FC2ブログ
04 * 2019/05 * 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
05/08
泡盛工場の見学に行ってみた。
こんばんは。今日の東京地方は、とても気持ちの良い爽やかなお天気でした。連休明け最初のスクーリングでしたが、学生の多くが、随分と早く教室にやって来てました。

さて、記事の方は昨日ちらっと話題にした、泡盛工場を舞台にします。

20190508165900601.jpg
与那国島には、三軒の蔵元があるそうですが、その一軒崎元酒造所さんに、お邪魔しました。花酒ってありますよね?
これは歴史背景を考慮して、与那国島だけで許可されている、60度以上の泡盛の名前です。酒税法では45度までと規制があるそうです。

201905081702161ad.jpg
奥の背の高いタンクで、原料のお米を蒸し、蒸し上がったら、別の場所で温度管理をしながら、人手で黒糖由来の麹菌をまぶしていきます。

201905081659134c4.jpg
昔は、桶でしたが今はステンレスの大きな樽で、水に麹菌の着いた米を合わせて、発酵させます。こんな大きな樽ですが、人手で、何度も撹拌して発酵を促進させます。

20190508165913854.jpg
日本酒やワインは適度なアルコール度になったところで、火入れをして出来上がり(=醸造酒)ですが、ウイスキーや焼酎などのお酒には、もう一手間蒸留の過程がはいります。こちらの工場では、今でも釜で火を焚いていました。

201905082038360a4.jpg
光って見づらいですが、モニターで瓶ごとの目視検品をしているところです。

20190508165913b07.jpg
製品の即売所には、一斗瓶がどーんと。60度を筆頭に、いろいろな度数の泡盛がありましたが、私は副産物であるもろみから作ったお酢だけ購入しました。

20190508170218f24.jpg
最後の写真は、プレゼンしていただいたパワポの一枚なのです。上が空、下が海、はわかりますよね? そして、真ん中の部分、これは与那国島から、天気の良い日に見える台湾なんです!

本当に台湾が近いでしょう!!




05/04
たんぱく質がいっぱいです。
こんばんは。昨晩東京に戻ってまいりましたが、もう少し与那国島情報を続けますね。

今日は、ある晩のホテル夕食をご紹介します。

20190504235848eeb.jpg
冷奴に乗せる薬味もいろいろありますが、お魚の佃煮が乗ってるのは珍しいでしょう?しかもすごくかわいい!

20190504235913781.jpg
お刺身は毎晩ついてましたが、中でもカジキは必ずはいってました。さすが、名物です。

2019050423582825a.jpg
ラフティーも小鉢で少し。豚肉も美味しいですが、添えてあるフキが、とても立派です。

20190504235849728.jpg
もずく酢は、今や日本中で食べられてますね。

2019050423591978a.jpg
本日のメイン、牛ステーキです。とっても柔らかいですが、味付けがかなり濃くて、ビールが進みます。

2019050500023340e.jpg
ゴーヤの和え物で、口直し。

20190505000235782.jpg
左手前は、ゴーヤのお漬物です。

とてもバラエティーに富んだ献立で、楽しくいただきましたが、たんぱく質の総量が多いですね。

04/29
たまには、シンガポール海鮮も。
こんばんは。平成も後1日。テレビは軒並み、皇室関連のプログラムが並んでますね。私自身は、ほとんどテレビを観ないのですが、流石にこういう時は、Tverでも覗いてみようかな。

連休3日目の記事は、お得な銀座ランチです。

2019042919275088e.jpg
有楽町駅からも、銀座一丁目駅からも便利なマロニエビルIにある、シンガポール・シーフード・リパブリックさん。11階でエレベーターを降りると、とてもそれらしい看板がすぐ目に付きます。

20190429192753208.jpg
看板下の生けすには、わたりガニがたくさん。ちょっと敷居の高そうなお店ですが、ランチバイキングは、1750円でいただけます。

201904291631254cb.jpg
まず目立つのは、シンガポールやマレーシアでは外せない、海南チキンライスのチキン。ここで、ライスもがっかりいってしまうと、お腹がすぐにいっぱいになってしまうので、要注意。

201904291927567d2.jpg
海鮮が売りのお店なので、エビ・あさりや魚のフライなど、皆とても良い味付けです。野菜もたっぷり。

20190429232606e2b.jpg
生けすにいたわたりガニも、シンガポールの味付けでたまらん濃厚さです。

20190429163126868.jpg
別カウンターで、麺料理もオーダーできます。写真はラクサヌードル。他に、汁なしのポーク入り麺も。

201904291927559c7.jpg
デザートテーブルも、バラエティーいっぱいです。現地へ行ったことのある方は、本場のミニチュア版のように感じるのでは、と思います。特に真ん中の、タピオカ入りココナッツミルク、いくらでも入ります。

