FC2ブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
11/17
久しぶりの明治座。
皆さん、こんばんは。 実は昨日が私の誕生日でしたぁ! そして、今夜はお友達が家族ぐるみで、そのお祝いをして下さって、先ほど良い心待ちで帰宅したところなんですぅ。

さて、本日は興奮がなかなかブログにしにくい、観劇の記事でまいります。

201811171537431cf.jpg
都営新宿線で都心を西から東へわたると、日本橋あたりで浜町駅に到着。 ほぼ隅田川沿いですが、町名からすると埋め立て前は、江戸湾もすぐそこだったのでしょう。

20181117153739f59.jpg
が、今や周りはビルだらけ。 そんなところにあるのが 、明治6年開設の明治座、130年経ってるんですね。

20181117153845a5d.jpg
脇には、このとおりお稲荷さんが祀られていて、舞台に上がる役者さんたちは、ここで大入りを祈願するのでしょう。

20181117153743d2f.jpg
今掛かっているのは、魔界転生。 天草四郎が、死後魔界で生き返って、恨みのある相手に復讐する、というストーリーを軸に、合計7人の有名人が生き返って、現世に悪さをする、というケレン味の強い出し物です。何度か再演されている芝居ですが、日本テレビ開国65周年舞台なので、キャストがめちゃめちゃ豪華です。

20181117153743245.jpg
ロビーには出店がいっぱいで、開幕まで呼び込み合戦を繰り広げます。 ちなみに役者さんには、映像で見るより舞台でとても映える人が、時々いますよね。まあ、私見ですけど。 今回の天草四郎役、溝端淳平さんも、私的にはその一人です。 ネタバレになってしまいますが、今回彼はワイヤーアクションがとても多く、吊られていると思うように動けないので、大変そうです。

20181117153743516.jpg
松平健さん、浅野ゆう子さんといった大ベテランも、今回は悪役ですが、その存在感たるややはり大したものです。。。悪者退治の親分は上川隆也さん。 彼は映像でも舞台でも、腰が据わっていて印象は変わりません。 さて、昔ながらの明治座では、幕間休憩が30分あり、この間に食事をするのが通例です。

20181117153844fe2.jpg
これが本当の幕の内弁当ですね。 食堂もありますが、席から移動して食べ始めるまでに、10分位すぐに過ぎてしまうので、とても落ち着いて食べられません。

ケレン味の多いお芝居も、エンタメとして楽しいですが、ちょっとストレートプレイが恋しくなってます。



11/16
日本の農業、応援していまーす。
こんにちは。 11月16日、今日はいい色の日だそうです。 うん、アートの勉強している私には、嬉しいぞ! 今日、私にとって特別な日なのでね。

と言いつつ、記事の方はさっくりとしたお題でいきますね。

20181116160430268.jpeg
これまで2回ほど記事にしましたが、時々応援したいプロジェクトを見つけた時に、クラウドファンディングにちょっぴり投資しています。 写真は、お料理専用米のファンドでいただいた、投資者特典です。

20181116160435960.jpeg
日本のお米消費量は、下降の一途で最近家庭での量は、パンに越されたとききます。ただし、コンビニでのオニギリ売上は、一貫して増えているとか。 そういう時流をタイムリーに捉えて、伸び代のある分野に特化したお米が、盛んに開発されているんです。 オニギリ用は、冷めても美味しいことが特徴です。

20181116160432049.jpeg
カレーには、インディカ米が合いますよね。 でも日本人には、ちょっと風味が気になったり、味気なく感じることがあるかも知れません。 ジャポニカ米で、カレーに合う食感をもたせるように開発されたのが、このカレーライス用です。

20181116160435ffa.jpeg
私の一押しはこれ、チャーハン専用米です。 炊くのでなくて、茹でるんです。茹でて蒸らすだけで、鍋振りしなくても、結構パラパラのチャーハンができます!

201811161604312ee.jpeg
最後は、サゴハチという名前の麹漬けのもと。 塩3、麹5、蒸し米8の割合で合わさっていて、水を加えた中に野菜を漬けるだけで、乳酸菌や酵母菌をたっぷり含んだ浅漬けができますよ。

国内での消費は減っても、海外での和食ブームが日本米のチャンスを広げてくれるでしょう。特にオニギリは、インディカ米では結べないし。。。


11/15
美味しくデトックス、ケール火鍋。
こんばんはー。 とっても良い秋晴れの1日でしたね。 朝晩の気温も下がってきたので、もう少しで近所でも紅葉が見られるかな?

