04 * 2018/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05/24
自分にご褒美の日。
今日の東京地方は、夕方から涼しくなって気持ちよかったぁ。

私は歯のメンテナンスに、自由が丘まで出向いた帰り道、ちょっと高級なお蕎麦屋さんで自分にご褒美ごはんをしました。何のご褒美かというと、
2018052422500708f.jpeg
はい、だし検定合格! えっ、そんなのあるの? これまで10人が10人に聞き返されましたが、もちろんマイナーな資格ではあります。 だけれど、和食が世界的にポピュラーになり、umami という単語もそのままフランス語になる時代です。 日本人として、だしの基本を押さえておくのは、重要だと思ってます。思い切って、初級と中上級のダブル受験して、幸いダブル合格しました!

201805240138481d0.jpeg
一月の終わりに受験し、結果はもうだいぶ前にわかっていたのですが、この認定証が到着するのを待っておりました。

20180524225009e48.jpeg
もしご興味のある方は、こちらのテキストで勉強して下さい。 150ページほどのボリュームです。

20180524225004982.jpeg
ご褒美ごはん、スタートは獺祭の冷酒にそら豆と、煮穴子のおつまみ。

20180524225007ad7.jpeg
そして、メインは天ぷらせいろ。頑張って上にしてしまいましたぁ。

だし検定でどんな問題が出るのかというと、例えば、
うまみ成分グルタミン酸は、舌以外にも受容体がある。それは人体のどの部分か? 選択肢は、
食道、指、胃、肝臓。 と言ったものです。(copyright©️2009 NIPPAN ALL rights reserved)


05/23
あまり空腹でない夜の腹拵えは、ここ。
雨降りで涼しい1日でしたね。 今日は、大好きな舞台観に行ってましたが、いつもの通り公演中の写真が撮れないので、記事にはし辛いですね。

マチネ(昼公演)に行くと良くあるのが、観劇で感激?してハイな状態になってしまい、お腹があまり空かないという状況です。 そういう時の逃げ道が、私の場合はミスタードーナツさん。 自宅から近過ぎず、遠過ぎずの距離にあるのも絶妙。 ギリギリで思い直して、やっぱり自宅で用意しよう、と決めてもまだ買い物が間に合いますので。

私の定型ミスド軽夕飯は、麺料理+ポンデリング+飲み物が定型。 撮りためた写真から、4連ちゃん行きますね。
20180523215502af9.jpeg
チョイスその1、濃厚なナポリタン + ポンデ抹茶リング + アイスウーロン茶。ポンデリングの抹茶の緑が、目に鮮やか!

20180523215511730.jpeg
チョイスその2、坦々涼風麺 + ポンデストロベリーリング + 豆乳抹茶オレ。抹茶オレの薄緑も、ポンデリングの薄ピンクも、とっても綺麗。

20180523215504427.jpeg
チョイスその3、あま〜いマリネトマトの涼風麺 + ポンデ黒糖リング + アイスロイヤルミルクティー。 この涼風麺、なかなかの味です。

20180523215505d7b.jpeg
チョイスその4、グリーンベジ涼風麺 + ポンデエクレアリング + ホットコーヒー。ファーストフードで済ませている、という罪悪感が多少は解消されるこの麺は、オクラ、そらまめ、キャベツ、アスパラガスの具に、小松菜ベースのスープです。せっかくの具材ですが若干塩味が強いので、試される際は、スープは少し残すのが良いかも。

ファーストフード、テイクアウトすることはあっても、イートインするのは、私の場合ほとんどミスドさんだけです。





05/22
ちょっとアートなティーツリー。
今日も遅くなってしまいました。 皆さん、こんばんは。

クリスマスのリースは、以前より日本でもポピュラーですが、近年はスワッグもかなり流行ってきました。 生花や生木を乾燥させ、束にしてリボンをかけて壁や窓際に吊るすもの。 イタリアンのレストランなどでも、良く見ると思います。今日は、都心へ出掛けたついでに、そのスワッグのワークショップを覗いてきました。

場所は、おしゃれな代官山駅至近のカフェ。 ワンドリンクが、参加費に含まれているので、先ずはアップルティーでひと息
201805222209562b8.jpeg

作業場所へ移動すると、木の枝や幹が無造作に並んでいます。今日の材料は、オーストラリアのアボリジニの間で、万能薬として使用される、ティーツリー。 アロマテラピー用の精油を採ったり、枝葉をすりつぶして皮膚病の薬や消毒に使用。 防虫・殺菌効果もあります。

