FC2ブログ
06 * 2019/07 * 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
07/15
チームラボプラネット、凄い!
こんばんは。いよいよ、野菜価格高騰が現実のことになってきました。この先の天候が、本当に気になります。

さて、本日の記事は、先日学友たちと体験して来た、チームラボプラネットというミュージアムです。

2019071520164096e.jpg
期間限定で、豊洲市場の隣駅にあたる、新豊洲駅真ん前で開催中です。

20190715203125e95.jpg
言葉で説明するのは、とても難しいのですが、全身と(味覚以外の)五感で鑑賞する、美術館と言えばいいかなぁ? 7つの展示空間があるのですが、分かりやすいものだけ紹介しますね。

20190715203120628.jpg
入館者は、まず全員裸足になって、暗い歩道を足で地面を感じながら、順路を進みます。地面は、じゅうたんだったり、スポンジだったり、固かったり、と感触がどんどん変わります。そして、ある空間に行き着くと、そこは目も眩むような、光の部屋です。

20190715203127343.jpg
透明なパイプが天井から無数にぶら下がり、それぞれの中にLED電球が沢山連なって入ってます。プログラムで、それらの色を絶妙に変化させて、光のページェントが繰り広げられます。この世のものと思われないような体験です。

2019071520224449e.jpg
裸足で歩いて進んでいるわけですが、いくつ目かの部屋では、膝下位までの温水プールへ進入して行きます。そこでは、いろいろな種類の魚が、光の映像になって、人のまわりを泳ぎまわります。

20190715202556106.jpg
だいぶ途中を飛ばしてますが、最後のこの部屋が圧巻です。天井から壁面全てがガラスのスクリーンで、寝っ転がって鑑賞します。

201907152025034e4.jpg
空から(天井から)、次から次から、花のシャワー映像が降って来ます。人工的なものとわかっていても、その美しさと華やかさに誰もが感動してしまいます。隣の友人は、天国ってこんなかな?とボソッと呟いてました。

実際には、映像に音が加わっているので、本当に五感を揺さぶられます。興味を持たれた方は、是非webで調べてみて下さい。順次他の都市でも、開催するはずです。


06/13
映える食べ物写真の極意は、嵩。
こんばんは。本日私、移動してまして、現在の場所はとてもWifiの電波が弱く、苦労しております。

なので、昨日の続きを手短な記事でまいります。

20190613205643a94.jpg
オートキャンプの食事を、おしゃれに撮影する、というとても今風な発想に、若干気圧されながらプレゼンを聴いていると、回りにある葉っぱや木の実なども、上手く装飾に利用して、季節感を出しましょうとのアドバイスも。

201906132058560e4.jpg
そして、ここからは参加者も実習します。スモーブローって、いわゆるデンマークのオープンサンド。スイスでも、スーパーマーケットで売っていて、長く電車に乗るときよく買いました。これを見映えよく作ってみましょう、ということです。

2019061320595926f.jpg
クリームチーズを塗ったパンと、スモークサーモンと生ハムが、個人ごとに配られ、添え物は写真のとおり、グループごとにワンセットきました。

20190613210151ed7.jpg
ボルボらしく、紙ざらもとっても北欧調です。シンプルにのせていくだけの料理?でも、写真映えさせるコツは、高さを盛ることだそうです。それって食べにくいと思うんですが。。。

2019061320564528a.jpg
わりとアドバイスどおり、嵩を出せたので、ボルボのロゴ入りコップと一緒に、記念撮影。

正直な感想は、やっぱり料理は美味しいことが一番ですよね。見た目も食欲に影響するけれど、それは食べる人の目に対してであって、写真の見映えとはちょっと違うように思う私です。



06/12
青山のボルボショールームで何が?
こんばんは。今日の東京地方は、いつ降りだしてもおかしくない感じの、閉塞感漂う曇り空。まあ、梅雨らしい1日ではありました。

こんなタイミングで、足を運んだ先は、なぜか都心のボルボショールームです。

201906121909520fa.jpg
車の販売だけでなく、地域の交流サロン的な役割を目指しているという、そのスペースでは、快適ファミリーキャンプのすすめ、というイベントがありました。友人に付き合っての参加でしたが、なかなか面白かったですよ。まず、キャンプと言えば夏のイメージですが、最近の酷暑では夏を避けた方がよく、ゴールデンウィーク明けの、今頃が良いのだとか。

2019061219094898d.png
20190612190949c8d.png
今のキャンプ場は、手ぶらで行っても全てレンタルできる所があるようですが、基本はマイカーに沢山道具を積み込んで、出掛けますよね。ここでボルボ車の宣伝はいりまして、こちらの車は荷物の積み降ろしで、両手が塞がっているとき、シャーシ底面のセンサーに足をピっとかざすだけで、バックドアが開閉します。面白ーい。

