04 * 2018/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05/09
おもてなし、そのオリジナルの姿を知りたい。
肌寒い一日でしたね。 体調崩されてませんか?

色々なワークショップに、やたらめったらと参加している私ですが、今日の記事は極めたいと思っている本筋に近いものになります。

5月5日は端午の節句でしたが、この日が子供の日になったのは、ほんの70年ほど前のこと。 5月は旧暦では6月に当たり、田植え前に穢れを祓って豊穣を祈願するのが、この行事の大元の意味だったようです。

2018050918400463a.jpeg
端午の節句のための軽食の御膳。 専門家の方から、しきたりやいわくをお聞きしながら、いただきます。 今年は5月5日が旧暦の立夏に当たり、初夏の香り漂う献立です。

20180509184012ab7.jpeg
お椀の中は、魚そうめん。 青々としたたっぷりの三つ葉が、目にも舌にもとても爽やかです。

20180509184004372.jpeg
向付は、うざく。 うなぎをキュウリと合わせた酢の物ですね。 私も作りますが、うなぎを使っていても、さっぱり頂ける一皿です。

20180509184056e62.jpeg
食べ始めてから、別に大鉢で筍とふきの煮物がまわってきました。 各自自分の分を汁椀の蓋に取ります。 初夏に筍?と思われましたか? 筍は種類が豊富で、トータルすると生で食べられる時期も結構長いのです。

20180509184007f8f.jpeg
子供の日のちまきは甘いお餅が入ってますが、ここではおすしを巻いた、食事の一部です。 食べる時は、太い方からイグサを解いて、食べ終わったら簡単に元に戻して(空の葉っぱをまたイグサで巻いて)おくのが作法だそうです。

20180509184009e85.jpeg
この日の中身は、エビのおすしでした。 葉っぱは今では、ほとんど笹ですが、本来はちがやを使うので、ちまきと呼ばれます。

20180509184055bcc.jpeg
濃い茶の到着を待つまでの甘味は、そらまめを模したふわふわのお饅頭。 なかなか良いショットが撮れなかったけど、一目で思わず、わぁ!と声を上げてしまうような出来栄えです。

20180509184059e3e.jpeg
そしてお抹茶とのツーショット。 とても初夏らしい、爽やかさが目に心地よいです。

最後に一つうんちくをば。 五月晴れという言葉がありますが、先に書いた通り5月は旧暦の6月です。 五月晴れの意味は、梅雨のジメジメした季節に、寸の間からっと晴れた状態。 5月中の晴天のことではないんですよね。




04/17
今日は、軽い記事です。
こんばんは。 今日は色々なことがあって、ブログネタも複数あるのですが、時刻が遅くなってしまったので軽ーーい記事で失礼します。

ある集まりで、実用的だけどちょっと面白い系の小物が必要となり、今話題のLA発トレンドショップ、Forever 21で仕入れた、こんなシリーズをご紹介。

201804172308452a0.jpeg
可愛いクマのパッケージですが、右上に雨水? 汗? いやいや、アルファベットを読んでもらうとわかりますね。 ちょっとおどけたシャワーキャップなんです。

20180417230853701.jpeg
中身を取り出すと、こんな感じ。 耳はただの飾りですが、割とゆったりサイズのキャップなので、カーラー巻いた上からでもいけそうです。

20180417230848800.jpeg
ペンギンも、

20180417230853394.jpeg
パンダも、

20180417230847c32.jpeg
豚さんも。

正直とてもリーズナブルなお値段でしたが、パッケージ見てほっこりして、どれを選ぶかでも楽しんで、そしてもちろん日常使いして。 10代女子にうってつけ、という事にしておきますが、かわいい物使いに年齢制限はありません!





04/09
インスタ用の小道具を試しました。
こんばんはー。 1日の中で気温差が大きいですね。 私最近、割と暖かかった夜に、ワインバーで預けたコートを忘れてきてしまいましたが、この時期気温差への対応にコートは必需品なので、皆さんも気を付けて下さいね。

ブログを始めて3ケ月ちょっと。 ちょっとしたきっかけで、ある小物を入手しまして、今日はその実験にお付き合い下さい。

こちら、美味しいブルーチーズタルトを、敢えて紙皿に載せてみました。
20180409150625e30.jpeg

インスタ映え用の背景が印刷してある、ペラペラのセロハンを置き、そこにタルトを載せました。
20180409150624baa.jpeg
これで豪華なデザートに見えますかねぇ? 写真を撮る環境をきちんと整えれば、もう少し本物っぽくなるのかなぁ?
テーブルに直置きでなくて、お皿の上にこのセロハンを置けば、もっと立体的になるかと思いましたが、お皿のカーブに対して、セロハンは真っ平らなので、シワが寄って絵柄がちゃんと出ないんです。

乗りかかった船なので、キャラメルバナナタルトでも試してみました。
20180409150625eaa.jpeg

20180409150625b65.jpeg
これは、もっと濃い色のテーブルに置いたら、少し見映えするショットになるかも知れないですね。

もう一丁、今度はアプリコットタルトで。
2018040915062278e.jpeg

背景の図柄的には、これが好きですね。かわいいです。
2018040915062220c.jpeg

しかーし、やはりフェイクは本物を超えられません!
20180409150622ad3.jpeg
最後に、何も飾らないまま、ちょこんとウェッジウッドのお皿に載せて。 本日の実験おしまい。

