FC2ブログ
10 * 2020/11 * 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
10/31
自宅に常備、ニュージーランド・ワイン。
こんばんは。いよいよ10月末日、満月がとてもクリアに見えています。

レポートを終えてまったりの私は、久しぶりにオンラインワイナリーツアーに参加しました。

202010311717360e5.jpg
これまで、イタリア・フランス・オーストラリアのワイナリーをオンラインで訪ねましたが、今日はニュージーランド!うちの家呑みはニュージー産に決めているので、友達を訪ねるような気分です。事前に赤白一本ずつとおつまみが到着。

202010311722349e3.jpg
オンラインに参加していると、結構飲んでしまうので、しっかりしたおかずをいくつか用意。写っているいるのは、豚しゃぶに味つけとろろをかけた一皿です。

20201031171724b7e.jpg
オンラインで繋いだのは、南島マールボロのミスティコーブワイナリー。まずは、オーナーのアンドリューベイリーさんの音頭で、送られてきたソーヴィニヨン・ブランで乾杯🥂 直前まで雨が降っていたそうで、まだ雲がいっぱいです。

2020103117171947c.jpg
ベイリーさんは元クリケットの選手で、世界をまわってプレイしながら、ニュージーワインの紹介もされてきたそうです。引退後、子供時代を過ごしたこの地に戻り、自分で作るのを始めたとのこと。

20201031172428b4a.jpg
この辺りは、氷河から流れ込んだ土壌で水はけがよく、ぶどう作りにとても適しているそうです。見てのとおり、つるを這わせる棚の位置が、ヨーロッパに比べてかなり低くなっています。

20201031172006613.jpg
オーガニック栽培なので、このように畑の地面は、ふつうに草が茫々。オーナーの後ろをペットの牧羊犬が追いかける様子が、とてもキュートです。宿泊設備もあるそうなので、行ってみた〜い😟

2020103120531939f.jpg
南半球は今春なので、ふどうの花が丁度終わった頃。これから3月の収穫に向かって少しずつ果実が育っていきます。全般的にニュージーワインは、フルーティーさと適度な酸味のバランスがとてもよく、飲みやすいので、是非お試し下さい。

日本食ととても合います。赤でも、味のしっかりしていれば魚料理でもOKです。タコの明石煮とか、良さそう🤗


10/29
鮭、いろいろ使えますよね、その2。
こんばんは。この週末は、ハロウィンと満月が重なるんですね。次は38年後だそうですから、晴れて満月が見られるといいですね。

では、早速昨日の続きまいります。

20201029165616ab2.jpg
今日の二皿は、メインになるヘビーな料理です。まずは、グラタン。厚切りのサーモンの切り身をビニール袋へ入れ、塩・コショウ・トマトペーストを投入して、袋の外からモミモミします。

20201029165145714.jpg
オーブンで使える容器に、茹でたショートパスタを敷き、上に茹でたほうれん草を重ねます。先に用意したサーモンをその上に重ねますが、鮭の量が多くてびっくりするほどボリューミーです。

20201029165141805.jpg
と、更にその上にまだ赤パプリカオン。オリーブオイルを回しかけたら、グラタンに欠かせない溶けるチーズも、最後にたっぷり乗せてスタンバイOK。持ち上げるとずっしり重いです。

20201029165149695.jpg
250℃のオーブンで10分。チーズが全部溶けて美味しそう🤗 さかな・野菜・穀類全部が入った、バランスの良い一品で、休日のブランチなどによさそうです。

20201029165150b77.jpg
もう一皿は、途中の写真が取れませんでしたが、ムニエルです。しつこくならないようにオリーブオイルで焼き、焼き上がりにバターを少し落としてあります。ソースはマヨネーズ・レモン汁・粒マスタードを合わせ、軽く火入れしてあります。

盛り付けにピンクペッパーやディルを加えると、味のアクセントと見栄えの両方がアップしますよ。

10/28
鮭、いろいろ使えますよね、その1。
こんばんは。昨晩また、レポートに没頭して昼夜逆転した私。洗濯して買い物に行っただけで、日が暮れてしまいました🥴

ネタは、アルバムから掘り起こさないと。と探して見つけたのは、少し前に参加した鮭を使い倒すワークショップです。

20201028192350965.jpg
学校の東京キャンパスから近いので、時々お邪魔するキッチンスタジオ・パティスさんでは、一つの食材を使い倒すワークショップがよくあります。この日はサーモン。きれいで立派な国内養殖された半身です。

20201028192401d6f.jpg
そしてこちらが、ノルウェー産。国産より白っぽいですよね。でも、実はこちらが自然の色なんです。国内養殖されたものは、殆どの場合仕上げに色素が注射されてます。もちろん食品衛生法に則ってますから、毒というわけではないですが。

