FC2ブログ
01 * 2019/02 * 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
02/23
久しぶりの水引細工
こんばんは。 本当に2月は短いですねぇ。レポートの締め切りがかなりきつくなっている私です。

と言いながら、ここへの記事アップは今のところ皆勤なので、頑張るのだ!

2019022317131166f.jpg
珍しく、今日は当日の記事です。午後から水引のレッスン行ってました。
今日は小さな巾着を作ったのですが、まずはお馴染み、あわじ結びを六本用意します。

20190223171319c3b.jpg
ここからは、初めての結び方。あわじ結び同士を繋ぎます。この場で説明するのは、表現が難しいのでやめておきますが、しばらく眺めていると、どの水引がどこへ通っていかないといけないか、わかってきてだんだんとそれが指に伝わるようになってきます。

2019022317131331b.jpg
六本繋いだら、最初と最後を繋いで輪っかに。

201902231713131ea.jpg
ここからは、だいたい同じ要領で結び続けます。

201902231713160f8.jpg
水引は最初に半分に切っているので、ほぼ45センチ。ギリギリまで使うと、こんな感じに五段までいけます。

20190223171321c33.jpg
残りの部分をまとめ、裏表をひっくり返すと、スキスキの入れ物の形状に。

20190223171321c01.jpg
別の水引をリボンにして、口元を絞ったら出来上がり。この写真は、まだ絞り途中で柔やわですが、家でポプリ入れてから、バッチリ仕上げますよ!

やっぱり、テッパンに楽しい水引細工です。
02/22
下北沢、小劇場だけじゃありませんよ。
こんばんは。ゆっくりできた昨日とうって変わって、細かい用事の多い1日でした。帰ってきて、しばしぐったりしていたので、これから慌ててブログアップだ!

無難なところで、食レポ行きまーす。

2019022217222655e.jpg
場所は、小劇場の聖地、下北沢駅近くのMusha Mushaさん。私もこの駅で、観劇以外の目的で降りるのは、初めてのような気がします。

2019022216120409b.jpg
ロゴの印象とはちょっと違って、実は割烹屋さん。しかも、野菜ソムリエがいるとか。最初の一皿は、鮟鱇と春野菜!
うわぁ、スタートから意外性一杯です。久しぶりの鮟鱇おいしい!緑の野菜の下には、筍もいましたよ。

2019022216120356a.jpg
二皿目、干し豆腐。上に乗っている赤いサイコロは、近江の赤こんにゃくですね。干し豆腐は、多分初めて食べたと思います。けっこう歯応えありましたね。

201902221612036f0.jpg
そして、野菜ソムリエさんの真骨頂! 生野菜サラダ。塗りもののお弁当箱が、蓋の閉まった状態で出てくるので、最初は何だかさっぱりわかりません。で、ふたを取ると、このように無農薬野菜満載です。たっぷりケールを敷いた上に、色とりどりの根菜類!ほとんど、絵のようです。

20190222161202ba2.jpg
あれっ、口直しのシャーベット、と思いましたよね? はい、私も供されたとき、そう思いました。でも、この最中の中身温かい。。。なんと、ユリ根の炊いたのが、サンドされてます。 サプライズ!です。個人的にユリ根大好き人なのですが、自分で炊いて上手くいったこと、なかなかなくて。

20190222161123c86.jpg
さて、メインの牛肉なのですが、写真映えがあまりしなかったので、皆のお皿を並べてみました、というショットです。全然効果上がってないけど。 中身は、赤身の牛肉にアボカドを合わせて、ふきのとうソース(だったと記憶している)を絡めた大人の味です。この時点で飲み物が日本酒になっていた私、大正解でした。

201902221612015e2.jpg
締めが、お店名物の焼おにぎりウニ茶漬け。取り敢えず、このまま半分位いただきます。わあ、ウニたっぷりで、ご飯も香ばしい。

201902221611574cc.jpg
でもって、昆布出汁注ぐとこの景色ですわ。旨いにきまってますよね。

これから少し、下北沢を探検してみたくなる、気分の上がったお食事会でした!

