FC2ブログ
03 * 2019/04 * 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/23
イタリアは、ワインも料理もバラエティー豊富。
こんばんはー。いつの間にか、風邪気味になってしまった私。大した症状はないのですが、のどがとっても痒くてどうしてものど飴をひっきり無しになめてしまい、ちょっと胃が気持ち悪いです。

そんななか、今夜はイタリアワインと食事の勉強会に、行ってきました。

20190423223149743.jpg
イタリア全20州につき、ワインの特徴や名物料理を説明してくれる、とっても充実したプレゼンがありました。と、同時に聞きながら、空腹感半端ない状態に。待ちわびた最初のお料理は、青トマトとオレンジとモッツァレラのサラダ。

20190423223147e88.jpg
左が、ベネト州名産の発泡ワイン、プロセッコです。スプマンテ(発泡ワインの総称)は、甘口が多いのですが、プロセッコはキリッとしています。スイスから近いので、駐在時はよく飲んでいて、懐かしかったです。

201904232234251e3.jpg
二皿目は、カポナータ。フランスだと、ラタトゥイユというあれです。美味しく仕上げるコツは、先に炒めるとき、茄子に十分オイルを吸わせておくことだそうです。

20190423223428620.jpg
三皿目が、タイのアクアパッツァ。本来、全くの水煮で素材からでる旨味だけで食べる料理なのだとか。でも、日本のレストランでは、たいてい別に出汁を加えてますね。

20190423223149557.jpg
プロセッコを二杯飲んだので、白ワインはパスして、これはキャンティクラシコ。お馴染みのキャンティのなかでも、しっかり熟成させてあり、色も味わいも深みがありました。

2019042322342794e.jpg
赤に合わせるのは、やはりお肉。牛肉のたたきは、春らしくふきのとうのソースが効いていて、なかなか渋い味付けでした。

2019042322342717e.jpg
締めは、ゴルゴンゾーラのペンネ。ここでも、よく合う赤ワインを合わせてくれたのですが、胃が今一の私はパスして、キャンティクラシコを継続してました。

日本でイタリアンというと、ある程度こんな料理、という固定観念がありますが、実際は地方ごとにかなり特色があることがわかりました。個人的には、北のプロセッコに南のトマトと魚介料理を合わせたいですね❗️



04/22
小劇場の町、下北沢。
こんばんは。昨日で平成の勉強に一区切りをつけた私。今日は小劇場の観劇で、気分転換でした。

観劇記事は、ここであまり書けないんですよね。通常、撮影録音NGだし、開幕中にストーリーや仕掛けのわかる内容で、ネタバレさせるのもNGだから、読者さんに伝わるような記事にならないのでね。

2019042223140845a.jpg
読者さんの中に、下北沢よく行くという人、おそらくいないですよね? 東京圏在住でないと無理でしょうし、平日は急に残業、なんてことがない職種でないと、ドタキャンになっちゃう。

201904222314108e7.jpg
数ある小劇場のなかで、今日覗いたのザスズナリ。東京はともかく、数多いエンターテイメントが、毎日披露されてますが、特に下北沢のように劇場が集中しているところで、どの演劇を観るか決めるのは、評判頼りなところがあります。

201904222314088c7.jpg
今回の脚光を浴びない女は、演出も手掛けている、ある役者さんが自身のブログで絶賛していたので、チケット即買いしたものです。取り壊しが計画されている団地での、日常と非日常が境目なく混じったシチュエーションで、ストーリーが展開しますが、ともかくストライクでした。楽しめました!

201904222319158b2.jpg
良い舞台にあった日は、どうしてもまっすぐに帰れない私です。とりあえずは、駅近くの手やきのお煎餅やさんへ、ふらふらと。こういう計り売りのお店、少なくなりましたよね。

20190422231915901.jpg
こちらは、一枚ずつ買う大判サイズ。ごまが我が家の定番です。 このあと、ちょっとグラスワインでも、と思ったのですが、今日はマチネなのでまだ四時半頃。めぼしいワインバーはまだ開いてません。

2019042223191678e.jpg
結局、少し移動して初台のイングリッシュパブへ、行ってしまいました。と、ここも劇場が近いので、時々役者さんの姿を見かけます。直前もたまたま座った席の、斜め向かいに一組おいででした。

20190422231410347.jpg
因みに、これはサバのブルスケッタ。ここで覚えて、うちでもサバ缶で作ります。が、個人的にはイワシ缶のほうが好みかな。。。

もし、読者さんの中に下北沢ファンがいらしたら、個人的にご連絡下さい。一緒に劇場めぐりしましょう!


