06 * 2018/07 * 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07/16
W杯が終わり、私の旅日記も最終日。
こんばんは。 今日も早朝からルーティンを済ませた私ですが、夜中まで決勝戦を観てたので、超寝不足。 ちょっと昼寝のつもりで横になったら、5時間経っていた。。。

さて、今日の記事で私のバルカン半島紀行も最終ページです。

20180716213654a6f.jpeg 20180716213701002.jpeg
世界文化遺産のドゥブロヴニク旧市街は、本当に趣きのある町です。 昨日アップした手長海老をいただいたレストラン、マルコポーロも、石造りの建物に囲まれた、石階段の途中にあります。

20180716213947c6a.jpeg 20180716213657854.jpeg
パン屋さんの電灯も、喫茶店の入り口もみんなアーティスティック! いくら歩き回っても飽きません。

2018071621395182d.jpeg
涼みがてらに入場した修道院の回廊も、写真を撮らずにいられない素敵なシーン。

20180716213954d62.jpeg
集合時刻まで残り30分となり、観光の留めはフルーツたっぷりのソフトクリームにしました。これはメロンですよ。

20180716213955871.jpeg
帰りはドゥブロヴニクからイスタンブールまで飛んだ後、丁度日付が変わるころに成田便に搭乗です。

20180716221130a15.jpeg
先に書いた通り、トルコ航空に乗ったのは今回が始めて。 なのでルートをずっとモニターしてましたが、ご覧のとおりイスタンブール出発後、ほとんど東に向かって一直線。 そのまま関東上空まできて、最後の最後このショットの時点でいわき上空。 ここでほぼ直角に右折して成田に向かったのでした。

たまたま訪れたクロアチアが、4年に一度のW杯で大活躍だったので、何倍も気分の上がる旅になりました。 うーん、まだまだ世界は広いですね。。。


07/15
いよいよ、憧れのドゥブロヴニク!
こんにちはー。 皆さん、暑さに融けてませんかぁ? 私は今朝5時から洗濯を開始し、11時にはルーティンを一段落して、その後室内でゴロゴロして今に至ってます。

バルカン半島旅行から帰国して、今日で一週間。 今日の記事は私にとっての、旅のハイライトであった、アドリア海の真珠ドゥブロヴニクです。

20180715181525c8a.jpeg
20180715181630e0d.jpeg
ドゥブロヴニクの地名が耳慣れない方も、この風景には見覚えありませんか? 青の濃淡が美しいアドリア海に、せり出したオレンジ屋根の旧市街。魔女の宅急便の背景モデルにされた町、そしてもちろん世界文化遺産です。

201807151816334c8.jpeg
15〜16世紀に貿易で栄えた港町です。 強国相手に自治権を持ち続ける、高い外交手腕を発揮して繁栄したそうです。

20180715181633d4b.jpeg
ヨーロッパのバケーションシーズンに入り、大型客船も着岸。

20180715181635faf.jpeg
逆光ですが、波の穏やかな入り江で、カヌー教室をやってました。

20180715181524239.jpeg
午後からの街歩きに備えて、腹ごしらえ。 ガイドさんのお勧めに従って、まずはたっぷりの茹で手長海老。 身が甘くて、味が濃くて、美味しい!! ちょっと食べるのは面倒だけど、気にならない位美味しい。

20180715181521d25.jpeg
メインはこちらのパスタです。 何だと思います? なんと、黒っぽいのはトリュフ! はい、トリュフパスタを張り込んでしまいました。 うーん、思い出しただけで、あの香りが鼻を抜けていきますよぉ。

20180715181523108.jpeg
シメのデザートは、シンプルなカスタードプリンです。 ヨーロッパのプリン、硬すぎず柔らか過ぎず、また甘すぎずで、食べ易いんですよね。

さあて、いよいよ明日の記事はドゥブロヴニクの街並み観光後、一路帰国となります。


07/14
モンテネグロはコトルで起きた悲劇!
こんばんは。 天気予報通りの猛暑でしたが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?

私の記事の方も、予告通りモンテネグロ編をアップしますね。

クロアチアからモンテネグロへは、またバスで国境越えです。 その時の担当者によって、パスポートチェックがほとんどなかったり、厳しかったりするそうですが、この日はほとんどフリーパスでした。
20180714205315941.jpeg
モンテネグロとは、黒い山という意味の国名で、訪れたコトルは、入り江と旧市街の街並みが美しい、世界遺産の町でした。

201807142053154d0.jpeg 20180714205318757.jpeg
中世そのもの、の感が漂う時計台や両側に建物が迫った細い歩道。 ガイドさんが、隣の家には窓越しに入れるのだと、冗談とも本気ともつかない説明をしてました。

