05 * 2018/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
01/19
早速トラブル発生、でもさして驚かない自分に驚く。
はい、皆さん今日も覗いていただいて、ありがとうございます。

昨晩はANAのラウンジにいましたが、実際に乗ったのはこちらの航空会社でした。
NZ国際線
ニュージーランド航空。 4年連続でエアライン・オブ・ザ・イヤーを受賞している、評判の良い会社ですが、そういうことと関係なく、以前から個人的に好きなエアラインです。 最近はどのエアラインも、ビジネスクラスに工夫を凝らしてますが、この会社は相当早くから、今のユニークな座席を採用してます。
NZ座席
人の姿が入らないように撮ったら、ちょっとわかりづらかったでしょうか。 窓を背にして斜めに各座席が配置されてます。 各人通路に足を向けて、斜めに座るということです。 窓側は一人掛け、中央は二人掛けですが、並んで座るのでなく、お互い顔は近くにあるけど、足はそっぽを向くような隣同士になります。 二人連れでも、窓側を縦で二席取るのがベスト。 寝る時は、背もたれを座面まで前倒しにして、フルフラットになります。 

到着したのは、
オークランド空港 オークランド空から
曇天のオークランド。 ニュージーランドの北島になりますが、私の目的地は南島なので、国内線乗り継ぎが必要。 そして、トラブルはここで起こりました。 乗り継ぎ時間1時間40分で、通常なら何の問題もないはずなのに、初めて乗った羽田からの便は、到着便のラッシュとかち合い、検疫検査に1時間待ちの大行列。 その後国際線ターミナルから国内線ターミナルへ、全力で走り、なんとか定刻の10分前に、私は到着できたのですが。。。いつの間にか航空会社の方で、この乗り継ぎは不可能と判断して、相当する乗客を自動的に次の便に変更されてました。 「えっ! でも私、間に合ってるじゃん!」と一応声を荒らげてみたものの、事態が変わらないことは、昔航空業界に関わっていたので、よくよく承知済み。

NZ国内線
目の前を乗るはずだった機材が動いて行っても、思いの他冷静な私でした。

これから数日間は、ニュージーランドからの現地報告が続きますので、どうぞよろしく!



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.