04/21
明治時代の音曲を勉強してました。
こんばんは。昨日今日のスクーリングを終えて、束の間ボッーとしている私です。

明治時代の音曲芸能、に関する内容だったので、珍しい体験がいろいろありました。

20190421224550ffb.jpg
これは、月琴という楽器です。中国から渡ってきたものですが、今はもうどこも作っていません。桐の木でとても軽く、ピック状のバチで弦を擦ります。弦は複弦が二本で、三味線よりは易しそうです。

20190421224550f35.jpg
明治維新で、世の中ガラッと変わった中でも、鉄道が人々の時間感覚に大きな変化をもたらした。というくだりで、明治34年のJR川崎駅の写真です。私は中学卒業まで、川崎市民だったので、驚きとともに貴重な写真が残っていることに感謝です。

20190421224551ce4.jpg
明治時代になって、初めて西洋楽器で演奏された維新マーチは、地域によって、今でも神社の祭りなどで演奏されているそうです。

201904212245496e1.jpg
明治時代の音曲の歌詞本で、和紙でてきています。同時代の西洋の紙でできた本と、実際に比較できたのですが、和紙の耐久性は、素晴らしいです。

20190421224549c02.jpg
先生に合わせて、明治時代の都々逸の練習もしました。本来、都々逸などの音曲は、口伝しかしてもらえないですが、今日はこういう風に、板書で上がり下がりを教えてもらいました。実に貴重な体験のできた授業でした‼️

やはり、勉強が一段落したら、楽器始めようかなぁ🎵



04/20
このメンバーがいないと、食事にならない。
こんばんはー。昼と夜の寒暖差が大きいから、しっかり着るもの管理しないと、体調壊しますね。今日は暖かい時刻に家をでる時、玄関に出してあった薄手のコートを忘れてしまいました。帰りは、お鼻ぐすぐすです。

えっと、私このブログに外食記事が多めなので、この頃はその点を揶揄されること、しばしばなのですが、もちろん大部分の食事は自宅で用意してるわけです。ただ、傾向として調味料と油分は、とても使う量が少ないです。全く味をつけずに、お気に入りのタレだけ、ちょこっと仕上げに、というのも多いので、本日はそのお気に入りのタレたちをご紹介しますね。

20190420195546759.jpg
一番手は、キューピー製アンチョビソース! 以前アンチョビペースト的なものは、イタリアからの輸入ものしか売っていませんでしたが、今では珍しくないですね。私、ゆで卵と合わせるのは、これに決めてます。塩気強いから、茹でる水に塩は入れません。あと、バーニャカウダにも使うから、わりとすぐになくなります。

20190420195547fb6.jpg
写真が見にくいですが、スイートチリソースです。タイからの輸入もので、オーガニック。春巻きに欠かせませんが、私の場合、オムレツの必需品になります。基本的に、卵は大抵冷蔵庫にあるでしょう? そうすると、さっきのアンチョビと、このスイートチリも、うちでは冷蔵庫に欠かせないのでーす。

20190420195544619.jpg
お次は、徳島産業さんという大阪のメーカーさんの、たっぷりたまねぎポン酢。タマネギ入りのドレッシング類は、たくさん売ってますよね。最近まで、別にお気に入りがあったのですが、しばらくそっちが入手できなくて、今はこれです。見てわかりますよね、タマネギだらけ!なんです。

201904201955466eb.jpg
さあて、こちらは地味に赤酢です。酒粕で作るお酢で、江戸前寿司のシャリに、必ず使うあれです。そして、我が家は餃子に会わせるのは、赤酢にラーユのみです。

20190420195547d21.jpg
最後は、わさびごまだれ。蒸しものに、何でもよく合いますよ~。わさびの産地静岡は三島市のカメヤ食品さんの製品。切らした時は、自分で配合して作りますが、やっぱり全然違っちゃいます。

どれも必需品て、使っているのが半分をきったら、スペアを買っておくことにしてます。
04/19
鉄瓶レポート完成。
こんばんは。昨晩は月末までのレポートを一本仕上げたのですが、また夜中に興が乗ってしまい、昼夜逆転をやってしまいました。

そのレポートが、2月にこのブログにも上げた南部鉄瓶に関するものなので、今日は盛岡絡みの記事でまいります。

20190419231040f79.jpg
南部鉄器も、最近はカラフルに、いろいろな色とデザインのものが、造られていますよね。こちらは、急須になります。基本的にカラフルなのはやかんでなくて急須、つまりそのまま火にはかけられません。

