FC2ブログ
12 * 2020/01 * 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
01/18
ハワイアンな手作り品。
こんばんは。東京地方、予告どおり若干の雪になりました。都会はちょっとした雪でも、直ぐトラブルに結びつくので、皆さん注意しましょう!

今日もちょっとしたワークショップに行ってましたので、ご紹介しましょう。

202001182112470dc.jpg
HISのハワイ専門部門、レアレアハワイアンビレッジさんで、今回あったのは貝殻でリングピローを作る会です。一番核になる貝殻には、あらかじめヒトデをセットして、真っ白に仕上げてあります。

2020011821124832c.jpg
リングピロー=指輪置きなので、貝殻の中にいれるクッションを先ず作ります。白やブルー、光沢のあるなし、など布を選ばないとなりませんが、初めてなので出来上がりの想像があまりできないです。

20200118211249e6e.jpg
最終的に、私の選択は光沢のあるブルーの生地でした。思い通り、光を反射して豪華なのですが、光沢のある布は滑ってしまって、このあとの作業がなかなか大変。ともかくもピローを縫って中に綿を詰めたところです。

20200118211251fee.jpg
新婚のカップルに贈ったりする場合が多いので、こてこてにハワイっぽくデコレーションしていきます。普段和風なものを作ることが多い私には、ちょっと切り替えが必要です。が、やっているとどんどんもりもりになっていきます。

202001182140071ea.jpg
立っている貝殻の裏側も、リボンを変わり結びにして、造花も付けてもりもりです。なかなかバックシャンでしょう🎵

2020011821400845f.jpg
ほぼ仕上がった状態です。一体指輪はどこに置く? と思われた方おいででしょうね。答えは、一週間程度このまま乾かし、しっかり付いた後、リボンの輪の部分を立てた状態で、ボンドで固め棒状にしまーす。

感想として、普段多い和風の細工とは、デザインを考える時に使う脳の場所が、少し違ったように思います。



01/17
しらすをたくさんいただきました。
こんばんは。東京も、夜中雪になる予報が昨日からでていたものの、昼間はあまり実感がなかったのですが、さすがにだんだん気温が下がってきました。

さて、話題の方は昨晩あった、愛媛県佐多岬のイベントです。

202001172132086b3.jpg
佐多岬は愛媛県の北西部分の細ーい半島の先端です。日本でも指折りの、しらすの水揚げがあるそうです。会場では、まず白メシに、生と釜揚げの二種類のしらすを、たっぷりとのせていただきます。

202001172211172a2.jpg
そして、お料理のスタートは、愛媛地元野菜を詰め込んだサラダ。もちろんしらすもたっぷりとのっていて、ドライのみかんとみかん果汁が、とても爽やかです。

20200117213209724.jpg
フェリーで90分で、九州の大分県へ渡れる場所で、色々なお魚が揚がります。このピンチョスは、アジの魚肉ソーセージをフライにして、チーズと合わせてあります。すごく美味しいです。

2020011721354042a.jpg
こちらも、とっても美味しかった、しらすのブルスケッタ。しらすはオリーブオイルとニンニクで、アヒージョにしてあります。

20200117213542567.jpg
この日は、愛媛県から5-6人の漁業関係者が来ていましたが、実は献立はキッチハイクの有名クックさんが、関東流(?)に組んだものでした。次は、下町名物のおいなりさんのしらすのせです。

20200117213543486.jpg
おいなりさんも、生しらすと釜揚げしらすの二種類。基本的に私は生の方が好きですが、おいなりさんには釜揚げの方が合うようです。

2020011721354462e.jpg
季節のぶりもたっぷりと提供されました。お刺身で食べられる鮮度ですが、あえてバーナーで炙って、脂を少し落としていただきます。

20200117213609305.jpg
アカモクという海藻ご存じですか? 以前は漁の邪魔もの扱いされていた海藻ですが、数年前花粉症に効くと発表になって以来、大人気だそうです。そのアカモクがたっぷりはいった味噌汁は、四国風に甘味の強いお味噌で仕上げてます。