しばらく続いた旅行記事を終え、今日は通常記事に戻りまーす。 でもって、早速食レポです。

201811151644329cd.jpeg
山手線から少し外れた代々木上原駅近辺では、オーガニック素材のレストランが目に付きます。その中の一軒、We are the Farmさんに、ある晩キッチハイク仲間が集いました。夜だったので、もうあまり積んでありませんでしたが、千葉の自家菜園で育てた、オーガニック野菜料理のお店です。

201811151644308a6.jpeg
まずは喉の渇きに一杯のビール。 私は色のきれいなビーツビールにしました。 後口にビーツの独特の香りが残ります。

2018111516443227f.jpeg
前菜はこれ! 丸ごとケール! 細切りにして、たっぷりのチーズがかかってます。 チーズと良く合って美味しかったですが、私はケールを細切りにして食べるのが初めてて、新鮮でした。

20181115164522e0b.jpeg
お隣さんは、ビールもケールケールにしたので、場面が全部グリーンです。

2018111516510805c.jpeg
さあて、きましたぁ、ケール火鍋! 火鍋の語源は、普通になべという意味のはずですが、最近火鍋というと辛いスープが一般的ですよね。 この日のスープはカレーっぽい味付けで、ちょい辛の食欲をそそる香りが立ち上ります。

20181115165107373.jpeg
はーい、煮えてきました。ケールの他には豚肉、鶏肉、トマト、白菜、玉ねぎ。。。など沢山の種類の野菜。 いろいろな素材の味が混然となって、無茶うまです。 野菜はいくらでもお代わりできるので、お腹一杯になるまでいただき、最後にご飯で雑炊。

20181115164515df2.jpeg
汗も沢山かいて、いっぺんにデトックスした感じです。 終わるころ、お水がピッチャーできたのですが、なんとこれもケールとグレープフルーツを浸漬したお水でした。

次回は、鍋でなくて野菜一品料理を試してみたいですぅ。



11/14
ブカレストからブルガリア国境へ。
こんにちは。 今日は午後からレポート書きに専念する予定で、早めのブログアップです。

ルーマニア記事最終日と予告のとおり、これまで載せきれなかった写真で埋めていきます。

20181114131347102.jpeg
ブカレスト街歩きで出会った、ストリートミュージシャン。鉄琴というか、針金をスプーン状のもので叩いて音を出す琴です。楽器の名前聞くの忘れたけど、一音ずつがよく共鳴して心に沁みてくる感じの、あの音色です。

20181114131346353.jpeg
教会は町中に沢山あるので、敢えて名前や由来は置いておきますが、次はこの一枚。 歩いている後ろから、急に鳥の羽音がしたので、振り返って携帯を構え、急いでシャッターを押した一枚。にしては良い感じでしょう? それまでハトの姿は全然なかったので、我ながら瞬発力あるな!と悦に入ってます。

20181114131348fee.jpeg
僧院も沢山あるので、名前も確認してませんが、こんなに趣のある中庭で、誰でも自由に休憩したり、回廊を巡ることができます。これも首都ブカレストの一画です。

20181114131438512.jpeg
10月だったので、ハロウィンの飾り付けもそこここに見られましたが、何気なくて上品な感じ。純粋に自然の恵みを祝う気持ちが伝わってきます。

20181114131439068.jpeg
この建物が、チャウシェスク書記長が失脚した引き金の一つ、国民の館です。ここで1km位離れてますので、どれだけでかい建物か想像できますよね。基本的に独裁者でしたが、自分が国を治めたメモリーとすべく、この館に大枚をつぎ込んだことがルーマニア革命の決定打となって、完成を見届けずに死刑に。ほんの29年前のことです。

20181114131346892.jpeg
そして、こちらの美人さんたちが、今日のハイライト。 右側のイワナさんはルーマニア人日本語通訳さん。日本で勉強も学校の先生も企業インターンも経験されていて、実用的な日本語を使いこなせます。左のアラレちゃん風は、ブルガリア人日本語通訳エリさん。ソフィア大学日本語科卒の才媛で、こちらがカジュアルに話しかけても、自然な敬語で返してくれます。 メガネをはずすと、すっごい美形でびっくり。因みに二人の会話は英語でした!