20201028192401c8c.jpg
この日一品目は、サーモンの燻製です。ふつうのスモークサーモンのように、じっくり時間をかけるのでなく、即席30分で食べられます。アウトドア用などしっかりした鍋の底に、まず紅茶の茶葉と砂糖をアルミホイルに緩めに包んで置きます。

20201028192401e78.jpg
網を置いた上にサーモンの切り身を載せ、蓋をして弱火で15分加熱。こんな感じでもう表面が良い色に変わってます。ここで火は止め、予熱で更に15分ほど中まで浸透させます。

202010281923347fb.jpg
二品目は、マリネです。ふつうレモンとかビネガーとか使いますが、ここではヨーグルトでした😳 塩・コショウ・砂糖をすり込んだ身を、のばしたヨーグルトに載せ、その上にもヨーグルトを塗って、ディルを散らし冷蔵庫で30分。

202010281923595f6.jpg
持ち帰り容器での盛り付けですが、野菜サラダを敷いた上に、燻製とマリネの両方が乗っています。まず、二種類味わえる楽しさがありますが、全体にしっとりしたマリネと、香りが強くまわりがしっかりした燻製は、違いがはっきりしていて、甲乙付けがたかったです。サラダとして捉えると、マリネの方が合うかな?

明日も、鮭が続きます😁


10/27
かわいい、プチ野菜がいっばい。
こんばんは。今日も東京キャンパスでのスクーリングに行ってきました。帰りに少し時間を潰す必要があり、一駅分プラブラと歩いたのですが、飲食店があっちもこっちも閉店していて、ため息が出てしまいました。

さて、帰宅すると宅配便が一つ届いてました。

20201027203445f15.jpg
中味はみーんな、新鮮なミニ野菜たちです。ます、このミニパプリカは、セニョリータという品種。かわいいでしょう😊 最近、ぬか漬け用にミニ野菜が流行り始めているんですよ。

20201027203441f18.jpg
赤いミニ大根は、紅化粧という品種です。菌活に注目が集まって、ぬか漬けを始める人が増えてきましたが、ミニサイズのお野菜は、丸ごと漬けられるので管理がしやすいし、少量ずついろいろ一度に漬けることができて便利なんです。

202010272034411cf.jpg
こちらはつるなしインゲンで、れんたろうというそうです。今までインゲンをぬか漬けに、とは考えたこともなかったです。2日程度漬けるとよいらしい。

20201027203442602.jpg
20201027203442bc2.jpg
ラディッシュは、赤いのと紫のと2種類です。赤がレッドチャイムで紫がすみれちゃんだそうです。ラディッシュは、ある程度水分があるから、一日しないで漬かりそうです。

20201027203425b31.jpg
最後のこれもかわいい!ミニ丸ズッキーニ。パリーノ・ネロというそうです。個人的には、これは素焼きしてポン酢か何かで食べてみたい感じてす。

漬かったら、順番に紹介していきますね。




10/25
かぼちゃでスイーツ二品。
こんばんは。本日東京は素適な秋晴れの一日でした😃

ハロウィンも今年は、渋谷に来ないで、と自粛が要請されていて静かに過ぎるのでしょうね。

20201025173115f71.jpg
今日の私は、都心の神社に資料集めに行ったついでに、キッチンスタジオでパンプキンを使ったお菓子を作ってきました。まずはパンプキンクッキーです。

2020102517292564e.jpg
生地は、中力粉:バター:砂糖:かぼちゃペーストが10:7:5:3位。更に卵黄とシナモン・ナツメグ・ジンジャーなどの香辛料を好みの量混ぜ合わせてあります。ハロウィン仕様の型抜きをメインに使っています。

2020102517225456c.jpg
180℃15分程度で焼き上がり。かぼちゃペースト入りなので、ふつうのクッキーより色が濃いですよね。20代の頃はスイーツよく作ったけれど、特にクッキー造りはものすごく久しぶりでした。一羽のコウモリだけ、ココアがけです。

20201025172920cc8.jpg
次には、別に焼いておいたクッキー生地を、粉々にして丸い型に敷き詰めます。パンプキンパイの、土台です。上にのせるかぼちゃはには、4分の1の量の砂糖と生クリーム、その他好みの香辛料やクリームチーズを混ぜ込みます。

202010251746212a2.jpg
180℃30分で焼き上がったら、熱いうちにメープルシロップを回しかけておきます。クッキーを土台にすることで、あまり手間をかけずに二品でき上がります。

20201025172257dab.jpg
自分のパイはそのまま持ち帰り、前もって先生が用意してくれたものを試食します。パンプキンに焼きリンゴとクリームチーズを添えてありましたが、単体でいただく方がかぼちゃが楽しめると思います。

それにしても、洋菓子はハイカロリーな材料が多いなあ、と改めて感じます。一度に食べる量に気をつけないとね。



Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.