2018071420514701f.jpeg
町にはたくさんのネコがいて、シンボルになっています。

20180714205144fff.jpeg 20180714205148f85.jpeg
しばらく歩き回って、自由時間にお決まりの地ビールで、一息。 そして、バスに再集合して、クロアチアに戻ろうとした時、悲劇はおきました。 グループメンバーの一人が、自由時間にパスポートをすられてしまった!!
百歩譲って、盗難そのものは予期せぬ災難、と割り切るとします。 が、すられた場所が悪かったぁ。 モンテネグロでの盗難なので、モンテネグロの規定に則った書類手配が必要。しかーし、この国には日本大使館がなく、セルビア共和国のベオグラードまで行く必要がある! 二百歩譲って、それも仕方ないと得心するとします。 が、本当の悲劇は、そのベオグラードに行くのにはビザが必要で、その取得に3日位かかるという事実です。

結局、当人はクロアチアへ戻るバスから降ろされ、全く別行動となりました。。。

20180714205145c54.jpeg
他のメンバーも、皆んな凹んでしまいましたが、夕食には山盛りのムール貝を奮発して、翌日の為に気分の盛り返しを図ったのでした。

ちなみに、日本人が普通に入国する分には、90日までセルビア共和国にビザはいりません。

07/13
世界遺産、城壁の町トロギールと港町スプリット。
こんにちは。 気象庁から、この暑さが9月まで続くとの発表でしたね。 真剣に身体への負担を考慮して、夏の計画を立て直さないといけませんね。

ちなみに、今お届けしているクロアチア旅行中も、連日30℃越えのペットボトルが手放せない毎日でしたが、この日の観光は二ヶ所の世界文化遺産。

20180713162717ab0.jpeg
まずは、城壁の町
トロギール。 紀元前に古代ギリシャの植民都市としてつくられた後、古代ローマ、ヴェネチア共和国と、代々強国の影響を受けてきた町です。 名物のひょうたんの容れ物や天然のスポンジが、いい感じに吊るされているお土産やさん。

20180713162718338.jpeg 201807131628370dc.jpeg
旧市街は、今も普通に住民が生活しているのですが、どこを切り取っても、そのままで絵になる景色。 町丸ごと、フォトジェニックなので、シャッターを押しっぱなしでした。

201807131627191c0.jpeg
陽気なガイドさんが、通りかかったネコを抱き上げて、ポーズ。ネコだけでなく、自分も撮って!というアピールです。彼の顔色からも、当日の暑さがうかがえますね。

20180713162714503.jpeg
次に移動して到着したのは、港町スプリットです。 アドリア海の対岸はイタリアなので、バカンスで来ているイタリア人が多かったですが、それ以外にも世界中からの旅行者で溢れてました。

2018071316283877b.jpeg
海辺を散策しながら見上げると、街灯にハトが整列して休憩中。一羽だけ白いのだけど、ハト仲間のなかで色の違いは意識してるのでしょうかね? それにしても、あんなところで暑くないのかなぁ?

201807131628347e0.jpeg
気候が良いので、フルーツはふんだんです。街頭にもその場で絞ってくれるジュース屋さんの屋台。サマータイムという、ミックスをオーダーしてみました。 グレープフルーツ、マンゴー、レッドオレンジ入です。

20180713173309af8.jpeg
ジュースを窓際に置いただけで、アートになってしまう、そんな素敵な町でした。

翌日は、モンテネグロに入ります。




07/12
プリトヴィツェ湖群国立公園、オゾンがいっぱい。
こんばんは。 昨日は、W杯日本対ベルギー戦の夜まででしたね。

そして翌朝、昨夜の結果を引きずって、なんとなく冴えない面持ちのまま、一行は世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園へ。 200平方キロメートルの広さを誇る、自然遺産で3時間のハイキングです。
2018071218390235f.jpeg
201807121839046db.jpeg

2018071218390111c.jpeg
写真では広さ感が出ませんが、3時間歩いても5分の一位しか廻れません。 究極の森林浴と、澄んだ水に泳ぐ魚群観察をエンジョイしました。

2018071218434873f.jpeg
ハイキング後のビールは格別! クロアチアの地ビール、すっきり爽やかです。

201807121843079d0.jpeg
201807121844039c6.jpeg
ランチは、濃〜いトマトスープに、焼いたマス。 マスの塩焼き、と書かなかったのは、ほとんど塩気がなかったからです。身はもちろんとても美味しいのですが、日本人は皆、しょう油ないかぁ、と物足りな気。 一緒に盛ってある野菜がガーリックで濃い味付けになっていて、これと一緒に頬張るものらしいです。

20180712183818564.jpeg
2018071218431821f.jpeg
前夜のホテルでも小動物の剥製がありましたが、ここのレストランでも、イノシシやシカの剥製がずらり。 さすが、世界自然遺産です。

201807121852426f4.jpeg
午後は南下して、シベニクという町で今度は世界文化遺産の一つ、聖ヤコブ教会を見学。 写真の通りとても優雅で美しい建物でした。 が、この午後は物凄く暑くなり、意識が朦朧。 この町の記憶はほとんど飛んでます。

20180712183858187.jpeg
確かに足跡を残した証しはこれでしょう。東京から9,527kmのところですね。

今朝は未明でしたが、乗りかかった舟でクロアチアの準決勝戦観てしまいました。 ここまできたら、15日も応援しますよー!





Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.