2018111413143992d.jpeg
二人の写真が撮れたのは、国境地点でバスの乗り換えがあり、イワナさんからエリさんへ、私たち日本人旅行者が引き継がれたためです。 この後パスポートコントロールを受け、国境のドナウ川を渡ります。対岸にブルガリアが見えてます!

陸路で国境を超えるのは、何度やっても日本人には新鮮ですよねー。


11/13
必見です、ペレシュ城。
こんにちは。 ちょっとうすら寒い日ですね。本日夜の部の観劇があるので、ゆっくり起きて時間調整してます。

さて、ルーマニア記事もあと2回にしようと思いますので、本日は私には一番印象的だったペレシュ城をご案内しましょう。

20181112195354641.jpeg
19世紀に建てられたルーマニア王室の夏の離宮なので、すっごく古いわけではないです。 が、どこもかしこも壮麗で、でもギトギトに悪趣味ではなく、洗練されています。外観もロマンチックでしょう。

20181112195353582.jpeg
中庭の壁面には一面に壁画が描かれ、とても立体的に感じます。 実はこの日入場まで30分待ちだったのですが、眺めていて退屈しませんでした。 因みに、これから行く機会のある方、是非料金を払っても内部のカメラ撮影券を買うことをお勧めしますよ。

2018111219535045e.jpeg
クルミの木をふんだんに使った内部は、いたるところ芸術品だらけです。 ほっておかれたら、丸1日過ごせそうです。 こちら品の良いステンドグラス。

20181112195340d98.jpeg
武器類も沢山展示されてますが、基本的に見せるためのもの。 力を誇示するためのハッタリのようです。

20181113142728910.jpeg
それにしても、武器までこのように装飾品扱いしてしまう、すごい余裕ですね。

20181113142729ae9.jpeg
部屋数は160あるとかで、私はこちらの音楽室がとても気に入りました。 他にピアノもバイオリンもあって、当時のゆったりした演奏風景が目に浮かぶようです。

201811131427255f1.jpeg 2018111314272825a.jpeg
だだっ広い食堂と巨大なシャンデリア。ルーマニアで最も壮麗なお城との評判どおりでした。

では、明日でルーマニア紀行を締めくくりましょう。 美女が二人登場しますよ!



11/12
ルーマニアの料理いろいろ。
こんばんは。 今日は歯のメンテナンス日でした。 たっぷり3時間半のケアを受けて、ただ今ちょっと息抜き中。

本日の記事は、ルーマニア旅行中にいただいた料理を、集めてみます。

20181111222622fef.jpeg
まずは、レストランに行くと必ずテーブルにある調味料のショット。 可愛い焼き物に塩胡椒が、そのまま入っていて、表面には指の跡がいく筋か。。。 どうも、各自指でつまんで使うようです。 日本人には、若干抵抗感が。 瓶に入っているのは、オリーブオイルと、ビネガーでした。

20181111222307961.jpeg
スープは、結構インパクトの大きいのが幾つか。 まずこれは、マイルドな味のトマトスープなのですが、手に持った唐辛子を齧りながらいただきます。齧る大きさに気をつけないと、口の中が。。。

20181111220945c26.jpeg
こちらはなかなか美味しかった、ニンニクのスープです。 パンの直径15㎝くらいで、高さもしっかりあるので、すごいボリューム。 もちろんパンも全部食べられます。

2018111122192932f.jpeg
肉は何でも美味しかったですが、まずはビーフシチュー。 冷めないように、小型フライパンで出てきました。 黄色いのはトウモロコシのおまんじゅうのようなママリガ。 ルーマニアの主食の一つで、味はあまりないです。

2018111122151275a.jpeg
先日も書いたとおり、私は豚肉が一番美味しく感じましたが、ここで合わせてあるのはお米。 野菜としての付け合わせですが、適度に芯が残った仕上がりで、良く合っていました。

