FC2ブログ
06 * 2020/07 * 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07/04
中国東北地方の食文化。
こんばんは。九州では、豪雨でまた被害が出ました。幸い熊本の同級生も鹿児島の知人も、連絡がついて無事だったので、本当にほっとしましたが、今の日本では片時も気が抜けませんね。

さて、今日の私はさっきまで中華料理屋さんの、ズームイベントに参加してました。

20200704181112b80.jpg
前もって、老酒舗さんという台東区のお店から、こんな荷物が届きました。3月中旬までこのブログにもよく登場した、キッチハイクさんのアレンジで、お店に集まれないけど一緒にお料理を食べながら、オンラインでお店を見学します。

20200704181042a15.jpg
横浜の中華街は広東料理店が多いですが、こちらは中国東北地方のお料理を提供しています。この巻物は、干豆腐。中華風味付湯葉、という感じの前菜です。細く切ってネギ油でいただきます。

20200704181114bc5.jpg
これはザーサイの漬け物に鶏肉と大豆を合わせた箸休めですが、必ず温かくして食べるそうです。私はアルコール度数の高い中国酒は無理なので、ビールを飲みながらでしたが、とてもよく合いました。

2020070418110858d.jpg
メインのギョウザは、東北地方では基本的に水ギョウザが食文化だそうで、鍋に湯を沸かしたら冷凍のまま茹でます。今日のは、羊肉入ですがクミンなどの香辛料を工夫してあって、臭みはほとんど感じません。

20200704181054513.jpg
お店紹介では、厨房もオープンに見せていただき、これはオーナー自作の春菊を調整しているところ。今日のギョウザにも入っていましたが、とても新鮮で美味しそうな春菊です。

20200704181014e16.jpg
ベテランクックさんたちによる、ギョウザ包みの実演も。一日に1500個位包むそうですが、ご覧の通りきれいに形も大きさも揃ってます☺️

20200704181100bec.jpg
今晩は宴会の予約があるそうで、ちょうど羊を丸焼きにしているところでした。これで12kg位の羊だそうです。

因みに、ギョウザの餡にニンニクは入っていません。ニンニクは別に用意し、前歯で少し噛った直後に水ギョウザをパクリして、口内で合わせるそうです。まだやってないけどけっこう刺激ありそうですね。


06/19
超ミニでも、実際に使えます。
こんにちは。今日は小雨ですが、とても涼しくて過ごしやすい東京地方です。

最近時々目にするミニチュア文房具は、ご存じですか?

20200619160359f97.jpg
私一応芸大生なので、メモ帳にスケッチブックデザインを使ってます。手のひらサイズです。ある程度量のあるメモならばスマホに入れますが、ほんの1-2行であれば書き付ける方が早いので、バッグのポケットに常備してます。

202006191603515d3.jpg
友人にとても受けたので、同じラインで他にも探してみました。こちらも手のひらサイズのキャンパスノート。スケッチブックはMarumanさん製ですが、こちらはお馴染みのKOKUYOさんですね。

20200619160403cba.jpg
もっと懐かしいのも見つかりました。ジャポニカ学習帳のこくご用。私も小学校で使ってましたが、表紙の写真と科目にど関係があるのか、疑問に思っていたのを覚えてます。これはショウワノートさんですね。

20200619160334a8d.jpg
KOKUYOさんでは、こんなものも。超ミニのファイルボックスと、スクラップブックデザインの紙袋。どちらも、ちゃんと実用になります。

2020061916034270b.jpg
最後に、いつものように全員集合の写真。まとめて、友人の誕生日にプレゼントします。

05/26
好奇心に勝てなかった🤦
こんばんは。今日は、ずっと不要でもないけどある程度不急だった用事を決行しました🎵

昨日ここで書いた通り、ソフトバンクの営業所へ電車に乗って行って来ましたぁ。

20200526182917378.jpg
うーん、2ヶ月ぶりで降りたった南大沢駅! 前回はまだ冬仕様の花壇だったと記憶していますが、今やシャクヤクが真っ盛り☺️ですね。

20200526182918083.jpg
Softbankはもちろん営業してますが、予め予約しないと受け付けてくれません。完璧に故障してしまったら、大変ですよね。私の場合は、電池が膨れてきて、修理と機種変のどちらが合理的か、の相談でした。

20200526182914e5c.jpg
店内はご覧のとおり、三密を避けてとっても広々としたレイアウト。以前は、普通の椅子と机だったのですが、客用の座席がソファーにアップグレードされてました。

20200526182911028.jpg
私はずっとAndroidユーザーで、あまり費用負担がなければ、4Gの上位モデルに機種変するつもりで行ったのですが。。。
お店では、やっぱり最新機種を推してきますよねぇ。今の生活に、そんなに上位機種はいらないはずだけど、と思いながらも、現役時代に最新ITを研究していた癖が出てしまい、本体の容量や写真の画素数に惹かれて、やっちまいました。

