FC2ブログ
01 * 2019/02 * 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
01/17
皆で、手作り肉まん。
こんばんはー。今日は昨日に引き続き、予定外の諸々で1日潰れてしまった私です。まあ、こんな日もあるよねぇ。

さあて、旅行記を昨日で終え、今日から通常記事。早速食べ物系でいきますね。

20190117170121a67.jpg
今回も、キッチハイク仲間10名で集まって、皮からの肉まん作りしてきました。生地を寝かせて、適度に発酵したら、肉まんひとつずつの大きさにカットして、丸めて伸ばします。

20190117193902f28.jpg
この日の肉餡には、醤を使ってます。 リーダーの提案で肉はひき肉でなく、豚こま。吉とでるか凶とでるか?

2019011717023449a.jpg
各自包み方は自由に、だったので、私はこんな感じに。と言っても、凄く柔らかい生地でなかなかコントロールがきかず、たまたまできた形です。

20190117170118740.jpg
皆それぞれで、面白い!

20190117170117d78.jpg
蒸しあがると、直径が1.3倍位に膨れるので、体積的には3乗して、2倍になってる勘定です。

201901171701238aa.jpg
はい、わたしのも蒸しあがり! 生地整形して、包んで食べるまで、せいぜい30分。めっちゃフレッシュな肉まんです。でも、肉餡はやっぱりひき肉良かったかな。。。

2019011717011902b.jpg
サイドディッシュは、豚しゃぶと水菜の甘酒醤ソースかけ。

20190117170236054.jpg
他にたっぷりの蒸し野菜には、納豆醤ソースをかけていただきました。

寒空にホカホカの肉まん、冬も悪くないですね。


01/03
お雑煮情報いろいろ。
こんにちはー。 新年3日目ですが、私ただ今成田空港におります。そして、今日は長距離移動日です。

お題は昨年12月に、日本各地のお雑煮を勉強しながら、何種類か試食する会に参加した時のレポートです。

201812300314118f4.jpeg
出身地によって、家庭で食べてきたお雑煮は、随分と違うようですね。 私の実家では、いつも3種類のお雑煮を、日を分けて作っていたので、両親それぞれの地方と、当時住んでいた場所の全部をカバーしていたようです。

20181230031414580.jpeg
最初の試食は、岩手宮古くるみ雑煮。 煮干し出汁で醤油仕立て。 焼いたお餅の他にも、具だくさんで、いくらまで乗ってました。

2018123003141102a.jpeg
くるみ雑煮と呼ばれる理由がこれです。別皿に用意されたくるみだれに、餅を取り出してつけて食べるんです。この日は、3種類の味のくるみだれがありましたが、個人的には甘めのがおいしかったかな。

20181230031406060.jpeg
追加情報として、岩手の人はすごーく餅好きなのだとか。 食べ方も、このプレゼンのごとく、数限りないようです。

20181230031406b13.jpeg
次の試食は、福島会津こづゆ雑煮。 この日は、お雑煮を持って外へ出かけよう、という趣旨もあって、次からの試食は小ぶりの魔法瓶で提供されました。最近の魔法瓶は、とても保温性が良いので、お餅が入っていても数時間なら大丈夫らしいです。

20181230031451e9c.jpeg
他にも3種類試食があったのですが、皆魔法瓶できたので、中身がわかるような写真が撮れずじまい。 東北地方しか、記事にならなかったですね。

人の移動が多い今日。 各地のお雑煮の特色も混じり合ったり、合体したりして、だんだん境がわかり難くなっていると思いますね。

12/31
寒さに打ち勝つ、肉パワー!
お早うございます。 今日もバタバタするので、朝からのブログアップです。

おとといの29日、肉の日に集合したキッチハイク仲間での夕食です。

20181230012717e1a.jpeg
この日主催者は、自身の誕生日が29日という、お肉命のルイさん。 集合場所へ着いた途端、豚肉の山が。

20181230012716b94.jpeg
隣には、白菜、エノキダケ、もやしも山盛り。

20181230012725069.jpeg
しばらくの共同作業の後、出来上がったのがこれ。 インスタで見た方も多いと思います。 最近流行りの肉タワー鍋!

20181230012726cb3.jpeg
鍋が煮えるまで、鳥唐揚げとハムカツでお腹を繋ぎます。 ハムカツって、自分ではあまり食べないけど、優秀なB級グルメですよね。

201812300127261b5.jpeg
そして鍋が煮え、ポン酢はもちろん、生コショウやタイ製の魚醤っぽい調味料など、いろいろな味で楽しみましたぁ。

20181230012727243.jpeg
締めは、鴨なんそば。 一足早い年越しそばをいただきました。

肉タワーは、あまり高く積まずに、ほどほどが良いですよ。 鍋に蓋ができないので、煮えにくいです。。。

さて、読者の皆様、今年一年お付き合いいただき、誠にありがとうございました。 どうぞ、良いお年をお迎え下さい。



12/24
Xmas Eveだから、手作りの握り?!
こんばんは。 東京はすごく風の強い1日でしたが、皆さん振替休日を有意義に過ごせましたか?

