FC2ブログ
08 * 2020/09 * 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
06/26
この季節を写す生菓子。
こんにちは。京都からの記事を数日お伝えしましたが、今日は行きがけに買っていった東京みやげのご紹介です。

今回の西移動では、茶道の心得のある知人とアポイントがありました。

20200626175217654.jpg
和菓子とくれば、京都の歴史には叶わないものの、東京にも名店が少なからずあります。そのうちの一店が、岡埜栄泉さん。甘党でなくてもペロッと食べてしまう豆大福が、永遠の定番です。いつもほとんど午前中で売り切れてしまいます。

202006261752186e8.jpg
写真が暗くてあまり見映え良くないですが、こちらは季節の水無月。白いういろうの上に、甘く煮た小豆を乗せた、本来6月末日に無病息災を念じていただく食べ物です。赤は邪気を払うとされますが、最近は少しバラエティーが増えてますね。写真左には白い豆も使われてますし、右は台が抹茶ういろうでした。

20200626175211e72.jpg
私の行きつけ、麻布十番のいろがみは、岡埜栄泉さんの店舗の中でも唯一、上生菓子を店頭販売しているお店です。涼しそうなこちらは、杏菓。あんずの実が寒天の中に、閉じ込められています。爽やか🤗

202006261752096b2.jpg
これも季節を写してますね。紫陽花が雨にけむっている様子の、四ひらの花。四ひらの花は紫陽花の別名だそうです。生地はういろうと寒天が合わさっていて、少しモチモチ。中も白あんで、雨で白っぽくなった景色を連想させます。

202006261751518bd.jpg
次は願い笹。短冊も乗っていて、七夕祭りの先取りですね。生地はきんとんですが、笹のうすみどり色を少量の抹茶で写しています。

2020062617521620d.jpg
最後は、練りきりの若鮎。こちらは、お持たせで私もいただきました。なかは予想外の胡麻あんでしたよ🎵

季節感溢れる和菓子の世界も、日本人の楽しみですね。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.