FC2ブログ
01 * 2020/02 * 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
02/22
試飲の量が半端ない。
こんにちは😃 折角の三連休ですが、食べ物絡みのイベントはぼつぼつ中止になってきてます。私も昨年から申し込んで楽しみにしていたのが、没になってがっかり😞してます。

さて、記事の方は昨日のワイナリーから。

20200221213658e57.jpg
日本でブドウは真夏から秋のくだものですが、パース郊外のここでは、真夏(日本の8月相当)の今収穫はとっくに終わっていました。

20200222135007f49.jpg
てっきり、工程見学をしてから、最後にちょっと試飲させてくれるツアーだと思ったのですが、入ったところは即売店でした。

202002221349189be.jpg
ここで担当のお姉さんが客の人数分のグラスを前に、簡単にワインの説明をしてくれ、試飲は白スパークリングからスタートで、なんと最後の高級な赤ワインまで7種類たて続け! しかも毎回この大きなグラスの4分の1位注いでくれます。

2020022213462289b.jpg
試飲後はヘロヘロになってしまい、どれが美味しかったのか、判定不能のためワインは買わず終いに。代わりにこの二重構造になった、ワインなどの冷たい飲み物が温まりにくいグラスを、記念にゲットしました。

20200222135300067.jpg
ホテルに戻っての食事は、フラワーディナーとのことで??でしたが、基本各料理に食べられるお花が載っている、というだけのものでした。一皿目は、チーズとズッキーニのフライです。

20200222135302030.jpg
メインディッシュは、ポークばら肉のソテーでしたが、余程大きな豚さんらしく、あぶら身の厚みが4センチも! 日本人は全員肉のところだけ食べて、あぶら身残してました。

20200222135303f1e.jpg
デザートのイチゴのムースにも、エディブルフラワーがたくさん載ってました。

試飲でたっぷり飲んでしまったので、さすがに夕食ではアルコールをスキップしました☺️


02/21
ワライカワセミもいましたよ。
こんばんは。新型コロナウイルス問題は、だんだん他人事でなくなってきましたね。頻繁にイベントに参加している私も、これからは慎重にいかねば。

さて、記事の方はそろそろカバシャムワイルドライフパークを出て、先へ進みます。

202002212134159d0.jpg
鳥の中でも、こちらワライカワセミはポピュラーですよね。日本のカワセミより、ずっと大きくてふっくらしてます。

2020022121341376f.jpg
私が通った途端に、ケケケケと鳴き出しました。笑い声に聞こえるかどうかは微妙だけれど、確かに軽蔑されてる感じには聞こえるかな。

20200221213414231.jpg
最後はご存知の方も多いでしょう、メンフクロウのショットで、このパークともお別れです。

20200221213411411.jpg
バス移動の途中では、高い樹の上に、印象的なひつじ雲がかかって、はっとするようなアーティスティックな景色に遭遇しました。

20200221213700f70.jpg
しばらく走ると、広いブドウ畑が広がってました。各畝の端にはバラが植えられています。バラを植えておくとブドウの病気を早く見つけられるから、という昔からのやり方ですが、今は消毒技術が上がっているので、形だけだそうです。

明日は、こちらのワイナリーの記事でまいります。


02/20
リアルウォンバットですよぉ!
こんにちは。曇りの鬱陶しい東京地方ですが、今日も私は新しい手仕事に挑戦してきたので、また後日のネタができました☺️

そして、記事の方は満を持して、この子の登場でーす。

202002201542043b9.jpg
うーん、やっぱりかわいい😁💖 私がハンドルネームに使っているのがこの子、ウォンバットです!こちらはケバナウォンバットという種類で、若干おじさん顔ですが、まだ幼児なので眠ったまま写真モデルをやってます。

20200220154205dd0.jpg
コアラと同様、一般客はだっこできませんが、上の写真では私は右脚だけなででます。テンションマックスですので、飼育員さんとの会話も弾みましたよ🎵

2020022016585939f.jpg
最近は日本の動物園にも、それなりの数のウォンバットが飼育されてますが、夜行性なのでだいたい寝てますよね。私がパースに行く目的は、ひとえにこのカバシャムワイルドライフパークでウォンバットに会うことなんです🤗

20200220163107619.jpg
さて、オーストラリアは砂漠も多くて、爬虫類がいっぱいいます。こちらはその昔一世を風靡した、エリマキトカゲ!