20180522221001902.jpeg

そこから、イメージに合うパーツを一人分選んで、自分の席へ。手前にあるのは、同じくオーストラリアの植物、ブラシの木。
2018052222095887e.jpeg

自然の曲がりやボリュームを生かしつつ、あーでもない、こーでもないと、デザインを考えていきます。
201805222209538b4.jpeg

こちらは、お仲間の一人の作品です。 とても和なイメージにまとまってますね。
20180522220958203.jpeg

でもって、私の仕上がりはこんな感じ。 ワイルド〜!
20180522221004f50.jpeg

部屋飾りとして飽きた時は、バラバラにして布袋に詰め、タンスや下駄箱の殺菌剤に。葉をハーブティーにすると、口内炎予防効果も。


05/21
今年は気温が高いので開花も前倒し。
本日、なんとなくパフォーマンスレートの低い1日。 大したことしないうちに、夜になってしまいました。

今日の記事は、一昨日下町の町角でパチリした、咲き始めたばかりの紫陽花でスタートしましょう。
2018052120331010e.jpeg
あぁ、梅雨が近い。。。と、実感しますねぇ。

20180521203415f46.jpeg
一方で、藤の花はそろそろ終わり。 やはり気温が高いので、今年は盛りが早いようです。

20180521203224939.jpeg
そんなある日の友人とのランチは、以前にも紹介したステーキ店、ブロンコビリーさん。 まず、サラダバッフェでしっかり野菜を摂取。


20180521203224a5d.jpeg
こちらは、友人がオーダーしたチーズハンバーグ。 たっぷりのチーズで、お皿一面真っ白! 美味しそう!!

2018052120322904e.jpeg
私は、シンプルに赤身のステーキ。 さっぱりしてました!

20180521203228167.jpeg
この日は、ジェラートバッフェのクーポンが使えたので、デザートもたっぷりと。

フルタイムで働いていると難しいけれど、このようにランチをしっかり食べて、夜軽めにするのが合理的ですよね。



05/20
珍しく近所にある、岐阜の喫茶チェーン店
こんばんはー。 今日は清々しい1日でしたね。 皆さん良い週末を送られましたでしょうか?

本日のお題は、5月3日のブログでご紹介でした、ほうずいというお菓子を持って来てくれた、滋賀の友人とお茶したときのショットにします。

私の行動圏に、さかい珈琲さんという喫茶店があります。 多分、東京には一店舗しかない、岐阜が本社のチェーン店になります。東海方面の喫茶店では、モーニングタイムにはコーヒー代金だけで、トーストと卵を付けてくれるサービスがよくありますよね。 このお店も、東京では珍しくこれをやってくれてます。

20180520222638869.jpeg
お酒飲むお店ではないのですが、私はこの壁の装飾がとても気に入ってます。ソファ席も沢山あって、くつろげるお店ですが、タイミングによっては、かなりの時間待つ覚悟がいります。

20180520222637a06.jpeg
友人とオーダーしたのは、14時以降限定の名物リコッタチーズのパンケーキ。 タウン紙などでも評判なのですが、私自身は一度に大量の甘味を食べるのが苦手なので、いつも気になりながらオーダーできずにいた逸品。 この日は甘党が一緒なので、ワクワクしてオーダーしたものの、オーダーを受けてから焼くので、連休中だったこともあり、40分待ち。

201805202226386f2.jpeg
パンケーキが到着する前に、紅茶が6割がたなくなってしまった。

20180520222635b5b.jpeg
パンケーキ生地は、評判通りふわっふわで、チーズの滑らか食感がなんとも言えない上品さでした。 が、バナナとドライオレンジのトッピングにチョコレートソースが私には完全にtoo much... なんとか半分は食べようと頑張りましたが。

20180520222635120.jpeg
結局、流し込む飲み物が足りなくなって、コーヒーを追加オーダーしてしまったのでした。

最後にメニューを返してみたら、トッピングなしの、真っ白いパンケーキも選べるようになってました。。。完全なミステイク。。。





05/19
手になじむ道具は、貴重です。
皆さん、週末をゆっくりお過ごしでしょうか?