02/21
冬の限定品は、美しい。
こんにちはー。働いている皆さんには申し訳ないですが、今日は外出の予定のない私、少しだけ着込んで日の当たるベランダでけっこう長時間、まったりしてました。

コーヒーにお茶請け、あっ!あれをまだ記事にしてなかった、と思いだしたので、今日のテーマは2月の到来物と贈り物です。

20190221154238c0e.jpg
節分の少し前に、茶道に通じた方から頂いた、鶴屋吉信さんの季節限定セットです。老舗ながら、柚子型のパッケージがかわいいでしょう。

20190221151433b71.jpg
まずは、松の寂。1月だけのレアな一品。時節を経ても変わらない信念や心、雪中松柏をうつしたお菓子。抹茶の香りが、気を引き締めてくれます。

20190221151432abf.jpg
こちらは見た目通り、豆をうつした福ハ内。やはり1月から節分の日までしか、入手できません。桃山という和菓子ありますよね。あれがそのままお多福豆の形になった感じです。節分用と言っても一粒が4センチ位あるので、撒けません。

20190221151431073.jpg
上の写真で、柚子型の容器に入っていたのが、この柚餅。指の先位の小さい粒ですが、柚子の香がすごく立つので、リッチな気分になります。似たようなお菓子は、よくあるけどやっぱりこちらのは上品です。

話変わって、
201902211514283c9.jpg
2月と言えば、バレンタインデーもありましたね。これは、私めが定番で一年中プレゼントに使う、スイスメーカーリンツさんの、初めて見つけたギフト缶です。チョコレートなしで、缶でも欲しくなる三色マウント!

20190221151431de6.jpg
勿論、中身はとりどりのリンドールチョコ入りでーす。

さあて、2月は短いから急いでレポートやらねば😥

02/20
春を待つ、食事会。
こんにちはー。今日の東京多摩地方は、コートでなくジャンパー程度で外出できる気候です。

記事のほうも、来る春を先取りする色彩の料理食事会でいきますね。

2019021920582231b.jpg
いつものキッチハイクメンバーの集まりですが、この日の会場は新宿界隈、東京ガスさんのキッチンスタジオでした。

2019021920582764c.jpg
珍しく、バッチリ顔だししちゃいました😁! 私に割り当てられた、最初のお役目は、すし飯づくり。東京ガスの男性スタッフさんとペアで、調味料計ったり、扇いだり、混ぜたり。

20190219210139325.jpg
できたすし飯の半分には、ディルを混ぜこんで、香りを楽しみます。

20190219210039297.jpg
合計10人が、各々の仕事をしてたので、途中経過を撮影できないまま、準備完了です。この日のメインは、各自が自由にアレンジする、手まり寿司でした。それにかき玉汁と、鳥と、アスパラの副菜。

20190219205836e26.jpg
アスパラはキノコと合わせて、ピーナッツ和え。私も使いますが、ピーナッツバターを使っていて、とてもコクがあつて美味しいです。

20190219205838f82.jpg
鶏肉は、流行の発酵調味料、塩麹に漬けて焼いてあるので、とっても柔らかい!

20190219210359068.jpg 20190219210359b53.jpg
肝心の手まり寿司の良いショットがないのですが、左がイクラと煎り玉子の花畑、パクチー飾り。右が、アボカド&ディル、オン生ハムでした。わりと色どりきれいだったのだけと、こういう時は、作り手と撮影は別々でないと良い記録残せませんね。

2019022015555845b.jpg
仕上げはこれ、雛まつりの菱餅のようなデザート。抹茶と甘酒を固めた上に、大きないちごがダイビング!

東京ガスさんのキッチンスタジオ、初めて行きましたが、すごく充実した設備でびっくりしましたよ。



02/19
竹かご編みに、大苦戦。
皆さん、こんにちは。昨日はブルーな記事になりましたが、今日からバツク トゥ ノーマルですので、継続して読んで下さいね。

本日は、少し前に参加した、果物や野菜の竹かごづくりの報告です。
20190218231110d5c.jpg
昨年も、小さめのランプシェードを作りましたが、今回は6時間を予定されている、ちょっと大作?です。材料は20本。前回同様一本は厚みの真ん中で、先端を残して二つ割りにしてあるので、緑と黄色の二面ができます。

20190218231113242.jpg
まずは、4本を四角に組み、周りに足してゆく要領で、20本を四角に組み上げます。

20190218231117e66.jpg
ひっくり返して、四隅が上向きになるように、手の平で力をかけてしならせていきます。けっこうな力仕事です。
実は、最終的にかごの四隅になるのは、この段階での各辺の真ん中の部分なんです。

20190218231117eef.jpg
なので、一辺から出ている10本を、真ん中5本目と6本目を角にしてくの字に、編んでいきます。ここは、一気に曲げ過ぎると、竹が折れてしまうので、ぼちぼちと。

20190218231117fd3.jpg
編み上がっていくと、かごの底が決まります。ちょっと嬉しい瞬間。

20190218231116916.jpg
全体を整えて、縁の始末にかかります。が、これまで並べて使ってきた緑と黄色の竹を、縁では二枚合わせて編むため、とっても硬いんです! 私は休み休みでないと、指先がもちませんでした。。。