2020022016310991f.jpg
こちらは、いかにも食料の少ない砂漠で、ガリガリの状態で生きているっぽい、スキニーなトカゲさん。

20200220163110172.jpg
この人懐っこいのは、体表をさわるとゴムでできた模型みたいな手触りでした。が、この後エサをやったら、舌がきれいなブルーで、びっくり。

せっかくのウォンバット生写真なので、プロフィール写真を今日これに変更しました😃💕




02/19
腹ペコさんがいっぱい。
こんにちは😃 今日は珍しいスクーリングがありました。数寄屋造りの有名な建物の展開図が配布され、これを切ったり貼ったりして、模型に組みあげる作業。ふすまや天井などの調度を、立体的にイメージできます。

さて、記事の方は昨日の続きの、かわいい動物たちです。

20200219132722cc9.jpg
オーストラリアの動物と言えば、コアラの次にカンガルーでしょうか。カバシャムワイルドライフパークでは、たくさん放し飼いされていて、パーク備え付けのエサやりができます。私が、小さい子達を選んでやっていると、こっちもちょうだいアピールしてくる一回り大きいのが、右腕をツンツン😲

202002191327234af.jpg
無視していたら、ここにいるよぉ! と大アピール。たまらず、少しこの子の足元にもエサを少し落としてあげました。

20200219132745c48.jpg
と、このとおり、おとなしく食べ始めてくれてほっとした私。が、もっと大きいのが、後ろからそぉっと覗きこんでいるのに、この時はまだ気づいておらず。。。その後周りじゅうをカンガルーに取り囲まれ、エサを地面に撒いて退散せざるをえない状態になったのでした。

202002191327460d2.jpg
オーストラリアには、オウムやインコも沢山の種類がいます。こちらのクルマサカオウムは、世界で一番美しいと言われ、100万円以上するそうです。美しいけれど、声はギャーギャーとうるさいんですよね。

20200219132832cb5.jpg
ショッキングピンク色のモモイロインコは、オーストラリア全土でみられるようです。インコという名前でも、実際はオウムの一種で、人の言葉もある程度覚えるそうですが、自分の嫌いなエサは足で捨ててしまいます。これはブルッコリー。

202002191328336d1.jpg
こちらのオウムは、名前をメモし忘れましたが、深いグリーンがとてもきれいです。黄色いくちばしと羽根元のトルコブルーが差し色になっていて、とってもおしゃれ!

明日も、とっておきの動物をご紹介しますよぉ☺️



02/18
かわいいのがいっぱい
こんばんは。今朝、無事に成田空港に到着しました! やっぱり南半球から戻ると、寒く感じます。が、頑張って午後は早速朗読の授業に出てきましたぁ。

その結果疲れ気味なので、本日も短めになりますが悪しからずです。

20200218174129420.jpg
パースの郊外に、カバシャムワイルドライフパーク、というオーストラリア特有の動物を、保護飼育している施設があります。珍しい有袋類がたくさんいますが、取りあえずは毛がむくむくのポッサムです。夏なのに、こんなにむくむくで暑くないのでしょうかね。

202002181741401fb.jpg
こちらを向いてくれないので、からだしかわかりませんが、これも特有のハリモグラ。カモノハシとこのハリモグラだけが、哺乳動物なのに子供は卵で産まれます。

20200218174131090.jpg
そして、オーストラリアと言えばおそらく一番最初に思い浮かべる、こちらはコアラですね。動物虐待にあたる、ということで、現在ほとんどの施設で来客に抱かせることを中止しています。が、このように一緒に写真撮影は可能です。でも、夜行性ですから、起きているのは稀です。

20200218174136293.jpg
が、次の瞬間面倒くさそうに、こっちを降り返ったので、私の方がびっくりした瞬間のショットです。

2020021817414081a.jpg
ちょっとの間、ちゃんと起きてくれたのですが、カメラマンがベストショットの確保に時間をかけているうちに、また爆睡してしまい、苦笑いの私でした。

