FC2ブログ
05 * 2019/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
06/19
くまモンの後がま、グマモン?
こんにちは。かなり夏っぽいお天気の東京です。今日は、都心でワークショップ、スクーリング、ワークショップ、と3連チャンのスケジュール。昨晩は、山形沖地震の被害が気になって、寝不足なので、ちょっとボッーとしてます。被害がなるべくありませんように、お祈りしております。

さて、グアムは以前に記事にしていますが、今回は定宿でないホテルだったので、また少し書きますね。

201906191343333b2.jpg
あまり旅慣れないご夫妻に同行したので、泊まったのはホテルニッコー。タモンビーチの端っこにあるので、わさわさしてなくて落ち着きます。

20190619134336385.jpg
ラウンジでの朝食も、とっても和洋折衷です。おにぎりと味噌汁に漬物、ハム・オムレツ・ポテト、ってほとんど日本人の普通の家庭の朝ご飯っぽいかも。

2019061913455255d.jpg
ところ変わって、ショッピングセンターのフードコートでは、アメリカと名の付くところでは、絶対に欠かせないホットドッグ!お連れは私より年配のご夫妻ですが、有無を言わさず付き合っていただきました。

201906191345536dd.jpg
フードコートなので、ドリンクはカップだけ買って、自分で好きなものを注ぐ方式。ここで私の説明が足りず、お連れがコーラのICEEを注いでしまい、お口に合わず、私が責任をとることに。こんなことでもないと、私も氷コーラを食することは、絶対になかったでしょう。日本ではあまり流行ってませんが、コーラをそのまま冷凍して、かき氷にした感じの飲み物です。(本当の作り方は知りません)

2019061913483616f.jpg
帰りの空港売店にあった、グマモンのマグカップ。グアムだからグマモン、ですが全然可愛くありません😢、

20190619134836a46.jpg
帰りは早朝便だったので、ラウンジでしっかり朝食をいただき、機内ではフルーツだけにして、さっさと眠りにつきました。

帰り便は土曜日だったので、そこそこ混んでました。が、到着した中部国際空港は、やっぱり空いてました。。。


06/18
空いていると良いこと。
こんばんは。先日、名古屋空港の空き具合を記事にしたら、やはりいただきました。Facebookで、名古屋人様からのコメント。本来は結構混んでいるので、空いてたのはたまたまのはずだよーと。うん、私もそう思いたいです。

と言いながら、空いてた記事の続きです。

20190618183802d1f.jpg
この日は、グアム島にご兄弟の慰霊訪問されるご夫妻に同行していた私。実は、空港だけでなくて、機内もこんな感じでかなり空いていました。なにか特異日だったのでしょうか?

20190618184938b6e.jpg
関空と同じで、海に突きだしている空港なので、空港の地面・海・船・空・雲が一つの景色に、無理なく収まっています。

201906181838024e8.jpg
機内が空いていてありがたいのは、静かなことに加えて、食事の準備が丁寧なことです。このサーモンも、お皿の大きさに対して、料理の量が多いので、(外国系なので)いつもだともっと見映え悪く出てくるところですが、美味しそうに収まってます。

20190618184729f57.jpg
飛行時間3時間10分、無事にグアム上空へ。何度来ても、この海のグラデーション、見とれます。

20190618183752fa1.jpg
昨日、このホテルの部屋からの夕日を、これまでエジプトのショットにしていた、Facebookのカバー写真と交換しました。

Facebookでは自分の画像も、京都での瑞風イベントのものに変更したところ、予想外にいいねをいただいて、びっくりしてます。


06/17
ジンジャーエールのもと、簡単にできます。
こんばんは。本日は、関西から戻って来る移動日。西も東も、過ごしやすい良いお天気でした。

バタバタしているので、手持ちの ネタで書きます。

20190617204442c30.jpg
アルコールがダメな人が、宴会に同席しないといけないとき、ジンジャーエール頼むことよくありますよね。あれは正確には、生姜シロップの炭酸水割りで、結構な量の生姜を使いますよ。

2019061720462430b.jpg
なるべくすっきり仕上げたいときは、香辛料を工夫します。私の発酵の先生お勧めは、ローリエ、シナモンスティック、カルダモン、グローブ。それにお好みで鷹の爪をプラス。