私は今朝、京都を早めに発ち、東京駅で山手線に乗り換えて、ある駅へ向かいました。

2018122422320701d.jpeg
これから年末に向かって、大混雑するここは、アメ横の南側の入り口、御徒町駅です。 改札の目の前に、もうそれらしい看板。

20181224223206215.jpeg
今日もキッチハイクの仲間が集まって、イヴだから敢えて、お寿司を自分で握って食べよう! という企画。 食べること好きだけど、ちょっと変わった人の集まり? それはさておき、炊きたてご飯に寿司酢を合わせるところから、早速調理開始です。 まずは巻き簀を使って、鉄火巻き作りのレクチャーを聞き、即各自実習。

20181224223205f52.jpeg
私、巻き簀は自分でも時々使うので、ここは問題なくクリアです。

201812242232109ba.jpeg
主催者さんが豊洲市場で仕入れてくれた、中トロ・シマアジ・キンメダイ・カツオ・タイ・ヒラメ、そして一仕事してあるシメサバ、とネタはふんだんに。

201812242232090c0.jpeg
いよいよ握るレクチャーですが、皆シロウトなのでバッチ処理を習いました。 先にシャリを、必要数作ってしまってから、ネタを載せて握る方法。 と聞くと、廻るお店の寿司ロボットと一緒のようですが、なんの、仕上がりは全然う! 廻っているのは、時々具が滑り落ちてきませんか? あれは、乗っけているだけで、握れていないからなんですよぉ。

201812242246111c0.jpeg
見栄えのするお皿を借りて、盛り込んだところ。 うー残念、もっと接写した写真で、しっかり握れている様子を残せば良かったぁ。ポイントは、なるべく手かずをかけないで、シャリと具を一体化させること、というのが自分でやってみて、よーくわかりました。

2018122422320812a.jpeg
お食事タイムには、刺身のたち落としに納豆と卵黄を混ぜた、バクダンも登場。 海苔でこれを巻いて、日本酒🍶と合わせたら、もう。。。

2018122422320685b.jpeg
締めには超豪華なカツオの土佐造りがどーーんと。日本はいいな、としみじみ思うイヴのランチでした。

面白いことに、この日のメンバーは私を含め、海外経験のある人が多かったんです。日本でのクリスマス行事に、ちょっと引けてしまうところがあるのかな。。。


12/18
今日はタイ料理の食レポです。
こんばんはー。 今日は少し寒さが緩んで動き易かった割には、あまり成果のないまま、1日が終わってしまいました。明日は、テキパキ行くぞう!

記事の方は、週末にキッチハイク仲間と行ってきた、タイ料理のお店をフィーチャーしますね。

20181218202025ea4.jpeg
都心も都心、恵比寿ガーデンプレイスの39階にあろお店は、窓から東京タワーとスカイツリーの両方が望めます。 が、残念ながら、私たちの行った日は雲が厚くて、肉眼ではまあ見えましたが、携帯カメラでは写真は無理でした。
まず前菜は、海老の上にマンゴーチャンクの乗ったフィンガーフード。 バイチャプーという葉っぱに乗っていて、そのまま食べます。

20181218202032eec.jpeg
最初の料理は、大定番グリーンパパイヤのサラダ。 結構スパイシーな味付けで、辛いのにあまり強くない人は、少し苦労してました。

201812182020309c4.jpeg
肉料理は、揚げたチキンでしたが、ココナッツカレーソースがとてもクリーミーで、絶対皆んな好きな味。

20181218202032716.jpeg
麺・飯料理は、6人いたので三種類を2人分ずつオーダーして、いろいろ試しました。まずはバッタイ、お米の麺で作った焼きそばですね。 酸っぱ辛いライムチリをかけて、とてもタイらしい風味の一品です。

20181218202032e74.jpeg
もう一つの麺は、バーミーヘン。 卵麺なので、汁なしラーメンパクチー乗せという感じですね。個人的にはインパクトが少なくて、あまり味が記憶に残っていない。。。

2018121820203251e.jpeg
ご飯ものはこちら。三種類のカレー食べ比べセット。 赤、緑、橙の三色カレーは、辛さが皆違います。 橙色は、カレー好きならば、ご飯なしでも食べられるくらいで、赤はご飯にたっぷりかけて丁度良い。残る緑は、ご飯の割合を多めにしないとつらいくらい辛かったです。

20181218202031271.jpeg
お口直しのデザートは、キウィとバナナが交互に合わさったアイスクリームと、ライチのシャーベット。 どちらも珍しいでしょう!

タイ料理の、甘・辛・酸っぱ、を久しぶりに楽しみました。 やはり多人数で行くと、いろいろシェアできてお得です。


Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.