明日も、楽しいショットが続きますよ😃



02/17
パース、キングスパーク。
こんばんはー。現在パース空港で出発便待ちをしております。

ということで、時間に限りがあるので、今日も少し短めにまいります。

202002162338326e8.jpg
市の中心からバスで10数分行いくと、市民の憩いの場キングスパークに至ります。早速、きれいなユーカリ並木です。ただ、ここウエストオーストラリアには、コアラの食べるユーカリは自生していません、

202002162345234ca.jpg
あちこちで鳥の鳴き声がしますが、このレッドテイルブラックパロットは、市街近くで見つかるのは珍しいそうです。直訳は赤尾黒オウム、けっこう大きな鳥です。

20200216233630868.jpg
キングスパークは、植物園にもなっているのですが、こんなバオバブの樹もありました。バオバブはアフリカの樹ですから、太古の時代アフリカとオーストラリアは地続きだった証拠ですね。

202002162342156ee.jpg
公園の中心には、戦没者慰霊碑です。常に灯っている松明の回りは、素敵な花壇で覆われています。向こうに見えるのは、スワン湖です。

明日は、東京からお送りしますね。


02/16
パース市内ショットあれこれ。
こんばんは。今夜はホテルのwifiから、fc2のブログサーバーに繋がらなくなり、一時お手上げ状態に。

今は復帰してますが、まだ不安なので軽めの記事でまいります。

202002162341280cc.jpg
パース滞在中のホテルは、繁華街の端辺りにあるので、少し行ったところから、繁華街中心の歩行者天国エリアになります。ベンチなどもたくさんあるのですが、今は真夏なので、屋外でじっとはしていられません。

2020021623404817f.jpg
イギリス人が入植して開拓した国であり、町でもあるので、歴史的な建物は多くがイギリス風です。こちら市庁舎の時計塔。現代的なビルとのコントラストが、際立っています、

2020021623435978d.jpg
ロンドンの建物を完コピして造られた、ロンドンコートは、中がアーケードになっていますが、その商店街もロンドンの町並み風です。

20200216233956525.jpg
パースは、一時ゴールドラッシュに沸いた町でした。造幣局の正面には、当事一攫千金を狙ってやって来た、金鉱掘りの銅像が。最大75kgの金塊が実際に採れたそうです。

と、本日はこれまで。

02/15
競争でよりレベルが上がってます。
こんばんは。夏真っ盛りのパースからです。今日は郊外へ出掛けたので、38℃でしたぁ。

記事の方は、少し戻って木曜日のANA機内です。

202002160106594a3.jpg
ビジネスクラスのアメニティケースは、各社がある程度の予算内で、デザインを競ってますが、ANAの今回のケース、悪くないです。私は大抵機内においていきますが、中身も最小限に絞ってあって、これなら持って帰っても良いと思いました。

20200216010407809.jpg
飛び立って一時間ばかりで、早速の昼食サービス。ワインはせっかくなので、オーストラリアのソーヴィニヨンブランをオーダー。和食も洋食もおつまみは共通です。

202002160104527bb.jpg
ミールのチョイスは和食にしました。最近外国エアラインも、日本発便の和食は質が上がっているので、差が縮まっているかな?と興味ありました。が、やっぱり本家ですね。すごく美味しいです。特に、刺身を普通に出すと乾燥しがちですが、鯛にごまだれをたっぷりかけて食べるので、全く気になりません。

20200216010452f25.jpg
メインはすき焼き。和牛らしい柔らかさに、丁度よい甘辛さの味付けで、こちらもよい感じです。地味だけど、ごぼうの味噌漬けが、特に気に入った私です。漬け物が美味しいというのは、日系キャリアでないとないでしょうね。

20200216010700576.jpg
デザートは二種類、とても見映え良く甘そうなのがありましたが、私はフルーツにしました。日系で嬉しいのは、締めの緑茶がちゃんとしている点ですね。

202002160105352de.jpg
飛行時間10時間10分ですが、一眠りして目が覚めたら、5時間半ほど経過していて、喉がカラカラ。機内かなり乾燥してますね。スナック類は飛行中いつでもオーダーできるので、アイスクリームを即注文。ラーメンやたこ焼きもあります。