20190419231046bb6.jpg
こちらは、風格のある鉄瓶ですね。これで沸かしたお湯には、鉄分が溶けだして、自動的に鉄分補給ができる、ということで近年見直されています。

20190419231457a62.jpg
急須は、火にかけられないので、これを使っても鉄分補給にはなりません。でも、とても丈夫だし、風合いが素敵なのでヨーロッパ特にフランスでは、もう20年以上前から、喫茶店でティーポットとして使われています。

201904192314589b4.jpg
そういう海外需要に合わせて、色形もどんどんバラエティーが増え、今では日本の若い人たちにも人気がでています。

201904192320533db.jpg
盛岡記事のとき、載せていなかった自分土産の1つがこれ。塩味の南部せんべいに、びっしりと納豆が張り付いている、納豆せんべい。おいしかったなぁ☺️

20190419232054fd5.jpg
こちらは、南部せんべいの表面に、りんごチップが沢山張り付いている、りんごせんべい。岩手に行くとたくさんの種類の南部せんべいがあって、とても迷いますが、この2つは私の押しです。

20190419232229a66.jpg
そして、レポート完成記念に、銀河鉄道の夜いただきました。自分にチアーズ🍶!

さあて、明日は昼間の授業なので、時差調整うまくやらないと!


04/18
二度目のお香ワークショップ。
こんにちは。いよいよ平成も残すところ12日となり、「平成最後のxxxx」というキャッチのイベントが目白押しですね。譲位される、という条件だからこそのあるあるです。私たちは稀有な時間を生きてます。

さて、本日のお題は一月近く前のワークショップになります。

20190418082806b40.jpg
1月に引き続き、二回目のお香手作りです。季節に合わせて、材料も一部入れ替るので、全く違った香りを作ることができます。

20190418082808b0f.jpg
料理でも使う丁子や桂皮は、もとの植物を知ってますが、ほとんどは粉になる前の姿がわかりません。この日は、先生がかっ香、またの名をパチョリというシソ科の植物の本体を持って来てくれました。胃薬や香水のベースにも使うそうです。

201904180828096f5.jpg
先の写真の9種類の材料を、先生の説明をヒントに、自分の好みを想像しながらブレンドしていきます。結構それぞれに、色が違いますよね。途中で、少しだけ炊いて香りを確かめながらの作業です。

201904180828108b7.jpg
ブレンドが確定したら、水を加えて練りますが、水が多すぎると元に戻らないので、少しずつ慎重に足していきます。

2019041808301407e.jpg
そして、前回と同様注射器で絞り出すのですが、あんまり進歩ないですねぇ。真っ直ぐいかない!

20190418083017a05.jpg
でも、型にいれてしまえば、それなりに格好がつきます。

2019041808301989a.jpg
コーン型の方は、先を細くして前回より火の着きやすい形に成型できました。

とても奥深くて、自分の好みを見つけるのが楽しい作業なので、また行きたいと思ってます。


04/17
食べ物記事が続いて、すみません。
こんにちは。 本日私、市役所でマイナンバーカードを受け取って来ました!
まだの方多いでしょ? うちの市は住基カードがあれば、コンビニで住民票などが印刷できるのですが、マイナンバーカードにも同じ機能があるため、もうすぐ住基カードが使えなくなるんですよね。まあ、来年からはマイナンバーカードに、医療機関への支払いを記録しておくと、確定申告の医療控除を自動計算してくれるとのことなので、多少のメリットはありそうです。

さて、本日のお題は老舗のお蕎麦屋さんです。

2019041622202670b.jpg 20190416222025f8b.jpg
住んでいる多摩地方からは、ずーっと東、東京湾近くの茅場町。駅を出て直ぐの場所にある長寿庵さんで、昨晩は20名集まっての食事会が、兜LIVEさんの主催でありました。兜町と言うと、証券取引所と証券会社しか思い浮かばない人がほとんどですが、実は江戸前の良いものが沢山残っている、ということを広めようという趣旨のコミュニティです。

20190416222337390.jpg
明治24年創業以来の歴史をご主人に伺いながら、お蕎麦屋さんのフルコースを頂きます。やはり、そば前のつまみらしく、蒲鉾の厚切りがたっぷりです。付け合わせのタコは、本当はこの時期ホタルイカの予定だったのが、あいにく売り切れちゃったのだとか。

201904162220230eb.jpg
卵焼きと焼き鳥も、そば前つまみの定番ですね。卵はちょっと甘いので、付け合わせの大根おろしにしょう油を行き渡らせて、一緒に口にいれます。

