04 * 2018/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05/21
今年は気温が高いので開花も前倒し。
本日、なんとなくパフォーマンスレートの低い1日。 大したことしないうちに、夜になってしまいました。

今日の記事は、一昨日下町の町角でパチリした、咲き始めたばかりの紫陽花でスタートしましょう。
2018052120331010e.jpeg
あぁ、梅雨が近い。。。と、実感しますねぇ。

20180521203415f46.jpeg
一方で、藤の花はそろそろ終わり。 やはり気温が高いので、今年は盛りが早いようです。

20180521203224939.jpeg
そんなある日の友人とのランチは、以前にも紹介したステーキ店、ブロンコビリーさん。 まず、サラダバッフェでしっかり野菜を摂取。


20180521203224a5d.jpeg
こちらは、友人がオーダーしたチーズハンバーグ。 たっぷりのチーズで、お皿一面真っ白! 美味しそう!!

2018052120322904e.jpeg
私は、シンプルに赤身のステーキ。 さっぱりしてました!

20180521203228167.jpeg
この日は、ジェラートバッフェのクーポンが使えたので、デザートもたっぷりと。

フルタイムで働いていると難しいけれど、このようにランチをしっかり食べて、夜軽めにするのが合理的ですよね。



05/19
手になじむ道具は、貴重です。
皆さん、週末をゆっくりお過ごしでしょうか?

今日は、自宅台所の棚から飛びっきりの、お気に入りアイテムをご紹介しまずね。

201805191624285c9.jpeg
まず箱です。 イタリア製の小ぶりなチーズナイフのセットです。 イタリア製ですが、購入したのはサンフランシスコでした。 元値はなかなかのお値段でしたが、在庫なし現品ということで、頑張って値切りました。

20180519162434a38.jpeg
これが、一番よく使うナイフ。 円形のカマンベールや、家庭サイズのブロックチーズの切り分けにヘビロテです。 因みに、このセットのナイフは全て長さ14cmほどの、小ぶりです。 丸い取手で持ちやすく、他の市販品に比べて、とても扱い易いです。

20180519162434dd0.jpeg
これは、パルミジャーノなどのハードタイプを、削るのに使います。 ノミみたいな形ですね。

20180519162437e07.jpeg
逆にこちらは、ねっとりして貼りつくタイプとか、ブルーチーズのようにまとまりにくいタイプに使います。

20180519162432ad5.jpeg
切り取ったピースは、こちらで刺してお皿に盛りつけます。 正直なところ、家族だけの時はナイフ使わずに、手でサクサクと盛りつけますが。。。

20180519162435cad.jpeg
最後は、スプレッド状のチーズを塗る時に使うヘラですね。 カナッペに使うので、結構出番多いです。

201805191624196f0.jpeg
そして、全部勢揃いしたところ。 なんて可愛い〜!

普通に売っているチーズナイフは、業務用サイズが多く、家庭ではそんなに大きなブロックから切り出すことはないので、この小ぶりなセットが多いに気に入っています。




05/06
キューピーさん提供、野菜の美術館
さぁて、連休も最終日です。 皆さん明日からに備えて、しっかり心身のメンテナンスをされてる頃でしょうか?

私は今日、どうしても車を使わないとならない要件があり、連休最終日は渋滞するだろうなぁと、しぶしぶ運転しました。 それでもいざ出かけると、萌える木々の緑に圧倒され、心洗われる思いに満たされた小ドライブになりました。

それで思い出したのが、今日ピックアップした西洋野菜の写真たちです。 1月2日の記事で、我が家は毎年元旦にサントリーホールでの、ウインナワルツ演奏会に出向いているとご紹介しました。 その演奏会はあのキューピーさんが共催していて、毎年野菜をアーティスティックに撮影したカレンダーを配ってくれます。

