FC2ブログ
09 * 2018/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
10/05
季節の和菓子づくり。
こんにちは。東京地方に台風25号の直撃はなさそうですが、すっきりしない天気です。北海道では、また地震あったし、気が休まりませんね。

と言いながら今日もお気楽に、昨日に続いて秋らしい食べ物記事を。

201810041608186d7.jpg
季節の和菓子づくり。お題は、桔梗です。また練りきりなので、外側の餅餡を桔梗っぽい色に染めます。途中の様子、ブルーベリーのアイスクリームみたいですね。

20181004161348d03.jpg
せっかくなので、薄紫は
濃淡二色に染分けしてみました。

20181004160701106.jpg
途中両手を使うので、写真飛びましたが、中に黒餡を入れ芯に白い部分を足し、五角形ぽい形にします。もうだいぶ桔梗な感じでしょう?

201810041608510b6.jpg
真ん中に、黄色の蕊をさして完成。いつもの様にできが今一つのもので、試食します。

2018100416074605e.jpg
割ったところ、なかの黒餡も真ん中に収まってますね。

20181004160721836.jpg
シロオト作品でも、こういう容器に入れると、ほとんど売り物に見える?、かな。

さて、次の冬の和菓子の季節もあっという間に来てしまいそうですね。

10/04
秋の味覚いろいろ、日本はやっぱり最高!
次の台風の進路が気になりますが、季節は確実に秋! 旬の野菜類が続々と、店頭に並びます。

ちょっと言いづらいのですが、時々ブログに登場するおもてなし料理のお話、実はこれもしきたりを勉強する、スクーリングからの記事なんです!

20181003193914c30.jpeg
今回は秋のおもてなし料理をご紹介。 季節のきのこやお野菜満載で、これまでの記事と比べても、明らかに豪華。

20181003193915499.jpeg
まずメインのお皿。 綺麗な薄ピンクのサーモンは、中にしいたけが巻き込んであって、とってもジューシーです。 黄色いさらさ焼きは、厚焼き卵の中にキクラゲ・ 人参・グリーンピースなど野菜がいっぱい隠れていて、扇型のごはんもご覧の通り、しめじたっぷりのきのこご飯です。

20181003193915d04.jpeg
そして、向付になんと松茸! もちろんほんの少しですけども、初物を摂取することに、大きな意味があります。

20181003193910cdc.jpeg
こちらのお椀、とても食べでがありました。 萩真蒸という名前も秋らしく、白身魚のすり身に銀杏と小豆が練りこんである逸品です。 エノキ茸の食感もとても心地よいです。

20181003194205a49.jpeg
と、いろいろご馳走がある中で、マイナンバーワンはこれでしたね。 秋茄子!! 今風に言って、ヤバイです。

201810031939158ae.jpeg
甘味も、しっかり栗きんとん。 混じりっ気なしで、お茶がないと喉に詰まる位濃厚です。

2018100319391238c.jpeg
はい、最後はお薄をいただいて、おもてなしの実習終了です。

もちろん、この後しっかり座学の勉強がありまーす。


10/03
変わった果実酒がいっぱい。
第四四半期、3日目ですが、今日はスケジュールが立て込んでおります。

お気軽な記事になりますが、こご容赦のほど。

201810022223049eb.jpg
今回の珍しい果実酒トップバッターは、かぼちゃ! 奈良県吉野の、北岡本店さんのお酒で、アルコール分9%。 すごく濁っていて、ほっておくと直ぐにかぼちゃ分が底に溜まってしまいます。

20181002222308567.jpg
二つ目は、ラベルが全然読めませんが、ラフランス、洋梨のお酒! これも北岡本店さんで、アルコール分9%。 果汁が20%なので、きっととても良い香りだと思います。

20181002222309ec9.jpg
次は、徳島県から、本場すだちのお酒です。 アルコール分8%。 果汁6%だけど、すだちだから十分主張するはず。

20181002222302bd2.jpg
最後は、やはり徳島県から、なると金時焼き芋リキュール! アルコール分8%の醸造酒だけど、ちょっといも焼酎っぽいのかな?

