。

20191228222200387.jpg
2番目のお酒は梅酒で、蔵元の梅酒の名のとおり、菊乃井さん自家製。余計なものをなにも添加していないので、とても清んだ味で、いくらでも飲めそうです。が、お店の理想とする料理との配分があるので、やたらとは注いでくれません。

2019122822463521d.jpg
八寸は、文箱に盛られていて、開けるとこういう感じです。サーモンで表現した椿寿司、海鼠みぞれ和え、辛子蓮根、カラスミ等々、味のバラエティーと食材の多様さが、すごいです。

続きは、また明日。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.