202001172136100b0.jpg
〆はみかんのチーズケーキ。ドライみかんにちょっと苦味があり、自然の味でケーキとよく合いました。

普段から我が家はしらすを冷蔵庫に常備していて、納豆に混ぜたり、アボカドと混ぜたり、冷奴にのせたりで、週に三度位食しております。


01/16
ボタニカルワックスをやってみた。
こんばんは。明日明後日は、東京も少し雪模様になるようです。量が少なくても、路面凍結が心配ですね。

さて、昨晩は今年最初の、お花屋さんでのワークショップに参加しました。

20200116210919bc8.jpg
何度かご紹介してますが、日比谷の東京ミッドタウン内にある、ビアンカバーネットさんが会場。

202001162109193dc.jpg
作業場所には、様々の小振りなドライフラワーが、たくさん用意されていて、一挙に気分が上がります。

202001162109139ee.jpg
まず、自分で使いたいピースを、適量ずつ手元に集めます。

20200116210911232.jpg
今日作るのは、ボタニカルワックス。フレーム内に小花類をロウで閉じ込める装飾アートです。サンプルのかけらを見ると、厚み6-7mm程度がロウでカバーされるようです。

20200116210901af3.jpg
つぎに、フレームの大きさに合わせて、集めたピースの配置をデザインしていきます。私は、全体に散らす感じを目指しましたが、ドーナツのように中心を空けて円に配置したり、逆に真ん中だけにこんもり配置したり、人それぞれです。

20200116210911c19.jpg
いよいよ本番の木枠に、溶かしたロウを流し込み、デザインどおりピースを並べていきます。溶けたロウは透明ですが、時間の経過と共に白く凝固していくので、時間との戦いになります。

20200116210911992.jpg
完全に固まって、立て掛けたところです。実はロウには、好みのアロマを混ぜてあり、目からだけでなく鼻でも楽しめるアートになっています。

想像以上の仕上がりで嬉しかった一方、もう何度かチャレンジしてより思いどおりに作ってみたいです。




01/15
寿司前つまみ、堪能しました。
こんばんは。珍しく、グダグダと小雨の降り続いた東京地方。デッサンの授業に出ていた学友が、暗くてとても苦労したと、ぼやいてました。今日自然光に頼っての作業は、大変だったと思います。

えっと、記事はお気楽に週末の新年会メニューです。

202001151733437d4.jpg
江戸前寿司の本格修業をしたけれど、別の仕事をしている知人が主催する新年会は、スパークリング生酒水芭蕉での乾杯で始まりました。

2020011517334454e.jpg
続いて別のお酒?ではなくて、食前に胃を温めるための、しじみ汁です。めちゃくちゃ濃い出しがでていて、本当に内蔵に染み渡ります。

202001151733464f3.jpg
最初のおつまみは、タコの明石煮! ちょっと江戸前から外れる感じですが、お正月には欠かせない一品ですよね。

202001151733471ac.jpg
次のちょっと不思議な格好のものは、なーんとあん肝でした! 外側をほんの軽く炙ってあって、香ばしまったり感が、なんとも言えません。

20200115173349f62.jpg
つまみの定番カラスミは、自家製とのことで、乾き過ぎず湿り過ぎずの、ちょうど良いねっとり感。塩気を和らげるために、大根に挟んだバランスが絶妙です。

202001151735246a3.jpg
痛風系の食材が続くねぇ、という仲間からの声に、ちょっと一休みの刺身盛り。〆鯖、昆布〆たら、煮あわびというトリオです。江戸前だから、みんな手を加えてありますね。

20200115173525966.jpg
続いて来たのは、軽く湯通ししたブリ!今旬で、とても脂がのってますが、料理がたくさんあるときは、少し脂落とした方が、あっさりして食べやすいです。

20200115173636ac3.jpg
そして、寿司前最後のおつまみが、痛風系の極みとも言える、雲子。タラの白子ですが、この日は丸ごと仕入れたタラから、直前に取り出したものなので、すっごく新鮮でした。

まったくもって、日本は食材が豊富ですね😃


01/14
発酵食品のブームは続く。
こんばんは。今日は今年初授業の日でしたが、やはり気持ちが一度にしゃんとしますね。

記事の方は、最近参加してきた菌活ワークショップについて。

2020011412272758c.jpg
フィーチャーされたのは、こちら豆味噌です。米味噌も麦味噌も、材料は大豆ですが使う麹の種類によって、名前が変わります。豆味噌は大豆を豆麹で発酵させますが、八丁味噌は、その豆味噌の一ブランドになります。

20200114122726114.jpg
最初の30分は、酵母菌が働くと大豆にどんな変化が起こり、それが私たちの体にどんな効果をもたらすか、のとても分かりやすいレクチャーが。でも、そこは非公開なので、実技の部分だけのご紹介です。

20200114122728ec3.jpg
この日のメニューは、キーマカレー。ニンニク・ローリエ等を極少量の油で炒めて香りをたて、細かく切ったタマネギを入れてしんなりしたら、ニンジン・しめじと順番に加えます。

20200114122730173.jpg
実はこの日テレビの取材が入っていて、「XXXを投入するところ撮りたいので、都度教えて下さい。」との依頼があり、時々ストップモーションの入る工程でした。この時点では、合挽き肉と八丁味噌を含むカレー香辛料投入済みです。

202001141227334a5.jpg
最後に甘麹とピーマンを加えて、もう一炒めし、仕上げにカイエンペッパーで辛味を調整して、出来上がり!煮込まないので、野菜を切る手間を入れても、30分位でできてしまいます。

202001141227316bd.jpg
甘酒とヨーグルトと牛乳に果汁を合わせた、甘酒ラッシーも一緒に。出来上がったキーマカレーは、ピタパンの中に詰め込んでいただきました!