2019061720444280c.jpg
生姜は、生姜酵母の効き目をよくするために、スライスして表面積を増やします。レモン一個とこの日はライム半分もスライスして、スタンバイ。酵母のえさは、きび砂糖です。

20190617204623537.jpg
熱消毒した瓶に、きび砂糖→生姜→レモン・ライム→スパイスという層を三回繰り返しして入れます。いれ終わってすぐに写真撮れなかったので、30分後には、もうこんなにきび砂糖が水分を吸って、三段の層は跡形もなくなってました。

20190617204440a23.jpg
一週間たって、順調に発酵が進んでいます。もう少ししたら、発酵を止めるために冷蔵庫へ移動させます。ずっと発酵を続けると、砂糖がどんどん分解されて、甘味が全くなくなり、雑味も出てきます。

冷蔵庫では日持ちするので、少量を冷たい炭酸水やビールで割っていただきます。




06/16
瑞風同窓会 at 京都駅
こんにちは。珍しく、学校と関係なしに京都に来ています。

だいぶ以前に、寝台特急瑞風での旅行記事を、アップしましたが、今日はこれまでに瑞風に乗った乗客の、同窓会的なイベントがありました。

201906161621535e6.jpg
ちょっと、テレビインタビュー的な背景の写真で、こんにちは😃。とにかく寝台列車が大好きなので、イベント会場に足を踏み入れただけで、気分があがってます。

20190616162156ce1.jpg
私の乗った時の列車長長尾さんを見つけ、バッチリのツーショット写真。背景は、最近瑞風から見られた、天の川の写真です。ちなみに、長尾さんとは別の列車でも、ご一緒だったことがあるんです。

201906161651057b5.jpg
会場は、瑞風の走る沿線風景や、これまでの思い出ショットなどで、埋まっています。中から、日本海の微妙な色合いのきれいな一枚と、信じられない空の色が印象的な一枚を、載せておきます。

20190616162449963.jpg
展示を楽しんだあとは、お待ちかねのお食事タイム。山陽山陰を走る瑞風に、因んだ食材をフィーチャーしたご馳走が並びます。こちら、蒸しアワビと生うにのビシソワーズ、島根県益田市から。

20190616162422182.jpg
広島からは、車海老がふんだんのヴァプール。フルーツトマトやズッキーニの風味が、とても爽やかでした。他にも、瀬戸内海の名産、穴子のささめしも。

20190616162451c2f.jpg
メインの肉調理は、希少品種の奥出雲和牛。赤身がとっても美味しいお肉です。うーん、こうなると私の大好きな、奥出雲シャルドネワイン、を合わせたかったなぁ。。。同じ土地で育った食材同士は、間違いなくベストマッチなのです。

20190616162213b78.jpg
デザートは山口県からの、塩アイスとブランマンジェでしたが、スポイトにオリーブオイルが別添えされてます。好きなだけ、自分でアイスに落として食べます。

非日常の、楽しいイベントでした。瑞風に何度も乗るのは、ハードル高いですが、中国地方は京都のついでに、また脚を伸ばしたいです。


06/15
初めての空港は、とても空いてました。
こんにちは。本日私は関西に移動してます。と言っても、東京から直接でなく、とっても遠回りしてきました。

今回の記事については、東海方面の読者様に、前もって謝っておきますね🙇‍♀️。ちょっと失礼なこと、書くことになりますので。

201906151423501bb.jpg
数日前の夜、新横浜経由で移動して来たのは、名古屋駅からすぐの金山駅でした。現役時代定宿にしていたホテルに、久しぶりにチェックインし、中へ入っていくと、やはりとっても懐かしかったですねぇ。

2019061514234921a.jpg
翌朝名鉄に乗って向かったのは、中部国際空港! これまで、お客さんの送迎や見学には行ったのですが、自分でここから飛ぶのは初めてです。

201906151425301ce.jpg
勝手のわからない場所なので、若干テンション張り気味でしたが、エアラインのチェックイン・手荷物検査・出国の一連が、あっという間に終わりました。出国が顔認証式になって、早くなったこともありますが、なんと言っても空港全体が空いているんです!

2019061514235402d.jpg
スターアライアンスのラウンジも、このとおり。がらがらでした。

20190615142949bba.jpg
それでも、全日空が主体のラウンジなので、しっかりおにぎりや巻き寿司が用意されています。

201906151429524bd.jpg
搭乗口へ向かう途中も、あまり人と出くわさないので、移動がとってもスムーズ。結果的に、私の乗った飛行機もかなり空席が目立ちました。

利用者には、とても快適な環境ですが、果たして空港としての、採算は大丈夫なのでしょうか?