201904162220254e1.jpg
そばずしとそばいなりには、ちょうどよい味付けがしてあり、調味料要らず。

20190416222030f50.jpg
そろそろお腹がふくれてきましたが、続いての焚き物には、季節のタケノコとふきがたっぷりです。

20190416222029972.jpg
そして、これもそば屋さんならではの、天ぬきです。正確にいうと、天ぷらそばのそばぬき、なのでそばつゆに天ぷらが泳いでいる状態です。これもタケノコたっぷりで、春を満喫しました。

20190416222027acb.jpg
最後に一枚〆のおそば。もう、間違いのない歯ごたえと味でしたが、昨年の台風や水害で、今国産そば粉は量が足りず、値段もうなぎ登りなのだそうです。

多摩地方に住む私ですが、これからも兜LIVEを応援していきますよぉ。


04/16
号外
Facebookで、いつも見て下さっている皆さん。ありがとうございます。最近、写真の取り込まれ方や、私の意図しないところに記事が出たりと、不思議なことが続いてます。Android版が最近バージョンアップされた関係かと思いますが、自分では手の打ちようがありません。お見苦しい点がありますが、ご了承いただけると幸いです。
04/16
不思議なすき焼き
こんにちは。昨日少し車で走ったら、垂れ桜がとてもきれいでした。残念ながら、駐車できなかったので、写真撮れてませんが。

では、早速昨日のお肉記事の続きです。

201904160057131ba.jpg
まずは、ビタミン補給に、肉一休みのグリーンサラダ。

201904160057138f5.jpg
そして真打ち登場!さしのいっぱい入ったA5ランクの薄切り牛肉!とても見栄えしますね。確かこれで三人前。

2019041600571224e.jpg
お野菜は、とってもキノコ類が多かった。個人的には大好きですが、なんとなくお店の都合で日持ちする野菜を優先しているような? ドイツ人のお客さんは、えらく白滝に興味津々でした。

201904160057099ea.jpg
さて、こちらがすき焼き鍋。って、読者さんたち違和感ないですかね? 同じ名前の料理でも、地方によって作り方が違うのはよくありますが、鍋にたっぷりの割下を沸かして、しゃぶしゃぶのように食べる、というのは私少し面食らいました。我が家は関西風に、割下を使わなかったので、関東風の煮る方法は必ずしも詳しくないですが、煮ると泳がす、は違いますよね? まあ、お客さんたちは喜んでくれて、楽しいひとときを過ごしたので、別に問題はないのですが。。。

20190416005710e1f.jpg
〆のうどんまで、この割下スープに投入してつくり、口のなかは甘辛味でいっぱい。その後の柚子シャーベットは、大変ありがたかったです。

たまのイベントなので、なかなかいけないこういうお店にも、興味津々で行きますが、元々油脂類の苦手な私、霜降り肉とか大トロとかは苦手かな。今話題の熟成肉も、たまたま冷蔵庫で古くなっちゃった、というのは有効活用すれば良いけど、わざわざ古くしてカビた部分廃棄するのは、抵抗ありです。なるべく、自然が良い。


04/15
インテリアは、肉の塊たち。
こんにちは。久しぶりに20℃に手の届きそうな、好天の多摩地方です。が、風がつよーいので、そこまで暖かくは感じないかな。

今日のお題は、現役の時の仕事仲間が来日し、一緒に行ったお店です。

201904151613491ca.jpg
ジャーン。のっけから肉塊がずらりの絵面。この日はお客さんの好みに合わせて、肉料理のお店です。って、このショーケースが店内にあれば、あるあるなんですが、実はここ、玄関扉手前の場所なんです。誰もが間違いなく圧倒されます!!

20190415161345c67.jpg
お店の看板はこちら、さん。都内に数店舗ありますが、他府県にはまだ展開してないみたいですね。

201904151613577f2.jpg
スターターは、ナムル的なゼンマイと豆もやし。こうやって出てくると、ちょっとおしゃれな食べ物に変身ですね。

20190415161359119.jpg
肉料理一品目は、ボイルした牛タン。柔らかくて、めちゃうまです。すき焼きを目的にきたのだけれと、個人的これが一番美味しかった!!

20190415161359681.jpg
食中毒事件以来、規則が厳しくなって、なかなか食べられないユッケとも、久しぶりに対面しました。西洋人が生卵食べられるかな、という方に気が行っていたので、せっかくなのに味をあまり覚えてません。。。

メインのすき焼きについては、明日に続きます。




Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.