20181002222300b86.jpg
そして、全員での集合写真でーす。

ちょっと困るのは、こういう珍しいのが集まると、いつ開封しようか決断できないことです。


10/02
ハワイの神話を伝えるフラ。
皆さん、こんにちは。台風が去ったと思ったら、昨日はいっぺんに暑さがぶり返すし、なかなか着る物の調整が大変ですね。

9月30日の記事で、現在芸術系の勉強をしているとオープンにしてしまいましたので、これからは授業からの記事であれば、ちゃんとそのように書きたいと思います。 ということで、早速最近のスクーリングから。 ハワイには18世紀まで文字がなかったので、神話も人々の歴史もフラダンスに託して、伝承されてきたという内容の授業。 座学と共にフラの実演、実習もあって楽しく運動してきました。

2018100201100452d.jpeg
本来のフラには、ウクレレのようなメロディー楽器の伴奏はつきません。 もっぱらこの、イプというひょうたん型の太鼓がリズムを刻みます。上に穴があいていて共鳴し、底で床を叩いたり、横を手で叩きます。

201810020110058b4.jpeg
お花の豊富なところですから、首に下げるレイは生のお花。 この贅沢なレイはバラの花だけを200個位使って、穏やかな香りが漂います。

201810020110015fe.jpeg
こちらはリンドウの蕾だけを、縦に繋げたレイ。 ハワイ諸島でも、日本の県の花のように、島ごとの花や色が決まっているそうです。

20181002011005d00.jpeg
こちらもリンドウっぽい花ですが、横に繋げているレイです。 なかなか難しそう。。。

20181002011001d95.jpeg
正式な踊りの時、手足につける腕輪とアンクレット。 本物のククイナッツの殻でできているので、力を入れると直ぐに割れてしまいます。

20181002011001346.png
歴史を感じながらフラの体験をすることも授業の一環でした。 が、とてもここへ自分の様子を載せる状況でないので、先生とアシスタントさんのワンショットだけ。

文字が近世までなかった文化は、インカもそうですが、ものすごく人間同士が理解し合えて初めて成立しただろうな、と思える私です。



10/01
日本のぶどう、どんどん甘くなりますね〜。
凄い台風でしたね。 我が家は大規模集合住宅の一室なので、建物がやられることはないと思いながらも、サッシ面が多いので、ガラスをぶち破られたら大変!と心配で、朝方まで眠れませんでした。。。 読者の皆さん、何事もなかったでしょうか?

さて、今年も第四四半期に突入ですが、 今日の記事は爽やかに、季節の果物でいきますね。

20181001181123c9f.jpeg
これまでも、南国果実や桃の食べ比べイベントをアップしましたが、今回はぶどうでした。

2018100118112042e.jpeg
このとおり、カップそれぞれに産地と品種のラベルが貼ってあって、一粒ずつとはいえ、大粒なので全部食べるとかなりのボリュームです。

20181001181122afa.jpeg
山梨県、長野県、岡山県、大分県からの選りすぐりぶどう達ですが、ごらんの通りシャインマスカットが、幅をきかせています。

20181001181117e24.jpeg
ぶどうイベントの良いところは、ワインの試飲もあること! 全体的に、私にはちょっと甘口でしたけど。。。

20181001181120457.jpeg
皮の薄い、ナガノパープルとシャインマスカットを使ったサンドイッチと、コールドプレスしたジュースもいただけて、産地の皆さんのプレゼンが始まる前に、もう満腹です。

20181001182448165.jpeg
こちらの、かわいいカナッペは、見つけた時にはもう売切れだったので、写真だけ。

201810011824497a0.jpeg
ちなみに、上の写真でも目立っている大分県の巨大なシャインマスカットは、こんな大きさです!

日本の農業輸出額が増加しているそうです。 世界の誰だって、こんなに美味しい日本のフルーツはやみつきになりますよね。

09/30
とうとう、この日が来たかぁ!
台風24号、かなり脅威です。 うちの周りは先ほどから、ちょっと晴れ間が見えてますが、嵐の前の静けさですね。 東海道新幹線も全休したし、皆さん十分な対策をしましょうね。

という落ち着かない日ですが、実は今日の記事は、ブログを始めた時から今日載せようと決めていたものです。

20180930114912cfc.jpeg
このオブジェの場所、わかる方おいででしょうか? 京都市のわりと北の方です。

201809301138536e8.jpeg
階段を上がったところにも、こんなオブジェ。

20180930113903dd3.jpeg
いずれも、こちら京都造形芸術大学構内のショットです。はい、実は私、昨年10月からここの学生をしておりまーす! 京都や大阪に、野暮用と称して頻繁に通っているのは、スクーリング授業へ参加のためでしたぁ。