20200526182915866.jpg
結局の5G対応機種をゲット。画像が8Kまでいけるというので、ブログもグレードアップするかも知れません😃 ちなみに、iphoneと比べて、こんなに大きいです。

202005261829147e9.jpg
これは予想外でしたが、おまけにVRゴーグルが付いてきました! 3Dを映画館で観るのはちょっと気が引けるので、このセットで、ひっそりとおうちVRデビューができそうです。

しばらくは、現行機種とSIMを交互に出し入れして、ゆっくりアプリの載せかえをしていきまーす。


05/22
2ヶ月ぶりのクイック外食。
こんばんは。今日も涼しい1日だった東京地方。脚がなまらないよう、少し歩いて普段行かないファミレスへ、ピザのテイクアウトに向かいました。

ところが、ファミレスに着いたら、ひっそりと店内サービスが始まっていたんです。もちろん三密を避けて。

20200522164839790.jpg
まだ店内サービス開始があまり知られていないようで、店内はガラガラ。お店の人と話しているうちに、店内も使ってあげた方が良いかなぁ、という気になって計画を変更。2ヶ月ぶりの外食を敢行してしまいました!

202005221648435cb.jpg
座席数はいつもの半分以下なので、雰囲気も新鮮。久しぶりなので、海外で知らないお店に足を踏み入れたときのような感覚でした。まずはアンチョビ・ポテサラとノンアルビールで乾杯。でも、なんとなく気が引けている自分がいます。

202005221648288a4.jpg
定番のほうれん草ベーコンがやってくると、少し落ち着いてきました。自分でもしょっちゅう作りますが、うちではバターを使わないので、久々のお店の味です。

20200522164844ffb.jpg
メインはマグロのカルパッチョです。これも自宅だと、普通にお刺身でいただくので、バジルソースとマヨネーズはお店の味ですね。

20200522164845d70.jpg
最後は小エビのアヒージョ。あっつ熱で火傷に注意ですが、運んできたお店の人が、空いてますからゆっくりしていって下さい、と。ありがたい一方で、やはりなんとなく落ち着かない自分がいました。

小池さんの仰るレベル3位にならないと、平常心での外食は無理な感じです。


05/20
Zoomで酒蔵見学。
こんにちは。今日は最高気温でも20℃に届かない、涼しい東京地方です。暑がりの私は、快適に過ごしてますが、東北では雪が降ったとか。

自粛継続中、いろいろなエンターテイメントがweb会議、特にZoomを使ってのミーティングで発信されるようになっています。

2020051918304519a.jpg
元々3月に都内で、永井酒造さんのイベントが予定されてました。もちろん中止になり、今回Zoomでのリベンジに私も参加しました。実際のスタート画面です。

20200519183043372.jpg
社長さんがリモートで案内してくれてる永井酒造さんは、1886年創業。群馬県の川場村の老舗の蔵元さんです。日本酒はお米とお水での勝負なので、良いお水が大量に取水できることが必須。

202005191830514ac.jpg
たまたま当日は雨だったのですが、画面をオフラインの写真に切り替え、直ぐそばに、このようにきれいな水源のある、風光明媚なロケーションとの説明。こういうところはITの便利なところです。

20200520161633bb2.jpg
これから、酒造工場見学に入るので、参加者各人が永井酒造さんのお酒を注いで、リモート乾杯🍶です。全員で20名位の参加です。私のは、水芭蕉スパークリング、というシャンパン製法の泡sakeです。瓶がきれいでしょう🎵

20200519183045218.jpg
工場に入ると、大事なお水についてのちょっとしたレクチャーが。伏見の酒と灘の酒の違いは、水の硬度の違いによるとか、主だったミネラルウォーターの硬度の違いなどを解説してくれます。

20200519183048f1e.jpg
ここから先は、普段立入禁止の場所で、Zoomのための特別公開ということだったので、写真は一枚だけにしておきました。ここは工場の三階で洗米のラインです。二階で発酵させ、一階で製品になるというように、だんだん降りていきます。

20200519183046d7c.jpg
永井酒造さんは、日本酒の世界レベルでの市場拡大に、早くから取り組んでいて、これはパリの高級ホテルでソムリエを集めてのキャンペーンの様子。欧米人に受け入れ易いよう、泡sakeを本当に熱心に開発されています。

飲みながらのweb会議は、聴いている時間が長いので、ついペースが早くなりちょっと危険でした。そして、私の場合は仕事で散々web会議をやってきたので、プライベートでもこれを使うのは、正直なところ抵抗があります。どうも芯からリラックスできないです😢


Copyright © 2020 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.