FC2ブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
11/16
日本の農業、応援していまーす。
こんにちは。 11月16日、今日はいい色の日だそうです。 うん、アートの勉強している私には、嬉しいぞ! 今日、私にとって特別な日なのでね。

と言いつつ、記事の方はさっくりとしたお題でいきますね。

20181116160430268.jpeg
これまで2回ほど記事にしましたが、時々応援したいプロジェクトを見つけた時に、クラウドファンディングにちょっぴり投資しています。 写真は、お料理専用米のファンドでいただいた、投資者特典です。

20181116160435960.jpeg
日本のお米消費量は、下降の一途で最近家庭での量は、パンに越されたとききます。ただし、コンビニでのオニギリ売上は、一貫して増えているとか。 そういう時流をタイムリーに捉えて、伸び代のある分野に特化したお米が、盛んに開発されているんです。 オニギリ用は、冷めても美味しいことが特徴です。

20181116160432049.jpeg
カレーには、インディカ米が合いますよね。 でも日本人には、ちょっと風味が気になったり、味気なく感じることがあるかも知れません。 ジャポニカ米で、カレーに合う食感をもたせるように開発されたのが、このカレーライス用です。

20181116160435ffa.jpeg
私の一押しはこれ、チャーハン専用米です。 炊くのでなくて、茹でるんです。茹でて蒸らすだけで、鍋振りしなくても、結構パラパラのチャーハンができます!

201811161604312ee.jpeg
最後は、サゴハチという名前の麹漬けのもと。 塩3、麹5、蒸し米8の割合で合わさっていて、水を加えた中に野菜を漬けるだけで、乳酸菌や酵母菌をたっぷり含んだ浅漬けができますよ。

国内での消費は減っても、海外での和食ブームが日本米のチャンスを広げてくれるでしょう。特にオニギリは、インディカ米では結べないし。。。


11/15
美味しくデトックス、ケール火鍋。
こんばんはー。 とっても良い秋晴れの1日でしたね。 朝晩の気温も下がってきたので、もう少しで近所でも紅葉が見られるかな?

しばらく続いた旅行記事を終え、今日は通常記事に戻りまーす。 でもって、早速食レポです。

201811151644329cd.jpeg
山手線から少し外れた代々木上原駅近辺では、オーガニック素材のレストランが目に付きます。その中の一軒、We are the Farmさんに、ある晩キッチハイク仲間が集いました。夜だったので、もうあまり積んでありませんでしたが、千葉の自家菜園で育てた、オーガニック野菜料理のお店です。

201811151644308a6.jpeg
まずは喉の渇きに一杯のビール。 私は色のきれいなビーツビールにしました。 後口にビーツの独特の香りが残ります。

2018111516443227f.jpeg
前菜はこれ! 丸ごとケール! 細切りにして、たっぷりのチーズがかかってます。 チーズと良く合って美味しかったですが、私はケールを細切りにして食べるのが初めてて、新鮮でした。

20181115164522e0b.jpeg
お隣さんは、ビールもケールケールにしたので、場面が全部グリーンです。

2018111516510805c.jpeg
さあて、きましたぁ、ケール火鍋! 火鍋の語源は、普通になべという意味のはずですが、最近火鍋というと辛いスープが一般的ですよね。 この日のスープはカレーっぽい味付けで、ちょい辛の食欲をそそる香りが立ち上ります。

20181115165107373.jpeg
はーい、煮えてきました。ケールの他には豚肉、鶏肉、トマト、白菜、玉ねぎ。。。など沢山の種類の野菜。 いろいろな素材の味が混然となって、無茶うまです。 野菜はいくらでもお代わりできるので、お腹一杯になるまでいただき、最後にご飯で雑炊。

20181115164515df2.jpeg
汗も沢山かいて、いっぺんにデトックスした感じです。 終わるころ、お水がピッチャーできたのですが、なんとこれもケールとグレープフルーツを浸漬したお水でした。

次回は、鍋でなくて野菜一品料理を試してみたいですぅ。



11/07
ボジョレー・ヌーボーより早い新酒ワイン
こんばんは。今日も都内でスクーリングでしたが、とても暦の上で冬至とは思えない、暖かさでしたわ。

そして、帰宅すると、この季節限定で楽しみにしていたものが、届きました!