2019061219094748a.jpg
私も若い時分に、結構オートキャンプは行ってたので、あまり目新しい情報はなかったのですが、当時に比べてかなりおしゃれな趣味になりつつありますね。

20190612190945501.jpg
定番のバーベキューやカレーも作るのでしょうが、自宅の昼食と変わらないような、オープンサンドやサラダの上手い用意の仕方などの、色々コツを教えてくれます。

20190612190951820.jpg
そして最後には、おしゃれに整えたキャンプ料理を、いかに美味しそうに写真に撮るか、というお話に。うーん、時代ですねぇ。

20190612210637185.jpg
まあ、私もこうやって毎日ブログ書いてますから、存分に参考にしたいと思います。

今思えば、ボルボのチェロキー、一時は憧れたなぁ。



06/02
皇居を眺めながら、アフタヌーンティー。
こんばんは。もうすぐ梅雨入り。気が重いです。。。

記事の方は、明るくいきましょうね。おとといは月末の金曜だったので、早く仕事を上がれる友人たちと待ち合わせ、ちょっとハイソなお茶に行きました。

20190602231911c1c.jpg
場所は、内幸町辺りの有名ホテルの17階。日比谷公園と皇居の一部が、見渡せる特等席です。

20190602232721b57.jpg
昼下がりなので、お茶と書きましたが、英国式のアフタヌーンティーなので、がっつり一食の分量があります。まず、アスパラガスのスープと、グリンピースのフランでスタート。

20190602232601196.jpg
そして、ジャーン! 例の三段になったお皿に、サンドイッチからケーキまで、とりどりのセットが登場。せっかくなので、泡酒も少々いただきます。これに備えて、三人とも昼は抜いてきてますからね。

20190602232445a33.jpg
少しメニューを説明しますと、一段目はスモークサーモンのサンドイッチと、ツナのロールサンド。

201906022323559a0.jpg
二段目が、ベリーとポテトのキッシュにブルーベリーヨーグルトとスティック野菜。

2019060223231108d.jpg
ここで、焼きたてのスコーンが登場! 小さめですが、お腹にたまります。

20190602232230ab6.jpg
ここで、お酒を紅茶に換えて、ゆっくり三皿目のデザートタイムです。

私には、お昼とおやつを兼ねて、量的に丁度よいアフタヌーンティーですが、それでもなかなかのカロリーです。イギリス人は、スニッカーズに衣を付けて揚げて食べるとか。どんだけカロリー好きなんでしょう。

04/22
小劇場の町、下北沢。
こんばんは。昨日で平成の勉強に一区切りをつけた私。今日は小劇場の観劇で、気分転換でした。

観劇記事は、ここであまり書けないんですよね。通常、撮影録音NGだし、開幕中にストーリーや仕掛けのわかる内容で、ネタバレさせるのもNGだから、読者さんに伝わるような記事にならないのでね。

2019042223140845a.jpg
読者さんの中に、下北沢よく行くという人、おそらくいないですよね? 東京圏在住でないと無理でしょうし、平日は急に残業、なんてことがない職種でないと、ドタキャンになっちゃう。

201904222314108e7.jpg
数ある小劇場のなかで、今日覗いたのザスズナリ。東京はともかく、数多いエンターテイメントが、毎日披露されてますが、特に下北沢のように劇場が集中しているところで、どの演劇を観るか決めるのは、評判頼りなところがあります。

201904222314088c7.jpg
今回の脚光を浴びない女は、演出も手掛けている、ある役者さんが自身のブログで絶賛していたので、チケット即買いしたものです。取り壊しが計画されている団地での、日常と非日常が境目なく混じったシチュエーションで、ストーリーが展開しますが、ともかくストライクでした。楽しめました!

201904222319158b2.jpg
良い舞台にあった日は、どうしてもまっすぐに帰れない私です。とりあえずは、駅近くの手やきのお煎餅やさんへ、ふらふらと。こういう計り売りのお店、少なくなりましたよね。

20190422231915901.jpg
こちらは、一枚ずつ買う大判サイズ。ごまが我が家の定番です。 このあと、ちょっとグラスワインでも、と思ったのですが、今日はマチネなのでまだ四時半頃。めぼしいワインバーはまだ開いてません。

2019042223191678e.jpg
結局、少し移動して初台のイングリッシュパブへ、行ってしまいました。と、ここも劇場が近いので、時々役者さんの姿を見かけます。直前もたまたま座った席の、斜め向かいに一組おいででした。

20190422231410347.jpg
因みに、これはサバのブルスケッタ。ここで覚えて、うちでもサバ缶で作ります。が、個人的にはイワシ缶のほうが好みかな。。。

もし、読者さんの中に下北沢ファンがいらしたら、個人的にご連絡下さい。一緒に劇場めぐりしましょう!


Copyright © 2019 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.