20180506153620275.jpeg
まず、赤大根。ヨーロッパのは、日本のものより短いですね。

20180506153621efc.jpeg
この元気良く空に向かっているのが、ズッキーニ。 花も食べられますよね。

201805061536257e5.jpeg
こちらは、紫のカブ。 上半分だけ色のつく、あやめ雪カブの種類のようです。

2018050615362562b.jpeg
これは最近、日本でも極一部のお店で見るようになった、コールラビ。ドイツ語でキャベツカブの意味。 緑色のカブの球根から、何本も茎が出たような見かけです。 生でサラダにして、食べられます。

20180506153624a9d.jpeg
最後のこれは、もう一般的ですよね。フリルレタスの赤と緑。 日本では、畑でなくて工場で作られることの多い野菜です。 個人的には、もしゃもしゃした口当たりに、ちょっと違和感があります。 外食で出てくれば残さず食べますけどね。

今日載せた写真は、昨年のカレンダーからの5枚です。 それまでのものは、大変気に入ってくれた知人に譲ったのですが、やっぱり全部とっておくべきだったかなぁ。




04/30
最近のクリップ使ってますか?
いやぁ、また真夏日でしたね。 でも洗濯にはベストなコンディションだったので、2回洗濯機回しましたよ。

その後、ちょこっとLOFTに行ってきましたが、最近の文房具とても便利で可愛くなってますよね。 今日はその中からクリップをお題にすることにします。

これは、もう知っている方も多いでしょうか。
2018043016474182d.jpeg
新聞を読みながらページがずれていってしまい、終わって畳むときワサワサになるのを防ぐクリップ。 とても良く留まります。が、我が家ではすでに紙の新聞は購読していません。。。 皆さんもそうかな?

20180430164738920.jpeg
会社の備品しか知らなかった時には、思いもよらなかった可愛い目玉クリップ。 写真は、ソフトクリーム柄とソーダポップ柄ですが、他にも色々集めて楽しんでますよ。

20180430164738959.jpeg
これは、ちょっと地味な、プラスチックを丸めただけ、のような小片。 私は公共料金の通知を、種類で色分けして一年分ずつ仮止めしてます。 一年分たまったらまとめてしまって、数年たったらシュレッダーして廃棄です。

201804301647426c3.jpeg
このおはじきのようなのは、従来のゼムクリップ🖇と同様に使います。 これもクローバー柄やネコ柄などがありますが、このお花柄が一番かさ張らなくて、使い易いと思います。

20180430164743085.jpeg
実は、今日買ってきたのがこれ。 ファイルの見出しラベルがクリップと兼用になっているもの。 現在の私、あちこちのワークショップやイベントに参加するので、資料がたまってきてしまいました。一件ずつの資料は数枚なので、このクリップで挟み、耳にタイトルを書くだけで、ファイリング終了です。





04/22
ランチョンマットの次は、箸置きです。
こんばんは。 今日も予報どおりに暑かったですねぇ。 ブログ遅くなってしまったので、また軽めの記事でまいります。

昨日ランチョンマットのいろいろをご披露しましたが、テーブルにランチョンマットの次に乗せるものといえば、箸置きでしょう。

20180422221231387.jpeg
まずは、野菜シリーズから枝豆。 サイズも結構リアルですよ。
20180422221233268.jpeg
トウガラシも、ほぼ実物大。 瀬戸物なので、ちょっとつやが良すぎるかな。
201804222212347ea.jpeg
ナスは、鉄製で、しっかり重量があります。
2018042222123347f.jpeg
キュウリも鉄製ですが、小型のピクルスに見えないこともないです。
201804222212328bb.jpeg
昆布巻きは瀬戸物で、大きさといい、つや良く煮上げられた本物っぽいです。

20180422221231eda.jpeg
そして、今一番のお気に入りがこれ、おてもとを乗せるおてもと!

箸置きのコレクションは、場所を取らないので、良いものを見つけた時気兼ねなく買えます。



Copyright © 2018 町田のウォンバットは今日も忙しい!.
all rights reserved.