20181107170801e9c.jpg
きれいなこの瓶たちは、あの煮豆のフジッコさんの山梨ワイナリーが出荷している、クラノオトワインのシリーズです。限定量しか作っていないので、買いそびれないよう、毎年新酒を送ってもらっています。 ワインの完成品というより、そのちょっと手前。 発酵の最終段階で、そのままろ過もせずに瓶詰めするので、中で未だ安定しておらず微発泡します。

20181107171147b9e.jpg
色の違いは原料の違いで、まずこちらはデラウエア。 糖度と酸度が高い品種なので、甘〜い香りがして、実際甘口です。呑んべいの基準でいうと、デザートワインですね。

2018110717081143c.jpg
これは色合いで想像つくでしょう。 桃です、 山梨だから。。。 そして、やっぱり甘口で、濃厚です。ちょっとネクターみたいなので、ガンガンいってしまうと危険です。

20181107170810cd3.jpg
ぶどうの二種類目は、ナイアガラという品種。 とても良い香りで先のデラウエアよりは、酸味を感じます。が、やはり甘口です。

20181107170810ec0.jpg
最後きれいなロゼ色のこちらは、巨峰! 実際芳醇な巨峰の香りが、そのまま感じられます! でもって、やっぱり甘口です。。。

以上とてもおしゃれなワインたちですが、正直なところ甘くて自分ではほとんど飲みません。 毎年送ってもらうのは、クリスマスに向けて、お友達へのプレゼントにするためなのでした!





11/04
小さいオイスターは、コイスター
こんばんは。 無事2日間のスクーリングを終え、まったりしている私です。 まだ二週間以内にレポートを提出しないといけませんが。。。

今日もストックした写真から、牡蠣の試食会の記事でいってみます。

201811021028427ea.jpeg
Coysterのシーズン幕開け試食会、と名打った集まりは、10月下旬に東京駅近くで催された、北海道湧別漁協のイベントです。直送の生牡蠣の殻を、湧別から出張してきた漁師さんたちが、ひたすら剥いてくれます。

20181102102842c09.jpeg
Coysterという名の由来は、ここでは1-2年ものの小さい牡蠣しか使わないことです。 特に地元では、ナマ食には一年ものしか使わないそうです。 この、最初の一皿は、一年ものの酢牡蠣。 酒の肴にいくらでも食べられます。

20181102102836570.jpeg
次は、2年ものの生ガキ。レモンも付けてくれたけど、臭みが一切ないので、使わない方が美味しいです。好き好きだと思うけど、ここで1-2年ものしか使わないのは、大きくなると水気ばかり多くなって、うまみや食感が落ちるからだとか。

20181102102841200.jpeg
一番うまみの際立ったのは、このオリーブオイル焼きでしたね。 ニンニクを効かせたほうれん草と合わせて、良く引き立て合っています。

20181102102839565.jpeg
この日は、おまけで同じ湧別から生ホタテの差し入れも。味付けも、地元産のホタテ醤油でした。

201811021028414d1.jpeg
お腹が落ち着いたところで、牡蠣ごはーん。 うーーん、間違いない味と風味。

20181102102842431.jpeg
さらに、ネギたっぷりのスパゲッティ! いやぁ、これだけ殻を剥いていただいた漁師の皆さん、お疲れさまでございました。

この日はフリードリンクでしたので、少し飲みすぎました。。。反省。
11/03
珍しい北アフリカ料理、予想超えのうまさ!
こんにちは。 今日の東京地方は、どんなお天気でしょうか? こちら京都は、良い感じに晴れてますが、朝は結構冷えてました。 自宅にいる時より、一枚余計に羽織りものが必要です。

さて、今日明日のスクーリングは座学です。記事にするような写真も撮れないので、また撮りためた写真でグルメ記事いっちゃいます。

20181103130157f1d.jpeg
中央線中野駅から南へ少し歩いて、到着したのはこのコバルトブルーの看板がきれいなカルタゴさん。 中野はサンプラザのある北側しか知らなかったので、道に迷って少々遅刻しました。 カルタゴの名のとおり、チュニジア、モロッコなど北アフリカ料理の専門店です。

20181103130214faa.jpeg
せっかくなので、モロッコビールをオーダーしたら、その名もカサブランカというのが、運ばれて来ました。 ほとんど清涼飲料水のように、後味が全然残らない不思議なビールでしたが、ある意味何にでも合います。

20181103130214acd.jpeg
まずは、焼きたてほっかほかのピタパのようなパンが出て来ました。写真からでも美味しそうでしょう。

20181103130206c02.jpeg
最初の大皿料理には、エジプト豆のディップ、ナスのディップ、ぶどうの葉のピラフ包み、ヤギのチーズ、などなど珍しい前菜がてんこ盛り。 ディップ類はパンで拭いながら、食べます。 見た目は、全体的にだらっとしてますが、どれもものすごく美味しいです。 日本人の口に合う!

201811031302132ca.jpeg
揚げ春巻きは、ひき肉たっぷりでパリッパリで、ビールとベストマッチ。

20181103130201b69.jpeg
定番ムサカは、ナスとエジプト豆がたっぷりで、ヘルシーな仕上がりです。

20181103130210361.jpeg
いよいよメインのクスクス! 串刺しの、牛肉、鶏肉、マトンのミートボール、とタンパク質がたんまり乗ったクスクスが、大きな深皿で。 少しだけ辛味の効いたスープをかけ回して、いただきます。肉にくしくても、炙り焼きなので、あっさりしていてヘルシーです。 クスクス料理は、これまで何回か試しましたが、こちらのが最高でした。

困ったことに、俄然チュニジアに行ってみたくなってしまった私です。





Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.