テレビ録画ではインタビューもちょっとあったけど、果たしてオンエアされるか否か?


01/13
動き出したばかりの都内の風景。
こんばんは。東京地方、気温の上がった成人の日でした。私は、明日が今年初授業なので、少しばかりギアを入れ換え、テキスト類に久しぶりに目を通してました。

一昨日とその前日に、東京湾クルーズをお伝えしましたが、そのときの陸上での写真もたまっているので、今日はそのいくつかのご紹介です。

2020011322224192f.jpg
1月10日の、オリンピック施設を海から見る、というツアーは東京駅丸の内北口が起点でした。普段急いでいると、天井を見上げたりしないですが、この日はじっくりとクラシックな内装を観察できました。

20200113222242fc4.jpg
出発してすぐ、皇居のお堀にでます。二重橋あたりの松並木は、皇居一般参賀の中継でもよく見ますね。

202001132221285aa.jpg
こちらは、井伊直弼暗殺の舞台になった、桜田門をちょうど出たところ。ご存知のとおり、この反対側にドラマによく出る警視庁のビルがあります。私も一度だけ無犯罪証明書、というのを取りに行ったことがあったなぁ😅

20200113222243ce8.jpg
少し走ると、国会議事堂に至りますが、この写真は議事堂前で左折後の、衆議院側のショットです。街路樹のいちょうは、完全に葉を落としてますが、議事堂内には47都道府県全てからの樹が、植えられているそうです。

2020011322224298d.jpg
新橋一丁目の交差点を過ぎると、最近の高層ビルプロジェクトですっかり建物に飲み込まれた、金比羅さんの鳥居が。数十年前、勤務先が近かった頃は、普通の鳥居だったし、お社も見えてましたけどねぇ。。。

2020011322224079d.jpg
そして、肝心の新国立競技場。デザインの再募集とか、いろいろすったもんだしましたが、昨年末には稼働始めましたね。隅研吾氏のデザインになりますが、同調性を考えてのことか、

2020011322224333d.jpg
選手村の一角にも、隅氏の大型オブジェが据えられていました。鉄骨と木材だけを使用し、解体移設が簡単でリユースを意識した構造だそうです。

01/12
新しい技、体験しました。
こんばんは。 今年も早12日、そろそろ通常モードに戻らないといけませんね。

さて、記事の方は、昨日体験してきた初めてのワークショップです。

20200112181549f86.jpg
これだけ見ても何だかわかりませんよね。訪れた先は、天王洲アイルからほど近くの、ピグマンという画材屋さんでした。そこで催されたのは、金属箔のワークショップ!です。珍しいでしょう。

20200112181547055.jpg
みてのとおり、主催者側で用意してくれている下絵を使って、箔押しで絵を描いていきます。取りあえずは、お月様を箔押しする準備として、接着剤を絵筆で塗っていきます。

20200112181546862.jpg
この日は、割りと扱い易いアルミ箔を使って、先ほど糊を載せたお月様を描き、乾くのを待つ間、惑星をイメージした小さな箔を置いていきます。小さな箔は、パンチを使って抜いて作りましたよ。

20200112181548980.jpg
最後は蒔絵のように、極小さい金属片を散らすのですが、この筒はその道具です。

20200112181544f6e.jpg
筒底が網目になっていて、その目の荒さで出てくる金属片の大きさが違ってきます。

20200112181545792.jpg
仕上げには、この日は金属片金粉も混ぜて、天の川的な感じを出します。

和菓子作りで、金粉はよく使いますが、描くという使い方は新鮮でした。


01/11
着々と進む準備。
こんばんは。それにしても、あまり冷えない東京地方です。極寒時期用のコートやブーツは、全然出番がありません。

さてさて、昨日の東京湾クルーズ、その目的をお知らせしましょうね。

2020011122370120c.jpg
これはまだバスで新豊洲橋を渡っているところですが、向こう岸に見えるのは、オリンピックの選手村なんです。終わった後は、普通の住宅として販売される予定のあれです。