仕事の現役を退いた後、これからどうするの?とたくさんの方に尋ねられました。 が、外資系のマネジメントから、芸術大学の学生というギャップは、挫折せずに行けるかどうか、自分の意思とはいえ十分な自信がなかった。。。 そこで、最初の一年を無事に完うできたら、この場で公表しようと決めてました。 これまでの記事のいくつかは、スクーリングを題材にしています。 例えば、

20180930113904068.jpeg
3月20日のロクロ作業の記事は、スクーリングの一環でした。記事の後に、学校の方で乾燥させて焼いていただきました。 先生に初心者は六割位割れるから、と散々脅されてましたが、写真の通り無事な姿で手元に。 単位も無事に取れましたよ。

20180930113855cd4.jpeg
他に陶芸関連では、7月 22日に上絵の記事をアップしましたよね。 こちらも焼きあがってきました。 記事は古九谷でしたが、この写真は柿右衛門風。岩絵具は、焼く前の色と焼き上がりが全然違うので、それなりの仕上がりにほっとしています。

明日から2年生! ここまでは予定通り単位をとり進んでますが、だんだん大変になるはずです。 これを機に、中途半端にならないよう、改めて自分を律していこうと覚悟する私です。


09/29
日本刺繍にも、いろいろあります。
こんにちは。 またまた大型台風ですね〜。 予定では、今頃富山にいるはずだったのですが。。。 今日明日2日の予定で、農場歩きなんかもある第六次産業のお話を聞きに行くはずだったのですが、中止になりました。 自然には勝てませんからねー。

ということで、撮りためた写真 in 京都からの記事で失礼しまーす。

201809291533561c0.jpeg
とっても綺麗でしょう? 京刺繍に使う色とりどりの絹糸です。正式には京繍(きょうぬい)と呼ぶそうですが、古くは聖徳太子が被ってた、冠などにもほどこされています。

201809291533511b4.jpeg
使用する針も太さ長さの違いで、たくさんの種類がありますが、繊細な構図になるほど、細ーい針が必要になります。

20180929153355548.jpeg
初心者なので、席につくと既に刺繍する布が張ってあり、下絵も描かれていました。この写真で上下を竹で張っているのわかります? 普通の刺繍だと、丸い枠を使いますよね。 ここでは先に針のついた竹で、着物を洗い張りするときの要領で張ってあります。

20180929153350657.jpeg
いよいよ、刺繍開始。先生いわく、面をうめるときは、すべての繍い目を横糸と平行にしないといけない。って、すごくむつかしいんですけど。 例えばダイヤ型を繍うとしたら、右端の先っぽに点を縫うとこから始めないとなりません。

20180929153347d66.jpeg
この日刺繍しているのは、地味な色の袱紗です。 刺繍の色は自分で選べますが、不祝儀用なので刺繍もなるべく抑え気味にします。 光源の違いで布の写真が違ってみえますが、この紫が本来です。

201809291533426da.jpeg
翌日は、嬉しいことにご祝儀用の袱紗。 ガラッと変わって、綺麗な色をいっぱい使えます。 ちょっと変わった構図傘ですが、昔の高貴な女性が外出するときの、顔を隠す薄布が付いた傘で、その布を巻き上げたところです。

やっと少し面白くなってきたところで、2日間のレッスンが終わってしまったので、また来ることにしました。


09/28
お豆腐料理屋さんには、外国人がいっぱい。
こんにちはぁ。 久々の秋晴れです! ちょっと暑いけど、とっても気持ち良く過ごせる日ですね。

ここにもよく紹介しているとおり、キッチハイクさんの食事会に参加するようになってから、少しカロリー取りすぎ感のある私。 先日は、なるべくヘルシーな食材をと意識して、お豆腐専門店での会に参加しました。

201809281644428f6.jpeg
渋谷駅から線路沿いの、今まで通ったことのない細い道を辿って到着したのは、空野という豆腐料理屋さん、入り口近くにはテラス席があって、和風だけどとってもオープンな雰囲気です。

20180928164452ce0.jpeg
早速の前菜は、はい、期待通りのヘルシー三点盛り。 アボカド豆腐、生湯葉におから。 これに豆乳抹茶のカクテルを合わせたので、大豆まみれのスタートです。

2018092816445479f.jpeg
と、安心していたら、ふた皿目めがまさかのサーモンいくらがけ! でも、周りを見回して納得です。 こちらのお店、外国人客比率がとっても高い! やはり外国人には動物タンパク質が必要なのでしょう。

20180928164454264.jpeg
三皿目に、お揚げのねぎ味噌載せがきたので、よーし元のペースに戻った!