06/14
一瞬固まった場面集 in 都内
こんにちは。久しぶりに、明るいうちのブログアップです。

撮り貯めた写真の中から、自分自身が一瞬固まった場面をいくつか紹介します。

2019061415335725a.jpg
まず、静岡からの友人が、どうしても神楽坂の不二家に行きたい、というので同行したときの、ショーケースです。東京人でもあまり知りませんが、こちらのお店は限定でペコちゃん焼き、を売っているのですね❗️無事にゲットできて、友人はハッピーだったのですが。。。よーく見ると型で焼かれたペコちゃんの顔、恐くないですか?

201906141533549df.jpg
次は、中央線四谷駅の改札そばで目立っていた自販機です。なんとフィギュアを売ってます。。。色々並んでいるのですが、こちらは顔に歌舞伎の隈取りをしたフクロウ。その名もカブクロウ。理解できるまで、しばらく固まってました。

201906141533351f8.jpg
同じ自販機のこちらカスツムリ、はカタツムリが貝の代わりに、ごみを担いでます。マヨネーズ容器の蓋とか、うずらの卵の殻とか。。。さて、どういう人たちがこういうの収集しているのでしょうか?

20190614153508962.jpg
さてこちらは、へえそう、という程度の掲示なのですが、不思議なのは見つけた場所が、先日訪れた鳥なべ屋さんの入り口だということ。鳥なべにするのは鶏のはずだし。。。なんでドナルド?

20190614153407b8d.jpg
最後は、不思議な光景でなくて、意外な大きさと場所に驚いた一枚。地下鉄表参道駅を出た真ん前の本屋さんの壁に、週刊誌の表紙でお馴染みの、谷内六郎さんの絵の大きなモザイクが貼られてました。すごく交通量が多くて、殺伐とした場所で、とてもホッコリした一瞬でした。

現役時代、新横浜で過ごした時間が長かったせいか、都心は面白いものに溢れてます。


06/13
映える食べ物写真の極意は、嵩。
こんばんは。本日私、移動してまして、現在の場所はとてもWifiの電波が弱く、苦労しております。

なので、昨日の続きを手短な記事でまいります。

20190613205643a94.jpg
オートキャンプの食事を、おしゃれに撮影する、というとても今風な発想に、若干気圧されながらプレゼンを聴いていると、回りにある葉っぱや木の実なども、上手く装飾に利用して、季節感を出しましょうとのアドバイスも。

201906132058560e4.jpg
そして、ここからは参加者も実習します。スモーブローって、いわゆるデンマークのオープンサンド。スイスでも、スーパーマーケットで売っていて、長く電車に乗るときよく買いました。これを見映えよく作ってみましょう、ということです。

2019061320595926f.jpg
クリームチーズを塗ったパンと、スモークサーモンと生ハムが、個人ごとに配られ、添え物は写真のとおり、グループごとにワンセットきました。

20190613210151ed7.jpg
ボルボらしく、紙ざらもとっても北欧調です。シンプルにのせていくだけの料理?でも、写真映えさせるコツは、高さを盛ることだそうです。それって食べにくいと思うんですが。。。

2019061320564528a.jpg
わりとアドバイスどおり、嵩を出せたので、ボルボのロゴ入りコップと一緒に、記念撮影。

正直な感想は、やっぱり料理は美味しいことが一番ですよね。見た目も食欲に影響するけれど、それは食べる人の目に対してであって、写真の見映えとはちょっと違うように思う私です。



06/12
青山のボルボショールームで何が?
こんばんは。今日の東京地方は、いつ降りだしてもおかしくない感じの、閉塞感漂う曇り空。まあ、梅雨らしい1日ではありました。

こんなタイミングで、足を運んだ先は、なぜか都心のボルボショールームです。

201906121909520fa.jpg
車の販売だけでなく、地域の交流サロン的な役割を目指しているという、そのスペースでは、快適ファミリーキャンプのすすめ、というイベントがありました。友人に付き合っての参加でしたが、なかなか面白かったですよ。まず、キャンプと言えば夏のイメージですが、最近の酷暑では夏を避けた方がよく、ゴールデンウィーク明けの、今頃が良いのだとか。