2020011122435422b.jpg
それを、海上から撮るとこんな感じです。高層のものでなく、中層の建物が今回の選手村です。終了後の備品撤去を容易にするため、例えばベッドは特殊なボール紙製なのだとか。

20200111223710ae9.jpg
突貫工事真っ最中のこちらは、自転車競技の会場だそうです。

20200111223709baa.jpg
すぐとなりの、体操会場はもう完成しています。

202001112237109d5.jpg
更にとなりの水泳会場は、アーティスティックスイミングなどに使われます。

20200111223708327.jpg
このあたりは、ビーチバレーの会場になるそうですが、まだまだこれからの感じですね。

202001112237099fd.jpg
この建物と水際も突貫工事中。新しい大さん橋です。船の大型化が世界的に進み、現存の桟橋では接岸できない船も増えたとのこと。オリンピックまでに、大型船をそのまま東京に横付けする準備が進んでいます。

それにしても、保釈中の人が海外逃亡できてしまう現実を思うと、器より安全面が心配ではあります。


01/10
好天の東京湾模様。
こんばんは。本日は東京都内をあちこち見学してまわってきました。夕飯も済ませて帰宅後、バッタリと寝落ちし先ほどあわてて、ブログに取りかかりました💦

何をしに行ったか、ハイライトは明日の記事に譲るとして、今日は東京湾のショットをいくつか。

20200110224317ce7.jpg
モノレールで天王洲アイルには何度か行ってますが、天王洲の運河から小型船のクルーズが出ているのは、始めて知りました。小さいけど、ピア(桟橋)と表示された船着き場です。

20200110224316759.jpg
とても良い天気で、水面がキラッキラ。冬空に風を切って走るので、かなり寒いですが、せっかくなので、良い写真が撮れるよう、ずっと甲板で頑張ってました。

20200110224256854.jpg
運河では、水位の調整のために、何ヵ所も水門が設置されています。

20200110224314474.jpg
やがて、湾にでてレインボーブリッジをくぐります。さすがに、波が荒くなり、風も強くなり、甲板に留まっているのはなかなか大変です。

202001102242505fc.jpg
輸出入の荷捌きに欠かせない、ガントリークレーンがずらっと並んだ大井埠頭。今日はあまり船がいなかったので、はね上がったクレーンが多く、キリンが整列しているようですね。

20200110224248af5.jpg
わぁ、これがうわさの恐竜ブリッジ。昨年開通した東京ゲートブリッジです。この個性的な形は、羽田空港が近いためあまり橋脚を高くできない一方で、あまり低くしては大型船が通れない、という両方の条件を満たすための工夫だそうです。

20200110224247ff7.jpg
帰路では、カモメが集団で船に伴走してきて、ガラス越しながら躍動感のあるショットが撮れました!

では、明日の記事で何をしに東京湾に出かけたか、お知らせしますね。


01/09
今年のキッチハイク始め。
こんばんは。今日は15度まで気温が上がった東京地方。外出には、いつもより薄いコートで出かけました。

さて、記事の方は昨晩出かけた、今年初のキッチハイクワークショップでまいります。

202001091519180f0.jpg
出かけた先は錦糸町駅あたり。いつも自宅で一時間以内に焼けるパンを紹介してくれるYukoさん宅です。この日のお題は、編み込みパン。生地は強力粉・ドライイースト・砂糖・牛乳・全卵少々に・無塩バター少々です。

20200109151919873.jpg
生地を寝かせている間に、挟み込むチョコレートスプレッドの用意です。クーベルチュール・チョコレートを湯煎で溶かし、牛乳を加えて混ぜてから、割りとたっぷりのバターを投入すると、一挙に全体が艶々に。

20200109151855571.jpg
発酵した記事を長方形に伸ばし、チョコレートスプレッドを薄く塗り、これを長い辺から巻きます。

202001091518310b7.jpg
巻き上がったら、長手方向に半分に切り分けます。

20200109151833702.jpg
上で切った断面を上にして、竹籠を編む要領で記事を編み込んでいきます。楽しい作業ですが、生地がすごーく柔らかいので、なかなか難しいです。

20200109151831e61.jpg
取りあえず仕上がったのが、こんな感じです。けっこうボリューミーですが、ちゃんと焼けるのだろうか?とちょっと不安です。

20200109151831342.jpg
表面にとき卵を塗ってから、20分オーブンで焼いたらこうなりましたよ。けっこう良いできでしょう?

短時間でできるし、見映えも良いので、定番にしようと思います。



Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.