今日は、自宅台所の棚から飛びっきりの、お気に入りアイテムをご紹介しまずね。

201805191624285c9.jpeg
まず箱です。 イタリア製の小ぶりなチーズナイフのセットです。 イタリア製ですが、購入したのはサンフランシスコでした。 元値はなかなかのお値段でしたが、在庫なし現品ということで、頑張って値切りました。

20180519162434a38.jpeg
これが、一番よく使うナイフ。 円形のカマンベールや、家庭サイズのブロックチーズの切り分けにヘビロテです。 因みに、このセットのナイフは全て長さ14cmほどの、小ぶりです。 丸い取手で持ちやすく、他の市販品に比べて、とても扱い易いです。

20180519162434dd0.jpeg
これは、パルミジャーノなどのハードタイプを、削るのに使います。 ノミみたいな形ですね。

20180519162437e07.jpeg
逆にこちらは、ねっとりして貼りつくタイプとか、ブルーチーズのようにまとまりにくいタイプに使います。

20180519162432ad5.jpeg
切り取ったピースは、こちらで刺してお皿に盛りつけます。 正直なところ、家族だけの時はナイフ使わずに、手でサクサクと盛りつけますが。。。

20180519162435cad.jpeg
最後は、スプレッド状のチーズを塗る時に使うヘラですね。 カナッペに使うので、結構出番多いです。

201805191624196f0.jpeg
そして、全部勢揃いしたところ。 なんて可愛い〜!

普通に売っているチーズナイフは、業務用サイズが多く、家庭ではそんなに大きなブロックから切り出すことはないので、この小ぶりなセットが多いに気に入っています。




05/18
変化していくしきたり。
気がつくと5月も後半に入ってまして、雨模様の天気に弱い私には、今年の梅雨入はいつかと気にやむ時期となってきました。

5月9日に端午の節句のおもてなし料理を記事にしましたが、一緒に習ったしきたりについても5月のうちに、ご紹介したいと思います。幾つかの写真は投影されたスライドを撮ったものなので、見にくいですがご容赦のほど。

20180518183829c24.jpeg
早速ですが、これ何だと思いますかぁ?
薬玉(くすだま)のアップ写真で、全形は下のとおり縦に長いものです。赤、緑、黄色の玉がついてますよね? このなかに香料が入っていて、旧暦の5月5日から重陽の節句の9月9日まで、室内に飾られた、端午の節句飾りの原形だそうです。 邪気払いのためというのが定説ですが、実は虫除けで今の虫コナーズの役割だったとか。 小さくて身につけられる、携帯用もあったそうです。

2018051818383401a.jpeg
平安時代の貴族文化の一部で、贈りものによく使われたとか。 私のブログに時々登場する、つまみ細工の花や、水引細工と同様の手法の紐細工も使われてますね。 私が色々なワークショップに顔出ししている動機が、この辺で垣間見られるでしょうか?

2018051818383307f.jpeg
さて、見にくい写真になりますが、ちまきの原形も五色の紐で巻かれていました。五色それぞれの意味については仏教由来なので、別の機会にしますが、ともかく揃っていると物事のバランスが取れて、良いことが起こる装飾くらいに受け取って下さい。

20180518183833608.jpeg
今でも、菖蒲湯の習慣は一部で継続されてますが、原形は菖蒲をこのように屋根に乗せてました。 旧暦5月は今の6月に当たり、梅雨で鬱陶しい時期だったので、悪鬼避けのために薬草の菖蒲やヨモギを乗せたのでした。

201805181838347c4.jpeg
武士文化の時代になってくると、この悪鬼避けの菖蒲にカブトが乗るスタイルの飾りが登場。

201805181838353a8.jpeg
次に、菖蒲が香りの良いヒノキとなり、天辺には季節の花のあやめが飾られ、このような様子になりました。

ご存知のように、この後、菖蒲から勝負とか尚武の意味に解釈が変わっていき、5月飾りといえば兜だけがフィーチャーされるように、なってしまいました。 でも、元の姿はとても優雅ですよね。




05/17
クアラルンプールこぼれ話。
こんにちは。 昨日スケジュールがきつかったので、今日はまったり過ごした私です。

マレーシアの記事も今日で一段落させようと思うので、まだアップしていない写真を幾つか並べてみます。

20180516232603f19.jpeg
マンゴーといえば日本では、小さめならフィリピンから、大きめならタイからの輸入品をよく見ると思います。 クアラルンプールのマーケットでも、タイ産のものが多かったけれど、これはマレーシア産。 結構大きくて、一個100円位。 私たちには割安感あるけど、現地では高級品。
20180516232608a42.jpeg
丁度食べ頃で、ホテルのナイフでも、綺麗に飾り切りできましたぁ。うーーん、ひたすら甘い、美味しい!

2018051623265405a.jpeg
経済発展著しい国の一つであるマレーシア。 首都クアラルンプールでは、主だった場所を結ぶ無料バスを、誰でも利用できます。 景気が良ければ税収も上がるから、こういうサービス提供の余裕があるのでしょうね。

201805162326485f7.jpeg
これまでも、さんざん訪れているクアラルンプールですが、実はランドマークであるこのペトロナスツインタワーを、ちゃんと写真に撮ったの、これが初めてです。 自分でもビックリ! 撮った写真でブログを書いているうちに、物の見方が変わって来たのでしょうか?