2019061219094898d.png
20190612190949c8d.png
今のキャンプ場は、手ぶらで行っても全てレンタルできる所があるようですが、基本はマイカーに沢山道具を積み込んで、出掛けますよね。ここでボルボ車の宣伝はいりまして、こちらの車は荷物の積み降ろしで、両手が塞がっているとき、シャーシ底面のセンサーに足をピっとかざすだけで、バックドアが開閉します。面白ーい。

2019061219094748a.jpg
私も若い時分に、結構オートキャンプは行ってたので、あまり目新しい情報はなかったのですが、当時に比べてかなりおしゃれな趣味になりつつありますね。

20190612190945501.jpg
定番のバーベキューやカレーも作るのでしょうが、自宅の昼食と変わらないような、オープンサンドやサラダの上手い用意の仕方などの、色々コツを教えてくれます。

20190612190951820.jpg
そして最後には、おしゃれに整えたキャンプ料理を、いかに美味しそうに写真に撮るか、というお話に。うーん、時代ですねぇ。

20190612210637185.jpg
まあ、私もこうやって毎日ブログ書いてますから、存分に参考にしたいと思います。

今思えば、ボルボのチェロキー、一時は憧れたなぁ。



06/11
豆板醤は、空豆から作ります。
こんばんはー。今日はちょっとヘビーなスクーリングの、今期最終日でしたが、まあそれなりに切り抜けて、ほっとしている私です。今期は、後は小さめのレポート2件で終わりです。

本日お題の方は、手作り豆板醤です。

20190611173933152.jpg
タイトルにもしましたが、豆板醤の豆は、空豆です。旬が過ぎないうちに、いつもの発酵の先生の元で、作り方を教えていただきました。主材料の空豆は、20分ほど蒸して、通常食べるよりはずっと柔らかくします。

20190611173159e69.jpg
蒸し上がったら、豆の皮を剥いて身の部分だけ、取り出します。柔らかく蒸してあるので、崩れてあまり綺麗には剥けませんが、いずれにしても、全部丁寧に潰すので、大丈夫です。

20190611173935e9a.jpg
加える調味料は、まず米麹か麦麹を豆の重さの15%位。塩も同量。そして、肝心のとうがらしは、旨味を豊富に仕上げるために、韓国赤唐辛子をメインにします。分量や挽きかたは、好みで工夫しましょう。(写真には、関係ない香辛料も写っています。)

201906111732006d6.jpg
材料を全部練り合わせただけで、水は一滴も加えずに完成です。空気を入れないように瓶に詰めて、仕込み完成!

201906111741381e5.jpg
最後に手作り豆板醤を使ったナシゴレンと、漬物をいただきました。同時に、2年ものと4年ものの豆板醤を、そのままなめてみましたが、発酵調味料ですから、時間がたつほど旨味がまして、辛味もまろやかです。

この日仕込んだものも、最低6ヶ月は寝かせないと本物の味にならないので、待ち遠しいでーす。





06/10
梅雨時の花と和菓子。
こんばんはー。一日大雨降りの東京でした。この湿気には、本当にまいります。

この季節の数少ない慰めの一つが、紫陽花ですね。今月も和菓子に写してみましたよ。

20190610210253a2f.jpg
紫陽花は、どんどん色が変わるので、お菓子も色々な色が使えて楽しいです。

20190610210025ec9.jpg
餡こだまをくるんだ練り切りですが、左の桃色は、予定より少し赤い色素が多過ぎました。右の薄水色と白のグラデーションは、なかなかよい色が出せたような気がしますが、いかがでしょう?

201906102036020e5.jpg
遠目の姿にも挑戦してみます。

20190610203645a50.jpg
練り切りをふるいで、そぼろ状に押し出して、やはり餡こだまに貼り付けていきます。右側のグリーン系のお花には、黄色い蛍火を乗せてみました。

20190610203720150.jpg
5月がとっても暑かった今年、もう朝顔が咲いているのを、時々見かけます。

2019061021002330a.jpg
余った生地で、朝顔も写してみましたが、ちょっと色合いが今一つでした。。。

20190610210209a7e.jpg
最後に全部の種類を、一つずつ詰め合わせて、梅雨のいろどりです。

やっぱり、朝顔の水色が、ちょっと目立ち過ぎでしたね。



Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.