FC2ブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
11/17
久しぶりの明治座。
皆さん、こんばんは。 実は昨日が私の誕生日でしたぁ! そして、今夜はお友達が家族ぐるみで、そのお祝いをして下さって、先ほど良い心待ちで帰宅したところなんですぅ。

さて、本日は興奮がなかなかブログにしにくい、観劇の記事でまいります。

201811171537431cf.jpg
都営新宿線で都心を西から東へわたると、日本橋あたりで浜町駅に到着。 ほぼ隅田川沿いですが、町名からすると埋め立て前は、江戸湾もすぐそこだったのでしょう。

20181117153739f59.jpg
が、今や周りはビルだらけ。 そんなところにあるのが 、明治6年開設の明治座、130年経ってるんですね。

20181117153845a5d.jpg
脇には、このとおりお稲荷さんが祀られていて、舞台に上がる役者さんたちは、ここで大入りを祈願するのでしょう。

20181117153743d2f.jpg
今掛かっているのは、魔界転生。 天草四郎が、死後魔界で生き返って、恨みのある相手に復讐する、というストーリーを軸に、合計7人の有名人が生き返って、現世に悪さをする、というケレン味の強い出し物です。何度か再演されている芝居ですが、日本テレビ開国65周年舞台なので、キャストがめちゃめちゃ豪華です。

20181117153743245.jpg
ロビーには出店がいっぱいで、開幕まで呼び込み合戦を繰り広げます。 ちなみに役者さんには、映像で見るより舞台でとても映える人が、時々いますよね。まあ、私見ですけど。 今回の天草四郎役、溝端淳平さんも、私的にはその一人です。 ネタバレになってしまいますが、今回彼はワイヤーアクションがとても多く、吊られていると思うように動けないので、大変そうです。

20181117153743516.jpg
松平健さん、浅野ゆう子さんといった大ベテランも、今回は悪役ですが、その存在感たるややはり大したものです。。。悪者退治の親分は上川隆也さん。 彼は映像でも舞台でも、腰が据わっていて印象は変わりません。 さて、昔ながらの明治座では、幕間休憩が30分あり、この間に食事をするのが通例です。

20181117153844fe2.jpg
これが本当の幕の内弁当ですね。 食堂もありますが、席から移動して食べ始めるまでに、10分位すぐに過ぎてしまうので、とても落ち着いて食べられません。

ケレン味の多いお芝居も、エンタメとして楽しいですが、ちょっとストレートプレイが恋しくなってます。



10/31
ハロウィン当日、昔は仮装で出社したことも。。。
こんにちは。 朝晩結構冷えてきました。 今晩仮装して集まる人たちは、気をつけないと。

私とハロウィンの出会いは、まだ日本ではほとんど知られていなかった、30年近く前のアメリカでした。 今のように思い思いの仮装というよりは、魔女とかお化け系のオーソドックスなのがほとんどで、普段お化粧をしない私も、それなりのメイクに魔女の衣装で出勤したものです。。。

20181031132948958.jpeg
おとといの山梨ドライブで、最後に寄ったのがこちら、河口湖オルゴールの森。 ハロウィンのデコレーションが、すごくかわいいです。

2018103113294722a.jpeg
オルゴールの森ですが、私の目的はサンドアートでした。 テレビで時々見るかと思いますが、光を当てた半透明の画面に砂をこぼし、これを指で拭いながら絵にしていくアートです。バイオリンとピアノの音楽に合わせ、絵がどんどん描き変えられてストーリーを語ります。

20181031132947f6c.jpeg
この日のストーリーは、鶴の恩返し。 雪の夜に若者が一人暮らししている家に、見知らぬ娘が一夜の宿を求めて訪ねてきました。

2018103113294609d.jpeg
二人は一緒に暮らすようになると、娘は機織りでとても上質の布を織り、若者を助けます。

20181031132945473.jpeg
機織りをしているところは、絶対に覗かない、と娘と約束していた若者ですが、少しずつ弱っていく娘が気になり。。。

2018103113294119f.jpeg
とうとう覗いてしまうと、そこには自分の羽を抜いて織っている鶴の姿が! 娘は、いつぞや罠にはまって動けなくなっているところを助けた、鶴の化身だった。

201810311329368fa.jpeg
正体の露見した鶴は、遠く飛び去って行ってしまいました。

サンドアートはやはりナマで見ると、そのテクニックに驚かされます。 皆さんも機会があったら、是非ご覧になって下さいね。


10/29
ヨーデルに誘われて、ハイジの村へ。
こんばんは。 今日は日射しが強かったぁ。 こういう日は、思った以上に体力を消耗している感じがします。

私、週末に上野の東京文化会館へ足を伸ばしました。 といっても、コンサート会場には入らず、正面玄関前の広場へ。

20181029222449b28.jpeg
実は、お友達の伊藤啓子さん率いる、ヨーデル合唱団のミニコンサートがありました。伊藤さんは本場スイスで、何度も賞を獲っている本格派のヨーデル歌手さんです。

