FC2ブログ
09 * 2020/10 * 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
02/02
エコラップ作り。
こんばんは。肺炎騒ぎで、マスク必携の毎日ですが、明日はもう節分👹 早く終息して、身軽に外出できるようになることを願うばかりです。

最近プラスチックゴミが、世界的に問題視されてきましたが、いろいろなところで廃棄プラスチックを減らす、地道な市民活動も始まっています。

202002012310534e1.jpg
昨日は、オーストラリア発祥の、プララップをオーガニックなものに置き換えよう、とする活動を覗いてきました。本体はオーガニックコットン。他に用意するのは、蜜ロウ(蜂の巣の成分)とホホバオイルです。

20200201231051f00.jpg
蜜ロウとホホバオイルの混合比は、とても難しいということで、既に一体化したワックスシートを使います。そのシートを小片にちぎり、クッキングシートの上に置いたオーガニックコットンの上に、少し間隔を開けながら、敷き詰めます。

202002012310553ec.jpg
更にその上に、クッキングシートを重ね、上からアイロンがけをしていきます。蜜ロウは熱で容易に溶け、布に滲みていきます。全体にまんべんなく滲み込ませたら、即クッキングシートから外して、空気乾燥させます。

2020020123105697b.jpg
ということで、材料さえあれば簡単にできます。撥水性があり、食品に触れても大丈夫なので、おにぎりやサンドイッチを包むと、ラップを使わずにすみます。水洗いで再使用できる上に、くたびれてきたら、また蜜ロウを滲み重ねられます。

20200201231050362.jpg
私は、以前に作った竹かごに敷くことにしました。これまでは、ペーパーナフキンを敷いて、濡れたり汚れる度に取り替えてましたが、これなら軽く洗えばよいし、敷物としてのホールド力がしっかりしています。

20200201231048363.jpg
更なる使い道として、非常の際には液体を入れるコップに早変わり。

202002012310553f5.jpg
この写真は、無地のオーガニックコットンに、食用インクで絵柄を描いてから作ったものだそうです。

とりあえず、常に2・3枚持って歩いていると、何かと役に立ちそうです。この方法に限らず、ラップなりプラスチックの廃棄量減は、一人一人が自分のこととして工夫していきたいですね。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.