20181111222307d0f.jpeg
一応鳥料理も載せておきます。きれいに盛り付けされてますが、一般の日本人には味薄かったようです。 私は使わなかったけど、お仲間は最初の写真の塩胡椒を、役立ててました。

20181111222305afc.jpeg
全員一致で、日本人の口に一番合ったのは、このサルマーレ。 ロールキャベツでなくて、ぶどうの葉っぱで包んであります。 中味もひき肉だけてなくて、クルミとか少し歯に当たる材料が入っていて、食感が良いです。付け合わせは、ルーマニア人大好きなママリガですね。

広大な農地の広がるルーマニアですが、野菜はあんまりたくさんの種類を食べないらしいです。


11/11
吸血鬼小説のドラキュラには、モデルが実在します。
こんばんはー。 今日は一足早く、クリスマスリースの手作りをしてきました。 また別途、ここでご紹介しますね。

で、話はルーマニアのドラキュラです。 モデルになったのは、ヴラド三世という15世紀ワラキア公国の君主だとか。

20181111184024936.jpeg
領地のお城だったブラン城には、代々の君主の肖像画が掲げてあります。ちょうど写真が暗くてわかりにくい、真ん中がその人です。吸血鬼の小説の舞台も、このブラン城だそうです。

20181111184157f6e.jpeg
大きなお城ですが、全体を見渡せる場所が見つからず、これではサイズ感がわからないですよね。。。 ヴラド三世は、地元で串刺し公と呼ばれ、それが小説の主人公にされた理由に繋がるのですが、非常に気性の荒い人で戦いで捕らえた敵の兵士を、何人もまとめて串刺しの刑にしたのだとか。

20181111184036abf.jpeg
ここはお城の中の寝室の一つですが、代々の君主が変わるなかで内装はだいぶ変わってきているようです。 いずれにしろ、大きな窓から光がさんさんと入って、まったりするのにとても気持ちよさそうです。

20181111184036aec.jpeg
こちらは食堂。冬はとても寒い所なので、大きな暖炉が裏側の厨房の熱源とつながっています。

201811111841497a8.jpeg
きれいな三角柱屋根の建物は敷地内の教会。青い空と紅葉の山を背景に、素晴らしい景色です。

20181111184034a92.jpeg
記念に私もパチリしましたが、思いっきり逆光でしたぁ。。。

20181111184158752.jpeg
ヴラド三世の頃の服装は、こんな感じらしいです。 やはり、ドラキュラとはちがいますよねぇ。因みに、串刺しで恐れられたヴラド三世は、実はルーマニア国内では敵を断固退け、国益を守った英雄なのだそうです! 怪物小説になってしまったのは、戦いで負けた側の認識によるもの。 何でも、両者の言い分を聞いてみないと、わからないものです。

20181111184155812.jpeg
話変わって、私たち7人のグループは、ずっとこのISUZUの小型バス移動してました。




11/10
ブカレスト、東欧のパリの面影も。
こんばんは。 今日も過ごしやすい1日でした。 銀座で江戸前料理の面白い講義を聴いて、今は、キッチハイク仲間との火鍋の夕飯まで電源カフェで、時間調整中です。

さて、ルーマニア紀行第3弾は、首都ブカレストのショットをいくつかアップしてみます。

2018111017010690a.jpeg
ブカレストは、19世紀ルーマニア王国の頃、東欧のパリと呼ばれたほど、華麗な建物が立ち並んでゴージャスな街だったようです。この宮殿風の写真は、今回泊まったホテルなのですが、残念ながら装飾は復刻したものです。共産党支配の時代に、王朝時代の華麗な建物は、全部壊されてしまったからとか。

201811101701042a8.jpeg
ホテルに限らず、壊された建物はなるべく多くを根気よく復刻して、今の用途で使い続けているようです。こちらは、電力会社。

20181110170456696.jpeg
なかには、13世紀頃のまま残った建物も一部ありました。 こちらは教会だし、華美ではないから、残ったのでしょうね。

20181110165412321.jpeg
さて、泊まったホテルは、内部もお城のような超高級な所でしたが、幸い物価レベルの違いで、日本ならば中級クラスホテルの料金。 ざっと、三分の一って感覚ですかね。朝ごはんのビュッフェ見てもらえば、豪華さわかりますよね。

201811101701075a7.jpeg
基本的に豚肉系が、私には一番美味しかったので、ソーセージ食べまくり。最後はちょっと、遊んでしまいました。

20181110170105fb8.jpeg
道路上では、ドイツ車がハバをきかせているなか、スバルが結構頑張っていて、フォレスターファンとしては、とっても嬉しかったです!