20180928163148398.png
そして、メイン、出来立てをいただく朧豆腐。 卓上でしばらく火入れして、はふはふしながらいただきます。 基本、そのままかお塩だけでいただきますが、大豆のじんわりとした甘さが沁みてきます。

この後、少量の天ぷらと普通サイズのサバ味噌煮がきたのですが、ここでは省略。

20180928164618dbc.jpeg
七品目は、まさかのローストビーフでした! が、かかっている豆腐ドレッシングが、お肉ととっても合っていて、グッド!

20180928164620796.jpeg
もう一品、鳥料理がきてから、締めのあんかけ湯葉ごはんです。 あまりこれまで、ごはんにあんをかける食文化とは縁がなかった私ですが、この湯葉ごはんにあんは必須ですね。

201809281646211f1.jpeg
デザートも、豆乳を使った二品で、あっさりといただきました。

写真を載せていない料理が三皿もあるので、想像いただけると思いますが、超満腹の夕食でした!


09/27
雨模様のフルーツ公園、その3。
こんばんは。 今日は行きつけのデンタルラウンジで、メンテナンスの日でした。血液クレンジングと高濃度ビタミンCの摂取もして、免疫力バッチリです。

さて、遅くなりましたが今日で昨日一昨日の記事を締めましょう。

20180927225841b3b.jpeg
フルーツ公園の花壇は、それなりにきれいに整備されていたのですが、私は露地に咲いているこちらの花のほうに、目が行きました。 季節ですね、ヒガンバナ。

2018092722584122e.jpeg
接写してみましたが、雨で色が抜けてしまっていますね。

201809272258405fa.jpeg
公園と周辺施設を一回りして、そろそろ遅めの昼ご飯。 山梨といえばほうとうなんですが、さっきのフルーツパフェがきいていて、軽いものしか入らない。。。 で車を止めたのは、ちょっと良い感じのお蕎麦屋さんです。

2018092722583388d.jpeg
あっさりとおろし蕎麦、のつもりが勢いで、大エビ天おろし蕎麦を頼んでしまいました。 天ぷらで蕎麦が見えない。。。 因みに、後ろのビールはオールフリーですので、 念のため。

20180927225840ae5.jpeg
帰りの高速に乗る前に買ったお土産はこちら。ワインを発酵させたぶどう酢(ワインビネガー)と、コレステロールゼロのグレープシードオイルでした。

今回忘れましたが、次の機会に愛車もご紹介しますね。 ちっとも私らしくない車なんですよぉ。


09/26
雨模様のフルーツ公園、その2。
うーーん、今日も雨。 なんとなく、物哀しさを感じる。。。秋ですねぇ。

でもって、記事の方は昨日の続きです。

20180926075750b47.jpeg
笛吹川フルーツ公園のあるあたりは、山梨県の中でもぶどうの大産地なので、公園の中にもぶどうやワイン関連の展示がいろいろあります。 これは、西アジア原産のぶどうが、どういう経路で世界に広がったかを表すフリップです。

20180926075744694.jpeg
ワインづくりが手作業だったころの、果汁を絞る装置。

20180926075754449.jpeg
ワインを入れたびんにコルクの栓をする装置。 因みに、いまの技術では、コルク栓より回して開ける普通のキャップの方が、密閉性が良いそうです。

20180926075757544.jpeg
雨の中の移動で疲れたので、景色の良いことで評判のレストランへ。 と言っても、外はほとんど真っ白で写真撮れないので、被写体はハロウィンかぼちゃに変更。

201809260757550de.jpeg
そして、オーダーしたのはこれ。 フルーツ公園で採れる果物満載のパフェ!

雨で人出も少なく、とてもリラックスできたティータイムでした。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.