20190218231114d6a.jpg
それでも時間内にはなんとか仕上がり、既に自宅のこたつ横で活躍してます。

もっと色々編みたいけど、少し指を鍛えておかないと、ダメですね。

02/18
後れ馳せながらのご報告。
こんにちは。今日の東京はよく晴れています。

私を個人的に御存知の読者様に、後れ馳せながらこの場を借りて、ご報告がございます。

20190218125720176.jpg
老人ホームにお世話になっていた父に、1月中旬いちごの差し入れを用意していたところ、バイタル数値の悪化で病院に緊急搬送されてしまいました。

20190218124046955.jpg
診断は、インフルエンザ。入院時はあまり重篤に見えませんでしたが、一週間程で呆気なく亡くなりました。あまりの急変で、家族も間に合いませんでした。

201902181257199c3.jpg
極々限られた範囲での葬儀納骨等の意向を、生前に聞いていたので、そのとおり粛々と進めました。が、限られた人だけで進める、イコール、時期が来るまで他の人には漏れないようにする、ということで、これがかなり大変でした。SNSを、普段どおりに書き進めながら、やはり通知を遅らせている申し訳なさが、疲れた頭に覆い被さる毎日。

2019021813113720e.jpg
追善供養をかなり前倒しして、一昨日には納骨。やっと関係の皆様に通知できる条件が揃いました。
昨日は、朝からインクジェットプリンタ用の私製ハガキを買いに走り、近くのポストの収集時刻までに、投函を終了。

追伸
2019021813113658c.jpg
この日はたまたま、昨年のうちからライブに行く予定がありました。普通のコンサートでなく、ライブですから、弾けてなんぼ。そんな場にこのタイミングで、行って良いのかな?今の自分は、そこで楽しめるほど回復しているのかな?
ずっと決心がつかないままに、そろそろ一緒に行く約束の人達とも、連絡取らないといけない時期になったとき、ふっとライブのバンド名が、ミッションであることを思い出しました。使命!単なる偶然ですが、ここから回復するために、私に課せられているかのように思え、予定を決行です。

以上、昨日はジェットコースターのような、一生忘れないであろう1日でした。




02/17
盛岡紀行よもやま話。
こんばんはー。 めっちゃ遅いブログアップになってしまいましたが、今日は私にとってジェットコースターのような1日だったので。。。 詳細は、明日のブログで説明しますね。

取り敢えず今日の記事は、予告どおり盛岡紀行の締めといきたいと思います。

2019021802022959e.jpg
まずは、心洗われる雫石川のワンショット。とても透明度が高くて、空も樹木も写ってますね。しばらくぼっと見いってしまいました。

20190218020232b1b.png
これば、鉄ちゃん必見の、東北新幹線と山形新幹線が、盛岡で連結される瞬間です。私夢中でビデオ撮っていて、危うく乗り遅れるところでした。

20190218020233776.jpg
こちらは、駅構内売店のワンショットなのですが、ディスプレイの仕方が可愛かったので、思わずパシャりしてしまいました。東北のブランド米を、ボトル売りしているのですが、ボトルの首でひっかけて小スペースで、色々なブランドを見せています。思わず複数買いしてしまうパターンです。

2019021802023189a.jpg
ここからの4コマは、お土産シリーズになります。まずは、柚餅子四種セット。鉄板です。

20190218020231ccb.jpg
それから、よく通販でやってるこれ。興味はあっても、そんなに沢山はいらないよなぁ、と常々思ってましたので、好きな量で買うことができて、ハッピーでした。ホタテ松前漬けです。

20190218020230e58.jpg
そうして、いよいよ定番の南部せんべい、と思った方、少し時代に遅れてますよぉ。これは、直径30cm位ある座布団なんです。スツールで使うのに、ぴったりです。

20190218020234a7b.jpg
オーラスは、大宮駅で買った新幹線モチーフの消毒液。出先で食事前に手洗いできなかった時などに、すごく便利だし、何より可愛いです。

明日の記事は、ちょっと衝撃になるかも。。。


02/16
盛岡駅周り情報
こんばんは。今日は法事があったのですが、適度に暖かく過ごしやすくて助かりました。

さて、そろそろ私の盛岡紀行も終盤です。今日は駅構内や周りで、目についたものたちを集めてみました。

2019021619513668e.jpg
駅東側正面。主だったバスは、こちらから。行った時は、雪まつり中でそのイベントステージが、できてました。

201902161951403d6.jpg
構内二階通路にいた、ゆるキャラとおぼしき5人組。みぎから、こくっち、とふっち、そばっち、おもっち、うにっち。うにっちのもっている、虎が私には意味不明でした。

20190216195139282.jpg
構内の麺屋さんで、目立っていた広告。帰る日に見つけたので、試せなかったけど、次の機会には、絶対試したい三点セットです。