あっ、今日はドラキュラさんが英雄だという記事のはずでしたね。。。 失念! 明日へ順延いたします。


11/09
ドラキュラさんの生家でランチ。
こんにちは、と時刻的にはそう言う時刻ですが、もう暗いですねぇ。 今日は雨模様ですしね。

さて、予告どおりルーマニア紀行を続けます。 皆さん、ルーマニアと聞いて思いつくのは、何でしょう? 私の周りでもほとんど皆、ドラキュラでした。

2018110916153356f.jpeg
早朝に、クルジュナポカという、ローカル空港に到着後、しばらくはバスで走れども走れども、一面の畑と森林の景色。 やっとヒトケのあるところに着いたのは、シギショアラという街でした。 12世紀頃の町並みが残る、世界遺産の城塞都市です。

201811091634276d1.jpeg
ここは鍛冶屋さんだったお家だそうですが、すごくアート感があって、見とれてしまいました。

20181109163427d3e.jpeg
さて、ここが、ドラキュラさん(の小説のモデル)の生まれた町なんですね。案内板もおどろおどろしい。。。

2018110916152304e.jpeg
実は、その生家はレストランになっていて、だいたいツアー客は必ず訪れることになってる場所らしいです。壁には肖像画が。

20181109161528b34.jpeg
あまり良い趣味とは言いがたいですが、ドラキュラレストランの料理は、どれも赤を基調にしてあります。 まあ、これは美味しかったのでよしとしますが、赤ピーマンと人参のピューレ。パンに塗って食べます。

2018110916342775e.jpeg
メインは、ボルシチのような、ビーツでスープの赤い、肉と野菜の煮込み。 やはり、肉と赤でドラキュラの館、となるとあまり気味よくないです。

20181109163427e95.jpeg
デザートのアイスクリームも、かなり赤いピンク色。 旅の始まりとしては、若干引いてしまうランチでした。

明日は、実はドラキュラはルーマニアでは英雄だった、というお話をしましょう。

11/08
ルーマニアの道端で出合った物たち。
こんばんは。今日はずっと家に引き篭もっていましたが、東京地方ずっと曇っていたようですね。 それにしても、立冬過ぎたのにすごしやすいです。

さて、少し前にブルガリア紀行をしばらくアップしてましたが、実際はルーマニアに先に入りました。ということで、順序が反転しますが、今日からしばらくルーマニアの記事をアップしてまいりますね。

20181108201816749.jpeg
今日は、町々で道端に立っていた物たちのスナップを集めてみました。 最初は、世界遺産の町シギショアラの、水飲み場。 ここはあのドラキュラさんの生家のあるところです。 ヨーロッパでよく見かける、旅人のための給水栓ですが、なんとなくかわいいです。

20181108201818d6a.jpeg
こちらは、 ルーマニア正教大聖堂の入り口付近にある、手や口を清める水場。 とても立派な教会本体と比較して、ちょっとしょぼいです。

2018110820180621a.jpeg
次の2枚はブラン城という、ドラキュラさんゆかりのお城の敷地内にて。これは、地元ワインのうけ狙い広告ですが、血のりっぽいデザインが、興味はそそるけど。。。 赤ワインには、ちょっと躊躇しそう。。。

201811082018156f5.jpeg
そして、上のワイン広告に続いて、このポストに出合い。。。 赤は普通なんですが、このポストの赤はなんとなくおどろおどろしかった。。。 気のせいかな?

201811082018164b7.jpeg
この石積みはシナイアという古い町の、水飲み場。おとぎ話に出てきそうでしょう。

2018110820181640c.jpeg
最後首都ブカレストで出合ったのが、きれいな水色の消火栓。 なんかとてもハンサムだし、水が出るのだから水色で納得でした。

アート系の勉強しているせいか、旅行先でも物の見方が少し変わってきた自分がいます。
Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.