私はいつも、あくまでも記事の補完として写真を掲載してますし、 あまり上手ではないですが、フェイクして盛ってまで載せる気は起こりませんけどねぇ。。。


04/02
サントリーホールの舞台に上がりました!
うーん、今日も気温上がってますね〜。 昼間は5月下旬並みだとか。 手作り醤油の発酵もだいぶ進んできて、毎日チェックしないと、中ぶたが中からのガスで飛びそうです。

さて、昨日アークヒルズのさくら祭りを記事にしましたが、実は祭りの一環でサントリーホールのオープンハウスをやっていました。
201804021617499da.jpeg
ガイドツアーもあったのですが、私は観客として何度もホールを訪れているので、自由見学を選択。

2018040216175049b.jpeg
何度も来ているのに、何がそんなに珍しいのかって? はい、それはね、公演のある時はホール内の撮影も録音も一切が禁止されるから、自由に撮影できる機会はほとんどないのですよ。 この巨大なパイプオルガンも、写真に撮れたのは初めてなのでーす。

20180402161750e9f.jpeg
これは、舞台後ろ側の座席から舞台と普通の客席を見下ろした景色。 人気の公演でチケット完売のときは、こちら側の座席も観客で埋まりますが、演奏している人達の後ろ姿しか見えないですよねぇ。 音はどう聴こえるのかなぁ?

20180402161752fc8.jpeg
さーて、この木目は? なんとなんと、サントリーホールの舞台そのものです。 いわゆる板の上にも、オープンハウスで上がれるんです! 切れ目が見えますね、内側だけ演出用の回転舞台になってました。

20180402161756417.jpeg
そのままカメラを上方に振ると、こんな景色です。 天井も壁も木材を多用していて、本当に音響の素晴らしいホールなんですよ。

20180402161743afa.jpeg
こんなチャンスがあるとわかっていれば、燕尾服を用意していったのですが。。。 残念なことに、ゆる〜い私服のまま、本物のサントリーホールの舞台で、指揮台に乗ってしまいました! 左手の構えがちょっと変でしょうか? これね、不思議なもので、指揮棒を渡された途端、無意識に何十年も前と同じ構えをしてました。 若い頃、時々振る機会があったのですが、そういえば当時の先輩で両手をクロスして構える人がいたなぁ。 ルックスも良かったので、その構えがカッコ良かったのだけれど、演奏する側からは分かりづらい指揮だったなぁ。。。


02/18
80歳の座長さんに、素敵な時間をいただきました。
こんばんは。 また時間ギリギリですが、気張って書きます。

今日は新宿の、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA、へ出かけました。 若いころ知り尽くした新宿ですが、当時まだ開発されていなかった一帯なので、すごく遠まわりしてしてしまって昼食時間のタイミングをロスしましたが、とりあえず無事到着。

本日観てきたのは、伊東四郎 魔がさしたコントライブ「死ぬか生きるか!」
伊東リーフ 伊東四郎さんは、てんぷくトリオ時代から知っていますが、土曜日の午前中3時間位のラジオ番組をMCしていた時期があり、私はその番組が好きでヘビーリスナーでした。 その感性にすごく共感してました。

伊東イラスト 御年80歳での、8年ぶりでのコントライブ、それを観覧する機会が来るなど予想外でしたので、とりあえずは入場できただけでなんかわくわくでした。 死ぬか生きるか、というのは直接的にコントの題名というより、体力や記憶力への不安から舞台で何か起こるかわからない、という意味合いらしいです。

相方、というかこの企画の言い出しっぺが、三宅裕司さん。 お二人は32年間にわたって共演されてますので、互いの間合いをすっかりわかり合った同士。 他に三宅さんの主宰する劇団SETのメンバー数人に、伊東さんの次男孝明さんが加わっての舞台でした。 
伊東SET SETを聞き慣れない方のために、昨年サンシャイン劇場入口で撮ったポスター写真を挿入してみました。 右が松本白鷗(当時は幸四郎)さん主演のアマデウスのポスターで、左がSETの本公演ポスター。 トランプの顔は三宅さんで、光ってしまっているのが小倉久寛さん。 雰囲気だけでわかると思いますが、アマデウスがシリアスものなのに対して、SET(スーパー・エキセントリック・シアター)は大衆演劇的というか誰にもとっつきやすい公演で、大変集客力の高い劇団です。 私はどちらも好きなので、両方とも足を運びました。

さて、ライブは5話構成でしたが、いずれもテレビでコントが大人気だった頃の台本を、少し今風に書き直した感じ。 あまりリアルタイムでテレビを見ていなかった私ですが、やはり懐かしさにほんわかさせられます。 さらに、デジタル社会の現代、いろいろな情報には鋭いエッジがたっていて、且つすごいスピードで動いていくのに対し、ゆったりとした会話(演者の年齢も手伝って)のなかで、純粋に言葉あそびを楽しめる、貴重な空間と時間でした。 幕が下りて帰っていく観客は、皆頬が緩んでました。

伊東軽食
ティータイム時でどこも込み合うなか、とりあえず席の取れたカフェで、クリームチーズのスコーンと紅茶の遅い昼食を取りながら、劇場で買ったライブのプログラムを読みふけった私でした。

因みに、今日が千秋楽だったからか、ぽち袋のおまけ付きでした。
伊東ポチ袋

Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.