通常のランチバイキングは、制限時間90分が多いのに、こちらは2時間なので、とてもゆっくりできます。




04/26
都心のベランダで、お好み焼きディナー。
こんばんは。肌寒い、小雨が降ったり止んだりのお天気。父が永遠に目を閉じてから丸3ヶ月の月命日は、もやっとした頭で、とても効率悪く過ぎていきました。

食レポが続いてしまいますが、記事の方は昨晩のお好み焼きディナーです。

20190426185620530.jpg
山手線の内側、湯島駅近くのマンション入り口で、6XXの部屋を呼びだしてオートロックを解錠してもらいます。が、エレベーターに乗ると五階までしかボタンがない?!ここを訪れる人は、最初必ず戸惑ってしまう、大将の料理会場です。昨夜は暑いけれど雨は降らず、絶好のベランダディナー日和となりました。

20190426185615a15.jpg
10分位前に到着すると、既に第一弾がホットプレートに載せられていて、一挙に気分が高揚!ところが、二台のホットプレートと、追加で点けた手元ランプで、過電流になったらしくブレーカーが落ちてしまい。。。一枚目と二枚目の写真の照度が違うのは、手元ランプを消したためです。

20190426185617c4d.jpg
お好み焼きを待つ間、酒盗とクリームチーズとからすみを合わせた、とてもおしゃれなおつまみで、乾杯!

20190426185622518.jpg 20190426185622c35.jpg
手元ランプを消したのて、もはやラベルは読めませんが、インドネシアのBINTANGと、シンガポールのSan Glia、二種類のビールが用意されていて、どちらも軽いので食べ物をとても引き立ててくれます。

20190426185619680.jpg
生地には山芋がたっぷりはいっているので、ふわっふわっなのですが、ここでお餅投入です。薄めのお餅は最終的に、パリパリに仕上がり、ふわふわとパリパリの絶妙な歯触りになりました。

20190426185619e91.jpg
海鮮のお好み焼きも焼いてもらい、かなり満腹感のきたところで、焼きそばのソースのいー匂い。まずいよねぇ。どうしても、食べちゃうよねぇ。

焼き上がりをみんなでシェアしながら、ワイワイガヤガヤ。間違いなく楽しい、ベランダディナーです。


04/23
イタリアは、ワインも料理もバラエティー豊富。
こんばんはー。いつの間にか、風邪気味になってしまった私。大した症状はないのですが、のどがとっても痒くてどうしてものど飴をひっきり無しになめてしまい、ちょっと胃が気持ち悪いです。

そんななか、今夜はイタリアワインと食事の勉強会に、行ってきました。

20190423223149743.jpg
イタリア全20州につき、ワインの特徴や名物料理を説明してくれる、とっても充実したプレゼンがありました。と、同時に聞きながら、空腹感半端ない状態に。待ちわびた最初のお料理は、青トマトとオレンジとモッツァレラのサラダ。

20190423223147e88.jpg
左が、ベネト州名産の発泡ワイン、プロセッコです。スプマンテ(発泡ワインの総称)は、甘口が多いのですが、プロセッコはキリッとしています。スイスから近いので、駐在時はよく飲んでいて、懐かしかったです。

201904232234251e3.jpg
二皿目は、カポナータ。フランスだと、ラタトゥイユというあれです。美味しく仕上げるコツは、先に炒めるとき、茄子に十分オイルを吸わせておくことだそうです。

20190423223428620.jpg
三皿目が、タイのアクアパッツァ。本来、全くの水煮で素材からでる旨味だけで食べる料理なのだとか。でも、日本のレストランでは、たいてい別に出汁を加えてますね。

20190423223149557.jpg
プロセッコを二杯飲んだので、白ワインはパスして、これはキャンティクラシコ。お馴染みのキャンティのなかでも、しっかり熟成させてあり、色も味わいも深みがありました。

2019042322342794e.jpg
赤に合わせるのは、やはりお肉。牛肉のたたきは、春らしくふきのとうのソースが効いていて、なかなか渋い味付けでした。

2019042322342717e.jpg
締めは、ゴルゴンゾーラのペンネ。ここでも、よく合う赤ワインを合わせてくれたのですが、胃が今一の私はパスして、キャンティクラシコを継続してました。

日本でイタリアンというと、ある程度こんな料理、という固定観念がありますが、実際は地方ごとにかなり特色があることがわかりました。個人的には、北のプロセッコに南のトマトと魚介料理を合わせたいですね❗️



Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.