20200216010534fda.jpg
着陸二時間前に夕飯がサービスされますが、乗っているだけの消費カロリーからして、フルのミールはお断りし、スナックメニューから、サラダとロールキャベツをいただきました。

ビジネスクラスについては、半分程度しか席が埋まっていなかったので、気兼ねなくいろいろ要望が出せ、気の休まるフライトでした。パースに日系の直行ができるなんて、予想してなかったですが、快適です。


02/14
昨日の移動先は?
こんばんは😃 東京はまた暖冬に戻った陽気のようですね。

実は私の今いるところは、とても暑いのですが、取りあえず昨日の移動先をお知らせしましょう。

202002140109541c5.jpg
まず早朝都内に移動し、ここは6時半ころの渋谷駅新南口。ありゃ?全然人いない! 多摩方面だと、この時刻そこそこ人出あるのですが、都心はスタート遅いんですね。私は、ここから成田エクスプレスに乗ったのでした。

20200214003741318.jpg
成田空港は全体的に空いていて、チェックインも荷物検査も、とってもスムーズ。加えて、出国も全部自動機になってしまったから、10秒もかからず通過。余裕綽々で、取りあえずゲートの確認へ向かいます。

2020021401213628c.jpg
はい、ご覧のとおり。搭乗するのはNH881便、オーストラリアのパース行きでした! ANAが昨年9月から、直行便を飛ばしているんですが、わりと知られていないですよね。機材はボーイング787、機体が軽くて省エネ効率のよいあれです。

2020021400443141a.jpg
パース便のゲートは47でしたが、となりに総2階建てのシンガポール航空エアバス380がいました。この機材はボーディングブリッジを、機体の一階と二階に渡さないといけないので限られたゲートしか使えないんです。因みにA380の製造は、来年で終了することが決まっています。やはり少し大き過ぎたみたい?ですね。

20200214011901071.jpg
ゲートが確認できた後は、安心してANAラウンジへ。47ゲートはラウンジにとても近いので、便利です。空港全体が空いているので、ラウンジもとてもゆとりがありました。

20200214004239670.jpg
朝食をスキップしてきたので、待望のきつねうどんをオーダー。飛び立つと一時間ですぐ昼食なので、加減をしながらサラダと巻き寿司も少々ゲット。

202002140041155aa.jpg
さて、10時50分搭乗開始で、いよいよ乗り込んだNH881便。ビジネスクラスの配置は、最近多い1-2-1。もちろん、フルフラットになります。昼便ですが、朝が早かったので、上空でしっかり昼寝しておこうと思います。

やはり新型コロナウイルスの影響で、空移動の旅行者も減っていることを、空港で実感しました。


02/13
今年最初のこぎん刺し。
おはようございます✨ 本日遠距離移動をするため、午前中のブログアップとなります。

お題は、今年最初のこぎん刺しワークショップです。

20200213092820348.jpg
これまで、ランチョンマットやコンパクトミラーを作ってきましたが、今回の材料は、こんな感じです。何ができるかな?

20200213092818af1.jpg
今回、模様の図面はハードコピー上でなくて、ウェブサイトから直接見ているので、写真に撮れませんが、これまでとちょっと違った雰囲気です。

20200213092810699.jpg
実は、いつもよりお高い糸が用意されていて、使っているのは色変わりの糸。なんですが、この状態では良くわからないですねぇ。模様自体は小さいものなので、小一時間で刺し終わり、布の周囲を縫い縮めて、中に綿を入れました。

20200213092045c9e.jpg
そうして完成したのが、これ。まだ何かわからないでしょうか? 大きめの針山ですよぉ。この角度だと、糸が色変わりしているの、よくわかりますね。

20200213092814e36.jpg
ぽっこりして、なかなか可愛いので、もう一個作ったのがこちら。糸の色変わりが効いているでしょう? ただ、このように地の色が黒っぽいと、とても刺すのが大変なんですよね。

針山だけでなく、ポプリ入れなどいろいろと使えそうで、楽しみです。







Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.