201810292224508e3.jpeg
これまでコンサート会場でしか、聴いたことがなかったのですが、もともとヨーデルは遠くにいる人との、コミュニケーションに使っていたものですから、屋外で響く歌声はとても趣がありました。

20181029222450daa.jpeg 20181029222552485.jpeg
と、そのヨーデルでスイスに心を馳せた私は、前から行ってみたかった、山梨県のハイジの村へと向かったのでした。

20181029222451cd7.jpeg
201810292225524f6.jpeg
上の写真の塔から、見下ろした景色はこんな感じ。とてもチャーミングです。 数年住んでいた者としては、どうしても若干の違和感を感じますが。。。

201810292225507c4.jpeg
でも、考えてみたら、スイス村でなくて、ハイジの村でしたね。

201810292224445c1.jpeg
私的に一番スイスっぽかったのは、ラクレットの電熱器! この、大きなチーズをそのまま溶かして、こそげ取る器具は、最初に見た時、そして食べた時、大興奮したものです。

20181029222553feb.jpeg
はい、出来上がりです。

前にも書いたかも知れませんが、熱々のラクレットやチーズフォンデュは、冷えたビールと一緒に食べないで下さいね。 窒息しますよ〜!


10/24
あこがれのシーフードレストラン。
こんばんは。 気温も落ち着いて、良い感じの秋晴れの1日でしたね。

しばらくヨーロッパ紀行記事を続けてましたが、今日はちょっと休憩して、グルメ記事いっちゃいます!

20181024215558031.jpeg
変わった料理に興味深々のメンバー5人で昨晩訪れたのは、新宿駅ほど近くのレストラン、ダンシングクラブ。クラブと言っても、カニの意味の方ですよ。上に写っているテーブルクロスは、防水仕様の使い捨てです。

20181024214234644.jpeg
大阪と福岡にもお店があるので、もう知っている読者さんも多いかな? ここはカトラリーを使わず、全部手づかみで食べさせるレストランなんですね。 このサラダも紙に包まれて、でてきました。

201810242142375d4.jpeg 20181024214243c2d.jpeg
各自、手を伸ばして長めの葉っぱを手に取り、そのままガシガシ食べます。多少のためらいを感じつつも、チーズたっぷりで美味しいサラダでした。そして、カトラリーは使わない前提だけれど、ユニークな形のカニばさみだけは、使うみたいです。

201810242229458ba.jpeg
おおぉ、いよいよやってきました。 メインのシーフードコンボ! 店員さんが袋から、ドバッとテーブルの上にぶちまけます。 ピリ辛トマトソースの香りがたまらないです。まだ湯気が立っているでしょう?

20181024222942360.jpeg
次にレモンガーリック味のもぶちまけて、いざ素手で戦闘開始です。

2018102421555769c.jpeg 20181024214243f7b.jpeg

とりあえず、片手が空いているうちに、ハマグリとカニコロッケの写真だけ、なんとか確保。 このカニコロッケが、カニだらけで絶品です。

20181024214212261.jpeg
シーフードを食べきると、バゲットが出てきます。 おわかりですね、残ったソースを拭いながらいただきます。。。 たまりませーーん。

20181024215606d7f.jpeg
ちなみに、食事中ずっと女子は私も含めて、このカチューシャをかぶってましたぁ。

ダンシングクラブで、実際にカニは踊りませんが、定期的に店員さんのダンスタイムがあります。


10/11
キャンドル細工は、綺麗な色がいっぱい。
こんにちは。 私のヨーロッパ旅行も、後半に入りましたが、もう少し予約投稿でご辛抱下さい。

どんな分野でも、色の綺麗なものが好きな私。 キャンドル細工も、とっても魅力的です。

20181003185725b54.jpeg
先日アップしたのは、グミワックスの細工でしたが、その後あまりワークショップがないので、今回は普通のキャンドル細工を試してみました。テーブルに色とりどりのキャンドルがずらっと! 見ただけで、気分が上がります。

2018100318572843c.jpeg
今回立方体で作るので、まず展開図から厚紙で型を作ります。

2018100318573446e.jpeg
底面に芯をわたし、好きな色のキャンドルにどんどん火を点し、溶けてきたロウを模様になるよう、ポタポタ落としていきます。

201810031857354a5.jpeg
底を4ミリ位埋めたら、次は4つの側面も順番に同じ様に埋め、5面が皆埋まったら、あいている空間を白いロウで埋め、即冷やします。 十分冷めたら、型紙を破って本体を取り出し、表面を少しお掃除。

20181003185733c6a.jpeg
セロファンで包み、紐やリボンをかけると、一挙にプレゼント風に。

20181003185736a9a.jpeg
映え用、インスタ撮影バックもありましたが、個人的にはこういうのあまり。。。

両方やってみて、やはり私はグミワックスをもっとやりたいです。


Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.