20190216195141e6d.jpg
コインロッカーには、名物がずらり。自分で使った場所を絵で覚えておけるから、よいですね。

201902161951420bb.jpg
北口付近には、雰囲気のあるいわて銀河鉄道の改札が。目時という所を経由して、大館や陸奥湾まで行けるのですね。気候がよくなったら、のんびり電車の旅もいいなぁ。

20190216195142557.jpg
五千円札でお馴染みの新渡戸稲造氏は、地元の方です。

20190216195137ea8.jpg
近隣のビルでは、植え込みの保護に藁の覆いがしてあって、そこに融けきれない雪が載ってました。やはり、寒い地域の光景ですね。

さて、明日で盛岡紀行を締めましょうかね。


02/15
サバーニャカウダとミートプレート。
こんばんは。 今日は少し雪の舞った東京でしたが、何事も起こらず幸いでした。

私の盛岡紀行も、7日目になりました。 2泊3日だったのに、なかなか紹介し終わらない。それだけ魅力的な場所ということですね。

20190215193523121.jpg
私のブログでは、2回機織りの記事をアップしてますが、これまでのは絹織物でした。盛岡手づくり村では、毛糸を織る実習ができたので、ここぞとばかり参加しました。縦糸は200本ほど張る幅でしたが、写真のとおり鮮やかなとりどりの色を使っていました。

2019021519352568f.jpg
先程の四色が実際に張られると、こういう状態です。これだけでもう、きれいです。

201902151935210d5.jpg
横糸は自由に選べるので、私は黄色の変わり糸にしました。絹糸よりずっと太いので、織り進む速度がとても早いです。先生のお勧めで、所々にアクセントの太い糸も入れてみました。ちょっと沖縄風の、小さな敷物になるので、香炉でも乗せようと思います。

20190215193526678.jpg
話変わって、初日の夕飯には地元のワイン、純情をオーダーしてみました。確かに、癖がなくてとても真っ直ぐな味わい。ひねた?大人には、ちょっと気恥ずかしい気もしてしまった。。。

201902151935263b3.jpg
お魚の美味しい三陸海岸をもつ岩手県。バーニャカウダソースにも、さばがたっぷり使われて、サバーニャカウダ!
すごくこくがあって、たまらんソースでしたぁ。もちろん野菜も皆新鮮!

201902151935250de.jpg
そして、牧畜も大変盛んな岩手県。こんな見映えもバラエティーも素晴らしい、ミートプレートが。牛も豚も鳥も、生ハムからパテからローストと様々な形で、一皿にてんこ盛りです。

ワインが、進んだことはご想像のとおりです。





02/14
牡蠣なんばんそば、ヤバいです。
こんにちは。 今日の東京は、昨日よりだいぶ過ごしやすい気候です。こうやって、少しずつ春めいてくることを期待しましょう。

さて、記事の方はもう少し盛岡レポートが続きます。

20190214164420ea8.jpg
盛岡手づくり村では、和菓子の実習もできるのですが、私はあいにくタイミングが合わず、参加できませんでした。が、これだけならいつでもできる、というコーナーが地味に設けられていて。。。一応覗いてみると、百円でお餅だけ串に刺さった団子を買って、自分の好きな味に仕上げるというだけのものでした。

2019021416442515c.jpg
チョイスは、みたらし、餡、ゴマ餡の3種で、ちゃんと乗れば複数乗せも大丈夫。私はゴマ餡一種類だけの、正統派でした。

20190214164427da8.jpg 20190214164427e99.jpg
この日の夜は、盛岡駅ビル内の蕎麦どころへ。昨年、蔵元にお邪魔した、あさ開さんのお酒があったので、迷わずオーダー。もっきりで出て来たのですが、気前の良い店員さんが注ぎ過ぎて、グラスはもちろん枡からもこぼれちゃいました。写真は、既に少し口をつけた後のものです。

20190214164425205.jpg
料理を待つ間、店内にある電動粉引き臼で、蕎麦の実が粉末になるのを見学できます。この店は十割そばです。

201902141644260aa.jpg
まずは、おつまみに地元のいわいどりの焼き鳥です。使い古されたワードですが、肉がとってもジューシー!です。

201902141644271c1.jpg
さあて、これが気になってこのお店に入ったお目当て。 これが牡蠣なんばん蕎麦です! 三陸の牡蠣、味が濃いですからねぇ。予想通り、磯の香りの出汁がよーくでていて、絶品でした。普段麺料理のお汁は残す私ですが、この日は干しましたぁ!

そういえば、ネギをなんばんって言うのは、どうしてなのでしょう? ググってみますかね。


Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.