201805162326547a4.jpeg
そして、この噴水がツインタワー正面前になります。 そういえば、これまでこのあたりにはモノレールで来ていたので、直通階段でビルに入ってしまって、外観を見てなかったんですね。 無料バスのおかげで、旅行者の初心に戻れました。

20180516232653af9.jpeg
ペトロナスタワーのすぐ向いに建つ、これも高層のツインタワーですが、なんか見た目がモジャモジャしているの、わかりますね。日本でも最近省エネ対策で、グリーンウォールとかありますが、こちらの高層マンションは、外壁の外側にずっと枠を組んであり、そこに植物を這わせています。 ♫蔦の絡まーるチャペール🎶、は皆んな知ってるけど、高層マンションでこれやってしまうの、すごい!

20180516232607196.jpeg
さて、締めくくりは、イギリスに支配されていた時期もあるマレーシア。 実は、アフタヌーンティーの習慣が、一部に残っています。 なので、朝予定のない時の私は、なるべく朝食を遅くし、ランチを抜いてアフタヌーンティーにそなえます。 写真では、割と軽めに見えますが、ナフキンに包まれてスコーンが沢山あって、なかなかのボリュームです。

今回、マンゴーを切るのにたまたま部屋にあった、ホテルのナイフを使いましたが、外国に行く時ナイフ・フォークと紙皿の持参は欠かせません。マーケットで見つけた知らないもの、美味しそうなものを買って、部屋でトライするのに、必携です。


05/16
号外のお知らせです。
これまで、読者登録してもリンクがはれないというコメントを、時々いただいてました。 昨日、pingoo側でアップデートがあり、FS2との相性が改善されているかも知れないので、お手数ですがリンクのはれていない方は、今一度読者登録してみて下さい。 今後とも、ウォンバットをよろしくお願いいたします。
05/16
日本食材には困らない、クアラルンプール暮し。
いやぁ、暑い1日ですね〜。 全然マレーシアから戻ったと言う気がしません。

さて、今日は昨晩遅く帰宅したのに、欲張ったスケジュールを入れていて、ちょっときつい私ですが、ともかく予告通りクアラルンプールでの日本食材事情を、チラホラご紹介しましょう。

私も10年住めるビザを持っていること、先にご案内しましたが、マレーシアは日本人が退職後外国暮しをする場所として、とてもポピュラーです。 このビザがあると、二軒の不動産が買えるので、一軒貸して家賃を稼ぎもう一軒で暮らすこともできます。 日本より物価が安く、親日の国が暮らしやすいわけですが、例えば同様に親日のタイと比較して、マレーシアが断然優っている点、それは言葉と言うか文字ですね。 日常語はマレー語ですが、文字がアルファベットなので、たとえ意味がわからなくても、読めます。 そうすればweb辞書で調べることも簡単です。 そして、英語のわかる人口もとても多いので、コミュニケーションにあまり問題ない国なのです。

2018051617554475b.jpeg
さて、最初のこの写真は、ISETAN デパートの食品売り場ですが、何だかわかりますか? 冷蔵ケース2面全部、納豆です! 国内でも、こんなにたくさん納豆を一度に売っているところ、見たことありません。 日本人の人口の多さを感じるとともに、最近は海外の人も結構好きですよね。

201805161755222c0.jpeg
同じくISETAN のお弁当売り場。焼き鯖、唐揚げ、ショウガ焼きなどなど、弁当も丼も美しく整列してます。 いずれも、味は日本より、ちょっと濃い目ですかね。 まぁ、年中暑いですからね。

2018051617553847b.jpeg
これは、ちょっと高級な地元スーパーでのワンショット。 6種のポッキー勢ぞろいです。 4つで260円位。 本当に日本製品とてもポピュラーです。

2018051617555655d.jpeg
そして、これはファミリーマートのパンの棚。菓子パンの品揃えは、日本とあまり変わらないですが、食パンに色々なもの塗って、1枚ずつになっているのが、沢山あります。 あまり食パンを一斤で買って、家族で食べる習慣はないみたいです。

201805161755509b8.jpeg
最後もファミリーマートから、おにぎりの棚です。 包装は日本と同じ、1、2、3と指示通りにセロファンを剥いていくあの方式。 弁当も麺類もありますが、やはりおにぎりが一番ポピュラーのようですね。 具は、照り焼き系のものが多いかな。

回教徒が多いので、アルコールが手軽に飲める環境でないこと以外は、本当に日本人には暮らしやすいところですよ。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.